セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎①。

f:id:sekihotu:20190330180105p:plain

 2019,3,30

富士山高千穂峰レイラインに見え隠れする『覇者線』。

富士山と高千穂峰は夏至レイライン上で結ばれる…。これは何も私が見つけたわけではなく、二つの古文書を参考にしている。

 

宮下文書では天都と神都を繋ぐレイライン。

ホツマツタヱではニニギとコノハナサクヤが神上がるレイライン。

 

このレイラインには、歴史的に様々な武将の思惑が垣間見えるが、キーワードは『制圧』『東征』である。

あくまでも結果的に言えば…。平将門もこのレイライン上『龍ヶ崎』付近を制圧して『新皇』を称した。坂上田村麿は武蔵野八幡宮を創建し、源頼朝はレイラインを補強するかのように井草八幡宮を創建。この頼朝の命により武蔵国府・大國魂神社を修造した武蔵守・武藤資頼子孫は、少弐氏となり元寇で二度も『神風』を呼んだ。また新田義貞はレイライン上、『分倍河原の戦い』で富士朝・三浦義勝と合流し、鎌倉幕府を打ち滅ぼした(下リンク参照↓)。

そして徳川家康は武蔵国に幕府を開き、大國魂神社(後述)を直轄地に置き諸大名の誰にも渡さなかった。

<宮下文書>楠新両家が滅んだ上は足利一族を砕く大将は、我が国大日本にお前しかいない。 - セキホツ熊の謎を追え!

このように歴代東征者たちが、この夏至線上に八幡神や春日神などの軍神を祀り、『必勝祈願』や『東征鎮護』に利用していった形跡が見られるわけだ。実に、日本を陰ながら左右していた運命線とさえ思える。

 <レイラインの美学⑪>日本の東西を繋ぐ『日出日沈レイライン』。江戸幕府の理由、そもそも武蔵国は都になるための約束の地だった!?。 - セキホツ熊の謎を追え!

f:id:sekihotu:20190330175744p:plain

f:id:sekihotu:20190330175738p:plain


武蔵総社『大國魂神社』の主祭神は三種の神器?

レイライン上かなり重要なポイントと思われるのが東京都府中市『大國魂神社』だ。付近は古来から霊場であり、もとは墳墓跡という説もある。12代景行天皇の代に創建され、13代成務天皇の代に无邪志国造・兄多毛比命が関係していたと思われる。『大國魂神社』とはこの創建時からの名称であるが、江戸期には神社名を『六所宮』に改名していた。

〇大國魂神社(東京都府中市宮町)

~大國魂神社祭神・現在

<主祭神>大国魂大神・御霊大神

<武蔵国内諸神>小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神。

※大国魂大神はオオクニヌシと解釈されている。諸神名は公式には伏せているようだ。推測するとセオリツヒメ・シタハル・クニトコダチ・スサノオ・オモイカネ・アマテラス・イソタケルかあたりか?。

f:id:sekihotu:20191214165904p:plain

※以降は過去の御祭神

 

大國魂神社祭神(13代成務天皇の代)『新編武蔵国風土記稿』~

・オオナムチ(オオクニヌシ)

・スクナビコナ

・コトシロヌシ

・タケミナカタ

・タケミカヅチ

・フツヌシ

 

~大國魂神社祭神(江戸時代)『新編武蔵国風土記稿』~

〇中殿スサノオ・オオナムチ・フルノオオカミ(布留太神)

△西殿ニニギ・イザナギ・オオミヤノメ(大宮女命)

◇東殿セオリツヒメ・シタハル・ウカノミタマ 

 

『新編武蔵国風土記稿』によると、もともとは景行天皇の代に小川郷小野里にオオクニヌシが降臨した。小野郷というのは一宮・小野神社周辺の大規模遺跡、『落川・一宮遺跡』周辺と思われ、神社の原型は武蔵一宮小野神社とみる。

オオクニヌシは拠点が遠久見(遠州国)であることから、遠州由縁の徳川家康の崇敬を受けていた。徳川幕府は武蔵国多摩を直轄地『狩場』などと称して、家康の屋敷跡と東照宮を建てた。

大国魂神の秘密。スクナビコナとオオクニヌシを並祀する本当の意味/健磐龍命悲しき英雄。 - セキホツ熊の謎を追え!

御祭神は時代と共に流動的、ある意味世相を反映しているのかもしれないが、オオクニヌシを主祭神としている点は変わらない。現代の特徴としては『御霊大神』が祀られている。諸説あるが、武蔵七党にも関係する桓武系平氏・鎌倉権五郎景政を祀っているとされる。御霊大神ついては後日別記事にしたい。

ともかく江戸時代(文化文政期1890年前後?)までは春日神の『剣神』『軍神』、フルノオオカミ(布都御魂ともいう)が祀られていた。

今回は武蔵総社の御祭神変遷と、春日神が消えている点に注目して頂きたい。

この国はかつてフツヌシの国であったのだ。

次回②に続く。

 ※次記事↓。www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

 

 

※フリー地図素材クラフトマップ使用。

www.craftmap.box-i.net