セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

偽書のススメ6:さらば富士王朝。延暦噴火だ緊急避難せよ坂上田村麿。

f:id:sekihotu:20190216233727p:plain
富士王朝とウガヤ王朝は夏至レイラインで結ばれる。
※前記事
偽書のススメ5:応神天皇の子孫が残した宮下文書 - セキホツ熊の謎を追え!

2019,3,3

まさに天地がひっくり返った瞬間である。

前記事の続き。何度も危機を乗り越えてきた富士朝であったが、ついに火山期『延暦大噴火』を迎える。

平安時代・50代桓武天皇の御宇(800年)。富士朝の大宮司や諸神官一行・349名は伊勢神宮を参拝し、その足で新都『平安京』を見物していたという。
一方で、富士朝留守番役は応神天皇26世孫・太田真長と武内宿彌30世孫・羽田宗治。暴風が続くため、富士七廟の御神霊や御宝物を宝庫に納匿していた。その最中、いきなり富士山が大噴火したという。

宮下文書曰く『(前略)…大激震と共に福地山八方より溶岩・熱泥が押し出し、二十里四方の山間渓谷より人家初め神社仏閣に至るまで溶岩・熱泥が、或いは押し入り或いは押し破り、たちまち溶岩満流の世界になってしまった。人畜の焼死は数えきれない。諸山は赤く染まり、各湖は何れも溶岩熱泥押入り魚類は悉く死んで浮き上がった。』

まず桓武天皇は平安京にいる富士朝神宮一方300余名を保護し、征夷大将軍・坂上田村麿を現地入りさせた。
一部にはこの一行を留まらせて、その隙に富士朝を鎮圧したという陰謀説もある。…いや、そんな余裕はなかったのであろう。富士朝側も桓武天皇側も為す術もなく、右往左往していたような状態だ。大自然の脅威を前に謀略など無意味だ、それに史上これ程の大天災を利用した侵攻など聞いたことがない。何よりも歴代天皇は国祖神を蔑ろにしてきた疚しさがあり、自然災害を『祟り』の様に恐れていたわけで、現代人とは感覚がちがう。もし仮に、阿祖山太大神宮への強制介入を予定していたとしても、当面動けなかったろう。例えば雲仙普賢岳噴火の動画をYouTubeで見てほしい。一瞬にして火砕流が人里に襲いかかるのである。弱体化した富士朝とはいえ、そんな状況下で侵攻できるだろうか?。
この時、阿祖山太神宮はじめ七廟の多くが、焼失あるいは埋没したようだ。それでも噴火は断続的に続き、最終的には数百年に亘る大災害であった。
刻々と挙げられる被害報告は、まさに現代の災害速報ニュース。当時の緊迫感が感じ取れた。おそらく災害に対する脅威は今も昔も変わらないだろう、こんなliveな古文書は初めてだ…。

f:id:sekihotu:20190303131518p:plain
宮下文書によると、サルタヒコ子孫が与える影響は大きい

坂上田村麿の正体。道祖神サルタヒコ子孫。

この救助・復旧活動を指揮したのが、かの有名な征夷大将軍・坂上田村麿である。

宮下文書曰く『翌年(801年)六月一日、従四位上坂上田村麿を大使として正五位上百済俊哲と従四位下多治比浜成を副使として福地山噴火の被害を検察させた。更に天皇は最澄上人に命じて人畜を初め鳥魚草木にいたるまで、その焼死したものの供養をさせた。そして勅使等は共に輿で出発した。そして三百余人を引き連れ、十五日に阿祖谷小室に到着した。』

この年、前述した京都視察をしていた大宮司はじめ富士朝一行は、坂上田村麿により福地山行満寺の出張地、東相模国高座に移住させられた。そして七廟一社・寒川大明神からクニサツチ・オオヤマツミ・カモサワヒメ・コノハナサクヤ・応神天皇らを分離遷座させる、これが現在の相模一宮・寒川神社である。寒川比古=オオヤマツミ。寒川比女=カモサワヒメ(別雷命)。寒川夫妻の子神がコノハナサクヤとなる。寒川大明神を分離させ富士朝跡地に残されているのが、現在の福地八幡宮(山梨県富士吉田)のようだ。富士朝関係社が定住を始めた場所は、ちょうど平安後期における伊勢神宮に寄進された、相模国『大庭御厨』付近であろうか?。
諸説あるが、坂上田村麿は渡来系とも言われている。宮下文書においては、オオクニヌシ弟・サルタヒコの子孫だ。サルタヒコはニニギ外寇親征の役では先頭に立ち、高天原から四方諸州に道路を整備した『道祖神』ともいわれる。


※因みに現在の福地八幡宮にも寒川彦(オオヤマツミ)は祀られている。
※因みに寒川神社本殿裏『神嶽山神苑』に存在する謎のお社『御祖神社』が、察するにクニサツチのお社。最近まで禁足地であったが、御祈祷を受ければ入園許可されるようだ。

姿を消した富士朝。

この後864年、56代清和天皇の代にも有名な貞観大噴火を迎える。奇しくもこの後世に清和天皇の子孫・加茂二郎義綱子孫『三浦氏』が宮下家に婿入りすることになるのだが、その記事は下のリンクにて↓。
『暫』と『源義忠暗殺事件』に潜んだ真相。富士朝・加茂次郎子孫は鎌倉幕府に貢献していた。 - セキホツ熊の謎を追え!
この噴火で、富士五湖の湖形は大幅に変わる。大型湖であった『剗の湖』三湖に分断し、魚類が死滅したという。富士山周辺の村、道も次々閉鎖されていく。勅使として富士山表本宮浅間神社に下向していた藤原氏宗が次のように述べたという、『即ち今度の噴火は考えてみると、全く神官の不勤不敬が、もたらしたのであるから、宜しく陳謝、祈祷せよと。』
しかし西暦1083年まで、噴火被害は断続的に続く。次第に富士山麓北東の富士朝への参拝者の足も遠のき、西南にある『本宮浅間大社』(現静岡県・富士宮市)が盛況する。60代醍醐天皇はいよいよ富士朝鎮圧に動き出し、延喜七丁卯年(907年)富士朝の阿祖山太神宮は『先現(せんげん)明神』すなわち『浅間(せんげん)明神』と改称される。こうして現代の富士山周辺神社は『浅間神社』や『コノハナサクヤ』一色にさせられてしまったのだ。

この後富士朝は、源頼朝・南朝・甲斐・三河と関係するのだが、全国的な影響力はもはやない。清和源氏・加茂二郎義綱子孫『三浦氏』が富士朝に合流、宮下家に婿入り。北条執権の陰謀により、宝治合戦で三浦氏が衰退。富士朝三浦残党は、新田義貞と南朝に加担して鎌倉幕府討幕させるも、北朝と対立し、足利将軍家の逆鱗に触れ、富士古文書の多くが焼き捨てられたという。宮下家に残る、僅かの古文書をただひたすら隠し続けたという。延命させるためにはむしろ公に出ず、自ら存在を潜ませたのではないかと妄想する。

f:id:sekihotu:20190303142207j:plain
坂上田村麿は一部機能を相模一宮・寒川神社に移転させた。

f:id:sekihotu:20190224140003j:plain
一方、寒川神社と分離した福地八幡宮。寒川比古はこちらにも残っている。

※次記事
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com



※地図はクラフトマップ使用。
www.craftmap.box-i.net