セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

伊豆国三嶋大社・加茂澤毘女にトコトコついてくる瀬織津姫の不思議①。

f:id:sekihotu:20190316171949j:plain

メルヘンなクスノキ。静岡県賀茂郡南伊豆『三島神社』。三嶋溝杙姫命を祀る。

2019,3,18

加茂澤毘目とは誰か。

 

加茂澤毘女とは、もはや宮下文書オリジナルの神名になってしまったようだ。皆さんも聞きなれない名前であろう。

・コトシロヌシとタカテルヒメ(大国主妹)の娘。

・オオヤマツミの妃。

・コノハナサクヤとイワナガヒメの母。

・ニニギの義母。ヒコホホデミの母方祖母。

・諡は『別雷命』。『寒川比女』。ナキサワメと同神と思われる。f:id:sekihotu:20190318001022p:plain

 

一般的には賀茂氏族の祖先『玉櫛姫』や『三嶋溝杙姫』と思われる。しかし賀茂別雷命の母なので同神とは言えない。賀茂別雷命自体が男神イメージであり、ニニギの化身ともアジスキタカヒコネとも言われている。父神コトシロヌシ同様、天神系賀茂氏族の改造された歴史が垣間見られる。

※賀茂氏については別記事にて触れたい。

 

 

加茂澤毘女、三嶋にいられなくなる。 

宮下文書が正しいなら、三嶋大社は古来から位置は変わらない。宮下文書に記載されている富士溶岩流『神代満流尾』。コノハナサクヤがカモサワヒメを後追い自殺し、溶岩流が三島近くで止まった。三島溶岩は地質的に実に1万4千年以上前のもの。現代的なボーリング調査などで判明したという。三島の市街地に行けば溶岩がゴロゴロしている。…え?つまり宮下文書のニニギやコノハナサクヤは1万年以上前の人物なのだろうか?。

もともと伊豆浜(三島浜)とはカモサワヒメの陵墓であった。そしてニニギ『外寇親征の役』終戦後、オオヤマツミとカモサワヒメ夫妻が祀られてた。これが三嶋大社の原型である。

その後、恐らく景行天皇の時代までに強制的な御祭神変更があった模様。これは天神系賀茂氏の衰退とも関係がある。父神コトシロヌシを地祇系賀茂氏(三輪氏)に取られてしまったのだ。そして家系図自体を改竄されてしまう。加えて、夫は富士王朝の統治者オオヤマツミ。富士王朝が衰退すれば当然カモサワヒメの立場も危うくなる。

 

加茂澤毘女は伊豆をさすらい続ける。

しかし伊豆にはもう一つのパラレルワールド的な伝説がある。

三嶋大社遷座説だ。三嶋大社はもともと伊豆下田付近(賀茂郡)の火達山遺跡付近にあった。それが自称・伊豆最古神社『伊古奈比め神社』だ。Wikipediaによると三嶋神=伊古奈比めとする説がある。しかし伊古奈姫=加茂澤毘女という確証はない。伊古奈比較め神社は創建不詳。矢田部氏系図などによると729~749年天平年間に三嶋神を三嶋大社に遷座させたという。その後、治承四年(1180)年までに三嶋大社と立場が逆転した。

伊豆には伊豆限定的な神が多い。おそらく富士王朝隠蔽の後遺症であろう。伊豆以外ではみられない、それゆえ資料も少ない。伝説上は三嶋神の『子』・『妃』繋がりが頼りとなる。

伊古奈比めは三嶋神の『后』。カモサワヒメも三嶋神オオヤマツミの妃。

三嶋神をコトシロヌシとオオヤマツミの『義理親子コンビ』と定義すると。カモサワヒメの立場は『妃』にも『娘』なるわけだ。これは良い言い訳になる(笑)。あくまで祀る目的はカモサワヒメが中心。カモサワヒメを攪乱しながら祀り続ける。オオヤマツミの『娘』イワナガヒメ=伊豆大神も隠匿しつつ祀ることができる...。考えようによれば便利なシステムだ。

※因みに。その伊豆神は神津島や大島など伊豆諸島広域に広がる伝承だ。宮下文書の言う三嶋神とは別系統か?。他国から海洋民族が漂着、融合した可能性も捨てきれない。下田白浜や初島はじめ伊豆には漂流者伝説が結構ある。

その後、三嶋神は伊豆の国市田京『廣瀬神社』に遷座。現在の廣瀬神社の御神祭は三嶋溝杙である(他、不明2柱)。結果、三嶋神は伊豆半島を北上した。

伊豆国には賀茂という地名が残っている。しかし北部三島から追放されたのか?。それとも南方から海洋民族が進出し賀茂氏族と融合したのか?。謎は多い。

遷座が事実ならば、単純に伊古奈比め≒三嶋溝杙≒加茂沢毘女という変遷が浮き彫りとなる(確証はない)。

 

◇神社で言うと。伊古奈比め神社→広瀬神社→三嶋大社

 

そして面白いことに三嶋大社・伊古奈比め神社は摂社に瀬織津姫が祀られる。廣瀬神社にもかつては瀬織津姫がいたという説がある。私がカモサワヒメに瀬織津姫のシルエットを感じる理由だ。この瀬織津姫もカモサワヒメを追いかける如く、遷座先にいるわけだ。

 

◆神社で言うと。伊古奈比め神社→広瀬神社→瀧川神社。

 

f:id:sekihotu:20190321100223j:plain

 

f:id:sekihotu:20190321100209j:plain

f:id:sekihotu:20190321114303p:plain

 

※写真上から『伊古奈比め神社』『広瀬神社』『三嶋大社』

f:id:sekihotu:20190318001024p:plain

②に続く。
※因みに御祭神の紹介。富士山はコノハナサクヤ、大室山はイワナガヒメ。楊原神社はオオヤマツミ・コノハナサクヤ・イワナガヒメ。大朝神社(楊原山宮?)はオオヒルメ。瀧川神社は瀬織津姫。

 

 

 

※フリー地図素材クラフトマップ使用。 写真は著者撮影のもの。

www.craftmap.box-i.net