セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

ブログの始まりのご挨拶

f:id:sekihotu:20190210131946j:plain

オッサンと古文書と神社さすらいブログ

このブログはオッサンが書いている。古文書と神社大好きなオッサンだ。

夢追いかけて人生棒に振った男の末路、気づいたら厄年のオッサンである。しぶしぶ厄払いに出かけたが、希望なんてもうないわけである。

ご祭神・瀬織津姫を前に捨て鉢な気持ちでお願いした。『日本と家族が平和ならいいです』と。いままで私的願いをことごとく却下されてきたわけだから神様なんて信じてない。ま他力本願の怠け癖を棚に上げていうセリフでもないか…というかこの瀬織津姫て誰やねん。

すると不思議なことにその頃から神社大好きオッサンに変貌してしまったのだ。もしかしてお祓いではなく魔改造を受けたのかもしれない(笑)。

そして取りつかれたように関東近県の神社めぐりへ出発。必要最低限の安物バイクを買って一年半で一万五千キロ、馬鹿みたいにボッチで東奔西走する。『何をやってるんだ俺は?』と自問自答を繰り返し導かれるままに山奥の奥宮へ向かった。二年前まで神社・歴史・バイク・ハイキングなんて全く興味がなかったのに、スゴイ変わりようだな。

秋葉山の雲の下の風景はミニチュアであった。秘境・梓水神社に感動した。あんな秘境に誰が作ったのか。雲見浅間神社では絶景を独り占め、海に囲まれた烏帽子岩で昼寝した。黒アゲハが神秘的だった。この世に天国はあったんだな。そしてオッサンでも簡単に生まれ変わることができたのである(笑)。

宗教とかスピリチュアルとかはよくわからない、本当にこれが神様の御利益なのかは誰にも証明できないだろう。しかし厄年という人生の転機、少なくとも世の中の見方が変化したことは瀬織津姫に感謝をしている。

それとともに全国神社の問題点も見えてきた。もともと神社とは謎多き存在のようだ。真相もわからず何千年も『誰か』を封じ込めたように祀っている。きっとみんな忙しさから気に留める事をしなくなったのだろう、当初の目的を失った私の人生のように…(笑)。幸い私には人生を棒に振ったからこその暇がある。帰宅後気づけば古文書を繰り返し読み、Googleマップをフル回転させ、なんとかできないかと思案している自分がいた。 

その研究記録を個人的に残し伝えたいと思うようになった。格安パソコンを購入して、職場の同僚N君にブログの作り方を教わった。そしてここまで何とか見よう見まね漕ぎ着けた。

しばらくこのブログは古史古伝の研究発表とバイクで行く神社巡りを紹介したい。

なにぶん歴史好きになってから二年目。神社好きになってから二年目。未熟者ゆえ確証もなく云ってしまう事があるかもしれない。責任は持てない(笑)。

まあ引用には極力注意するが、あくまで妄想の一つとして読んでほしい。一人でも多くのひとが古史古伝に興味を持ってくれれば幸いである。

 

※皆さんも忙しさで大切なものを見失わないように。

 

宜しくお願い致します。