セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

宮下文書によるオリジナル出雲『天獄』は何処に存在していたのだろうか?

f:id:sekihotu:20190525220709j:plain

長野県諏訪市『足長神社』。諏訪湖を一望できる絶景ポイントだ。

f:id:sekihotu:20190525220737j:plain

 2019,5,26

そもそもオリジナル出雲『天獄』とは存在したのだろうか?

 これから後記事にて中国地方『出雲国』について触れる予定なので、先に宮下文書における『出雲』考察を簡単に纏めたい。

 

天つ日嗣アマテラスの時代。はとこの『多加王』が1300余引き連れて高天原富士山に攻めてきた。宮下文書には多加王勢力の出身地についての記載はないが、彼の叔父『金劔清=金山毘古命』から察するに中国大陸や朝鮮半島の人々の可能性が高い。応戦したのがアマテラス従弟のオオクニヌシとサルタヒコ、その間アマテラスは石窟に籠ってしまった。

タヂカラオが多加王を捕らえ、オオクニヌシが改心させた。アマテラスを石窟から救出すると皆が歓びサルタヒコが鳴木を叩き、アメノウズメが踊った。

図①宮下文書による神代家系図。f:id:sekihotu:20190223145126p:plain

 

信州では結構スサノオの痕跡が残っている…。

オオクニヌシとタヂカラオは多加王を阿祖北(飛騨~信州~越前越後)の山陰に追放する。この地は不二山の悪雲が吹き出してくる方角にあたることから出雲国と名づけた(祖佐記)。
多加王は心改め金劔清とタヂカラオとともに『室雲の剣』と『宝司の玉』と『八太羽の鏡』を製作して高天原宗廟太神宮に納め、四海の荒振る悪神を平定した。タヂカラオは左大臣の家系で諱テナツチ、タヂカラオ嫁が諱アシナツチ、娘のイナダヒメ諱ヤサカヒメを多加王の嫁とした。その娘がミホツヒメとタクハタチヂヒメである。そして多加王は祖国を佐け治めたとして諱・祖佐男命(スサノオ)を賜る。

一般的に信州で語られているスサノオ伝承はタケミナカタ親族としての側面のものだが、宮下文書を読んだあと『そういわれてみれば…』と思い当たる節がボロボロ出てくる。

〇例えば諏訪大社でタケミナカタ配偶者として祀られている『ヤサカトメ』とは違うのだろうか?。いずれにせよ宮下文書によるとヤサカヒメ=イナダヒメのことらしい。

〇例えば長野県諏訪市には手長神社や足長神社がある。また市内の先宮神社御祭神、諏訪明神以前の国神が祀られている。

〇例えば長野県長野市豊野町には『伊豆毛神社』という古社がある。御祭神がスサノオとオオクニヌシ。長野市泉平『素桜神社』にはスサノオの植えた神代の桜がある。

〇明治維新の『廃仏毀釈』、真っ先に標的にされたのが当時『寺』であった長野県戸隠神社であった。現在の御祭神はタヂカラオ・タクハタチヂヒメ・九頭竜他である。徳川幕府に手厚い保護を受けてきた戸隠山顕光寺の僧侶たちは近くの善光寺などに助けを求めたという。寺であることを理由に阿祖北信州の貴重な文化遺産は壊滅させられ、戸隠されてしまった。

こうしてみると信州にもオリジナル出雲の痕跡はある、しかしもはや風前の灯火である。

※因みにタケミナカタはフトダマの曽孫(蘇我系統)でタヂカラオとは遠縁。もともと富士王朝ロイヤルガード的存在、鹿にまたがり富士王朝周辺を警護していたという。北中国守護司頭長としての経歴もあり、故に親族一部が中国地方で残っていたかもしれない。弟タケミカヅチとフツヌシは東国一帯守護司頭長となる。

図②左守と右守の家系図。f:id:sekihotu:20190414121705p:plain

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。 - セキホツ熊の謎を追え!

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった②。中臣・蘇我・大伴編 - セキホツ熊の謎を追え!

図③スサノオとミホツヒメ。厳密にいうとミホツヒメはスサノオの『女』とだけ書いてある。これが『娘』を意味するのか?稲田毘女の娘なのか?疑問が残る。

f:id:sekihotu:20190526101620p:plain

渡来系たちの汚名挽回、それが新生出雲、それが出雲神話『国譲り』。

こうして 罪人であったスサノオはオオクニヌシのお目付けにより改心し、全国で警察活動していた。オオクニヌシはスサノオのはとこで後見人のような存在だ。スサノオもオオクニヌシもコトシロヌシもタケミナカタもそれぞれ遠縁ではあるが、直系ではない。そしてスサノオやオオクニヌシは中国地方とは直接の関係はない。スサノオの拠点は阿祖北信州?、オオクニヌシの拠点は遠久見(遠州)の神であり後世に徳川家康の崇敬を受けている。

ウガヤ51代の代。中国地方は新羅(白木人)禍津亘理彦命の拠点になっていた、これが後世にいわれる出雲族の始まりとみる。禍津亘理彦命が手を組んだのが大和国に陣取るナガスネヒコである。神武東征とはナガスネヒコ勢力を鎮圧することであり、そして同時並行的にタケミカヅチとフツヌシ子孫勢力の東国軍団が中国地方にて禍津亘理彦命を撃破したのだ。

神武東征の理由、禍津亘理彦命のおかげで中国地方は犯罪者の土地扱いされていた。少なくとも『欠史八代』は保守政権が続き渡来系出雲は警戒されていたはずである。11代垂仁天皇の代に出雲国罪囚500人、徒党して諸国に乱入、三年越しで逮捕死刑に処した。

ホツマツタヱにおいてもヤマタノオロチや九頭竜など混乱の元凶として出雲は描かれている。

宮下文書の解釈でみれば、現在の出雲大社オオクニヌシは三輪氏の先祖であり神武東征の『罪人』を見張る神様である。つまりオオクニヌシ子孫の三輪氏が渡来系出雲を見張っていたが…その後乗っ取られスサノオ子孫を自称していくと見るのが自然であろう。各地の渡来系勢力は着実に成長し、中央政府に圧力をかけて『倭国大乱』『邪馬台国』の流れとなる。

個人的に渡来系出雲は、同じ渡来系勢力である邪馬台国勢力と同盟関係となるのではないかと思っている。邪馬台国有力候補地の纏向遺跡で三輪氏と繋がり、三輪氏がスサノオ親族と仮冒していく。この時代から三輪氏がおかしくなってくる。今ある出雲神話は後世に記紀や出雲国風土記やホツマツタエや三輪氏などが出鱈目に付会させたものだ。

 

そもそも新羅勢力以前の神代、中国地方はクニトコダチ勢力下であった。クニトコダチは出雲大神宮(京都府亀岡市)付近で崩御した。その後、阿祖北(信州?)から派遣されたスサノオの娘?ミホツヒメがこれを祀り祭事を行った。宮下文書によると田場(丹波)国真伊原の桑田宮豊受の宮を出雲毘女(後のミホツヒメ)に守護させた。ミホツヒメは現人神と称えられるほどの人格者であった。ミホツヒメ自身が丹波山(御影山?)にて出雲大神として祀られ、後世に中国地方に御霊分けしたものが杵築大社(島根県の出雲大社)の原形である。現在の出雲大神宮は神社庁に属さない単立神社、Wikipediaによると未だに出雲大社の『元出雲』の伝承が残る。江戸時代までは出雲と言えば出雲大神宮であり出雲看板を奪われた形だ。

宮下文書曰く。神武天皇の代に三輪、鹿島、阿蘇を三大本営大本陣とした。その下に三十六ヵ所の副本営副本陣を定めた。そのうち二つが三穂津の宮(田場田)と出雲の宮(出雲野の杵筑)であり、この頃から出雲=中国地方を指し示していると思われる。

出雲大社の古称『杵築大社』の杵築(きづき)とは当時の裁判所機関である『天獄』の意味がある。神々が罪人を決めるために全国から集い、『木』『竹』で『きちく』の大宮を築いたのがきっかけとなる。全国から神々が集う出雲国『神在月』の伝承はここからであろう。

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 見えてきた欠史八代の最大の理由③。 - セキホツ熊の謎を追え!

全国各地の出雲族の痕跡とは何なのか?

それでは同じく出雲祖神アメノホヒ勢力とは何なのか?改めて疑問が出てしまった…。

宮下文書にはアメノホヒや武蔵国造エタモヒの記載がなく正直わからない。武蔵国内アメノホヒを祀る『鷲宮神社』の御祭神をみるとこの出雲大神宮の影響下であることが判る。出雲から武蔵国内に入り込んだといわれる出雲族とはこの出雲大神宮関係勢力なのかもしれない。つまり各地で一言『出雲族』と言っても時代により出身も中身も違う可能性も出てくるわけだ。宮下文書ベースで考えれば、信州の出雲族もいるだろうし丹後の出雲族もいるわけだ。宮下文書における『出雲国』は時系列とともに曖昧化されていく。前述のように神武天皇の代には出雲国は中国地方に移っていたと思うが、渡来系出雲族の台頭により阿祖北オリジナル出雲の存在は疎まれ消されていく。渡来系権力者からすると先住民の栄光は目障りでしかないのだろう。自分たちを虐げてきた警察活動の歴史なわけだから…。

籠神社の真名井伝承もホツマツタエの時代に付会で作られたと思われる。

ホツマツタヱにおいてマナイの土地はトヨケ(豊受大神)と孫アマテルの聖地として描かれている

宮下文書においてクニトコダチとカミサカヒメ夫婦の二柱合わせて『豊受大神』といわれる。クニトコダチ勢力が海外から渡来して『分佐(ワカサ)』『稲場』『田路場(タジバ)』『針美(ハリミ)』などを経由している。最終的に阿祖北と阿祖西を統治し、丹後にも愛着があったであろう。最後は丹波山(出雲大神宮御蔭山?)真伊原にて埋葬された。そのような由縁から豊受大神由縁の『真伊原=真名井』ができたのではないか?。豊受大神信仰の拠点はあくまで出雲大神宮周辺であったと推測する。

 

…ところで御穂須須美命とは誰か?

f:id:sekihotu:20190525194956j:plain

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割、瀬織津姫死亡説と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!


富士山高千穂峰レイライン上に興味深い神社がある。ミホススミとタクハタチヂヒメとトヨウケヒメと摂社にスサノオを祀る津久井中野神社(神奈川県相模原市)。鳥居には諏訪大明神の神額があり、かつてはタケミナカタが祀られていた形跡があるという。武田勢力と北条勢力の中間点にあり、時として御祭神タケミナカタを伏せる目的としてタケミナカタ=ミホススミを偽名の御祭神としたとの説が有力である。出雲国風土記ベースではミホススミはオオクニヌシの子神なのでタケミナカタ説が自然なのだ。

しかし宮下文書ベースで考えてみると、この御祭神構成であればミホツヒメが自然ではないか?。私は何の捻りもなくミホススミ=ミホツヒメと思うのだ。スサノオの娘でありタクハタチヂヒメと姉妹となる。つまりこの神社はスサノオファミリーを祀る神社であり、むしろミホススミがスサノオの娘である宮下文書のことを隠しているのではないかと…。長野県諏訪市にある先宮神社のように諏訪大明神以前のスサノオ信仰をタケミナカタで隠された可能性もある。

 

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com