セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

宮下文書における瀬織津姫の正体③瀬織津姫に類似する女神たち。

 

f:id:sekihotu:20190310130347j:plain

長野県松本市・岩岡神社。梓水大神=瀬織津姫とされる。安曇野周辺には興味深い神社が多い。

宮下文書における瀬織津姫の正体①瀬織津姫の意味とは? - セキホツ熊の謎を追え!

宮下文書における瀬織津姫の正体②瀬織津姫の比定候補 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割と気づき、見えてきた瀬織津姫と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!

2019,3,16


もともと瀬織津姫に比定されている神の存在。

 

●アマテラス荒魂

ホツマツタエ『日の神十二妃の文』によると。

サホコ邦マナイにてトヨケ(豊受)が神上がり、ワカヒト(アマテラス)がマナイ行幸で留守のとき。ムカツ姫が代理采配?『ことのりし』をしていた。つまりアマテラス不在の際の最高権力者となる。
大阪府・御霊神社の由緒書によるとアマテラス荒魂(瀬織津姫)である。もともとホツマツタエの瀬織津姫という存在が女神アマテラスの要素を内包していた。
ホツマツタエベースでは瀬織津姫である。記紀ベースでは分離修正されたアマテラスである。
長い歴史のなかでごちゃ混ぜにされたわけだ。人々は瀬織津姫をアマテラスとして拝み、アマテラスを瀬織津姫として拝んだ…。その痕跡を辿ったとて、すべての人が納得いく答えはない。今は定義的に『区別できない』が正解なのかもしれない。


●撞賢木厳御魂天疎向津姫命
瀬織津姫として有名な向津姫。これもアマテラス荒魂と同義ではないかと。

ホツマツタヱでの瀬織津姫の立后シーン。

『あまさがるひに  むかつひめ  ついにいれます  うちやみに』

 

天下がる日に向かう『月』になぞらえてムカツ姫と呼ばれるようになった。そして最も性格が素直で教養があり、優雅であったことから、アマテル(男神)の中宮となったという。

奈良県桜井市の横内神社神社では『撞賢木厳御魂』『天疎向津姫命』と男女二柱に分離されている。この辺は全く謎であるが…。

因みに『撞賢木厳御魂』は悪口の意味もあるという。『小賢しい天災ばかり起こしやがる御霊』くらいの意味合いの呪詛だ。『天疎』は天皇政府に逆らうこと、つまり歴代天皇が災害という『祟り』を恐れていたことがわかる。そしてこれを分断して二柱の神に仕立てた神社の思惑とはなにか。前半の悪口部分を別神にし純粋に天疎ムカツ姫を祀りたい、神社側の細やかな抵抗なのかな?と...(笑)。

ホツマツタヱによると、六甲比女神社(廣田神社奥宮)では瀬織津姫が祀られている。六甲山のことをムカツ峰と呼んでいたらしい。なのでホツマツタエ伝承では瀬織津姫=向津姫なのは、ほぼ間違いない。一説には厳(いつ)=伊豆(いず)の意味もあるという。だとすると伊豆大神イワナガヒメの可能性もある。撞(つき)=月を意味するなら月桜田毘女であろう。以上から察すると、前述のとおり広義に『富士王朝女神』を指しているのではないかと想像する。

※因みに各書の名称はちがう。
・天疎日向津比売身光天津日嗣天日天皇(竹内文書)。
・撞賢木厳之大御霊天栄日向方姫(ウエツフミ)
・撞賢木厳之大御霊天疎日御像日女(ウエツフミ)。
・天照大御神・大市毘女尊・大日留女尊=オオヒルメ(宮下文書)

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割と気づき、見えてきた瀬織津姫と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

●アメノホヒとの関係。

ホツマツタヱでアメノホヒは、アマテルと九頭竜・モチコの息子。しかし瀬織津姫がアマテルの近くで養育したようだ。養母というべきか義母というべきなのか?。前述した六甲山(ムカツ峰)近くにはアメノホヒの磐座がある。瀬織津姫とアメノホヒとの親しい関係を演出しているようだ。

アメノホヒ≒出雲渡来系?と考えると、なんとも違和感を感じてしまう。宮下文書によると、アメノホヒは登場しない。しかし神武東征の主敵は中国地方を拠点にしていた渡来系・禍津亘理命だった。ホツマツタヱでは九頭竜モチコの出身地で荒廃の国を描いている。アメノホヒ勢力も出雲勢力と関係していたのかもしれない。彼らはその後、一部武蔵国にも流れた。

もしかしたらマガツヒ=瀬織津姫というのは、日本人になりたかった渡来系の立場から生まれたのかもしれない。

 

●オオマガツヒ、ヤソマガツヒ、ニギハヤヒ関係神。

Wikipediaによると本居宣長が禍津日神=瀬織津姫とした。また伊勢神宮内宮・荒祭宮祭神別名を瀬織津姫=八十禍津日神としている。石川県金沢市『瀬織津姫神社』のご祭神が『大禍津日神』であることなどから、瀬織津姫=大禍津日神という説がある。しかし、ウエツフミにはこれは越の国でナガスネヒコ祖先のマガツヒが悪さをしていたことが記載されてある。こうなると直接的な瀬織津姫の由来ではないようにも思う。

宮下文書とウエツフミ共通なのは、禍津亘理彦命=新羅系渡来人。特にウエツフミでは禍津亘理彦命=八十禍津日の子孫とされる。

 

※因みに。山梨県甲州市・神部神社。『祓戸ノ九神』一柱として八十禍津日神が祀られている。宮下文書に記載されているので行ってみたのだが、これは正直違和感を感じた。実際のところ、富士王朝とマガツヒは無関係でもないとも思う。

※因みに、後で知ったのだが宮下文書中の神部神社は諸説あるようだ。

 

f:id:sekihotu:20190310100533p:plain

『祓戸ノ九神』を祀る山梨県甲州市・神部神社。北北西3キロには船宮神社(瀬織津姫)がある。

 

●瀬織津彦
全く謎の人物。
・ウエツフミによると31代ウガヤ王・タチバナ妃のときに瀬織津彦の子孫である雄勝彦が陸奥で反乱を起こしたとのこと…。宮下文書比定では28代と29代ウガヤ王の代、東北と東国にて盗賊あるいは大賊が蜂起したらしいが。瀬織津彦???。
実在する人物なのか?。東北の瀬織津姫伝承と関係があるのだろうか?。ネーミングだけが瀬織津姫の参考にされた可能性ある。
・島根県多古鼻『津上神社』の御祭神でもあるそうだ。瀬織津姫=月桜田比女と考えると夫・ツクヨミの可能性も出てくるが…。興味深いが、詳細不明。

 

瀬織津姫やマガツヒなどの神々は、時代とともに変えられたのであろう。結局は中央政府の都合なのだ。タブーでありグレーゾーン。目障りな敵同士も時には混同されたのかもしれない。

www.sekihotu.com

 

 

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com