セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

ホツマツタヱ・ウエツフミ・宮下文書、偽書とはなにか?

f:id:sekihotu:20190216181803j:plain

山梨県富士吉田市、富士山北東本宮小室浅間神社に伝わる宮下文書。



2019,2,16

 

偽書とは何か?

まず、宮下文書と竹内文書を混同している人がいるのでやめてください。『宮下文書』がひどい人になると『竹下文書』とか『宮内文書』とかいちゃってますので。惜しいけど…ちゃう。

まぁ私自身の話なのだが(笑)。間違えると大変です『宮下文書』です!!。竹内文書はちょっとアレなので…要注意です!!。

宮下文書は『富士古文書』とか『神皇紀』とも呼ばれてます。

 

さて、偽書とは。

大きくいえば古史古伝のこと。ホツマツタヱ、ウエツフミ、宮下文書などのことである。

日本書紀、古事記は『記・紀』と総称されている。この『記紀』の権威を守るため、これらの書物は『偽書』と呼ばれる。偉い学者曰く『漢字で書かれていないものは検証に値しない』そうだ。ひどい学者になるとオカルト扱いだ。うち『宮下文書・神皇紀』は徐福によって漢字化されたが認められていない。古墳を一般公開できない理由もこの辺にあるといわれる。高貴な古墳から漢字以外の文献が出土したらどうなることやら...。日本には古来からヲシテ文字や豊国文字などの『神代文字』があったわけで、つまり神代文字も認めない学者による調査が十分と言えるのか?疑問が残る。このような状況下で多くの古墳が史跡指定もされずにリストラされてきた。今は道路やマンションの下敷きである。

 

簡単に言うと日本はとっくの昔に渡来人に乗っ取られている。彼らは『記紀』を作成しオリジナルの日本文化を封じ込めた。今も神社や教科書が『朝鮮押し』なのを疑問に思ったことはないか?。とある観光地の有名神社資料館長さんが『アメノオシホミミは朝鮮人です』といっていた。高校時代使っていた日本史教科書を見ると見開きが渡来人文化でドン引きした。彼ら曰く『文化は渡来人が持ち込んだものであり、それまでの日本人は原始的なものであった』。

しかし宮下文書を読むとむしろ逆で、日本に憧れていたのは徐福ら外国人であった。タカミムスビもスサノオも『蓬莱の国』と呼ばれる日本を目指し、わざわざ海を渡ってきたのだ。そして『鶴亀』伝承など日本文化の数々が中国伝来とされてしまっている。これは渡来人たちが大陸の偉大さを日本人に叩き込むための情報操作だろう。

まあ役人や宮司や学者や専門家たちは組織に組み込まれ、言いたくても言えない状況なのか?。心労お察しするが…状況は深刻である。むしろ私たちのように素人オッサン趣味のほうが行動しやすいのかもしれない(笑)。

 

※誤解しないでいただきたいのは、そもそも日本人は外国から来たと思う。これだけは否定してならない。宮下文書によると日本人始祖タカミムスビもスサノオも外国人である。そして渡来してきた人々にも様々な葛藤があり、今はみんな日本人だ。

しかしその先行渡来人2000~3000年もの歴史が、後続渡来人さらに新興渡来人に消去されているのだ。勿体無いと思わないか?。

 

古史古伝の問題点。

勿論問題点もある。例えばホツマツタヱには修正痕があり江戸時代以前にあったことを証明できない。このように『偽書』と呼ばれる最大の理由は『書』としての確立らしい。

ん?なら内容は検証しないのか?。記紀なんてオカルトてんこ盛りだぞ?。目から鼻から唾から神様が生まれたとか、死体を切り刻んだら神様が生まれたとか。何故こんなもの日本の偉い学者さんたちが信じているのか?素人オッサンは不思議でしょうがない。私が知りたいのは史実だ。オカルト神話ではない。

例えば宮下文書、穴門にてアメノタマオヤ=玉祖命(タマノオヤ)が没したとあり周防一宮・玉祖神社社伝と一致する。これが宇佐神宮創建と関係していると思われる。こういった状況証拠的なものを一つ一つ集めていこうではないかと…それがこのブログの目的の一つである。

f:id:sekihotu:20190316172423p:plain

正直『書』としての確立なんて素人の私にはわからない、しかし書いてある内容のほうが重要なのは明らかだろう。偽書と偽書を読み比べて史実のみを検証してみようではないか?。嘘と嘘を重ねると思わぬ真相がみえてくるものだ。偽書には偽書の使いようがある。

 

長くなったので次回である(笑)。

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

※地図素材クラフトマップ使用

www.craftmap.box-i.net