セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

出雲建国アメノホヒ勢力の正体判った。見えてきた九頭竜流離いの理由。

f:id:sekihotu:20190601115606j:plain

武蔵五宮『金鑚神社』。宮下文書論拠で考えれば、ウマシマジ子孫児玉氏がスサノオの叔父金劔清こと金山彦命を祀っていた可能性もある。

 

 2019,6,1

解明には宮下文書の知識が必要であった。

出雲建国の謎を解明。そこには九頭竜とアメノホヒとウマシマジが絡んでいた。

本記事を読む前に前記事を読んでおくことを推奨する。ある程度の宮下文書の知識がないとイミフと一蹴されるレベルの内容である(笑)。私のブログもあちこち消されているようだ、消える前に多くの人に読んで欲しい。

宮下文書によるオリジナル出雲『天獄』は何処に存在していたのだろうか? - セキホツ熊の謎を追え!

 

 

本題に入る前に、まずは予備知識を。

○九頭竜モチコ

ホツマツタヱに登場するマスヒメモチコ。男神アマテル12妃の正后候補であったが、瀬織津姫にその座を奪われ義弟スサノオと浮気をする。九頭竜はアメノホヒを出産するも、逃亡して瀬織津姫を殺すために全国流離う。ホツマツタヱにおいてはヤマタノオロチ・ハヤサスラヒメの姉である。

 

○アメノホヒ

アマテラスの子供か、スサノオの子供かわからない『誓約の子』の高天原系出雲族である。

高天原から出雲国の偵察or管理に派遣されるも、音信不通で戻らなくなる。ホツマツタヱにおいては九頭竜モチコの息子であり、スサノオとの不倫の子供である可能性も否定できない。あくまで定義は『どちらかわからない』存在である。

※因みに九頭竜とアメノホヒは宮下文書に記載されていない。

 

宮下文書の知識

○祖家とは

宮下文書に出てくる蘇我系統は一般的に知られているものとは違う。蘇我系統=『祖家(そが)』、蘇我氏と大伴氏は同祖直系で神代よりの左臣の家系。右臣の家系が後の藤原物部系統である。欠史八代中、天皇家と蘇我と藤原は三つ巴近親婚を繰り返しており遺伝子的には三家は限りなく近い存在であった。

 

○ウワハル=ウマシマジ=蘇我系統

一般的にウマシマジは物部系統といわれる、しかし宮下文書では蘇我系統で、神武東征中にナガスネヒコを欺き自決に追い込んだ神武側英雄として描かれている。石見国一宮『物部神社』社伝によると、ウマシマジ死亡地は現在の石見国付近(島根県)とされる。

 

○宮下文書では系譜がバラバラ

宮下文書において三輪氏はオオクニヌシの子孫であるが、スサノオとオオクニヌシとコトシロヌシとタケミナカタと大物主はそれぞれ別系統。

 

そして前記事にて、武蔵国は蘇我系統が異常に多いことが判明した。小野氏 児玉氏 横山氏 猪俣氏 人見氏は蘇我氏の遺伝子をもつ。 これら予備知識を踏まえた上で説明しなくてはならない。

 

 

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その①娘よ、子供は八子産みなさい。 - セキホツ熊の謎を追え!

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その② 八幡神の正体ついに判明か? - セキホツ熊の謎を追え!

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その③八幡神の比売様イトウ、熱海伊豆山にいた!? - セキホツ熊の謎を追え!

 

緊急続報!宇佐神宮の八幡神と比売大神の正体わかった。 - セキホツ熊の謎を追え!

蘇我氏系統に管理されていた流離いの国『出雲』、消えた?

 

さて本題に入る。

宮下文書によると『出雲』名称地は転々としていた。

① 阿祖北の山陰(信州?)

②田場(丹波)の国、真伊原の桑田宮(元出雲・出雲大神宮?)

 ↓

③ 現・出雲大社付近

f:id:sekihotu:20190610211835p:plain

ホツマツタヱにおいて、スサノオはヤマタノオロチハヤコと九頭竜モチコと浮気をしている。これは出雲=スサノオの拠点の変遷を暗示しているのではないか?。『出雲』はまるで浮気男のように転々としていたのだ。流離(さすら)う男=スサノオとはこの事か?。

丹波一宮社伝によると、江戸時代までは出雲と云えば元出雲『出雲大神宮』であった。宮下文書でさらに遡ると出雲はもともと阿祖北の『山陰』(信州地方?)にあった。

私はオリジナル出雲がもともと長野県戸隠山の南西にあったのではないかと睨んでる。戸隠山周辺には皆神山や飯縄山や善光寺など宗教拠点が多くある。なにより一番の根拠はアメノホヒの母・九頭竜が戸隠神社九頭竜社に祀られているということ。廃仏毀釈の名目により戸隠山顕光寺を破壊し戸隠神社とした。結果的には、明治政府や長州勢力の工作の可能性もありそうだ。

このような状況下、一言『出雲族』と言えど、時代や地域により中身が全然違う可能性があるということだ。単に出雲族=渡来系と判断するのは危険である。

そして九頭竜神と出雲祖神アメノホヒは本来の『出雲』を探す上で重要な手がかりだ。




~戸隠神社の注目すべき御祭神~

・宝光社ウワハル(=ウマシマジ蘇我系統)

・火之御子社タクハタチヂヒメ(=スサノオの娘)

・九頭竜社九頭竜(=アメノホヒの母?)

・奥社タヂカラオ(=スサノオ義父テナヅチでありビジネスパートナー)

※因みに戸隠神社Wikipediaによると神仏習合の経緯があっても御祭神は江戸時代以前と変わらないとのこと。




◆ヤマタノオロチとは何か?

ホツマツタヱによるとヤマタノオロチはイワナガヒメへと転生したと明記されている。

私の回答がヤマタノオロチ=伊豆大神イワナガヒメ=比売大神イトウ(伊東氏)だ。

ウガヤ王朝時代、おそらく西日本を平定していたのがイワナガヒメ+タマノオヤ勢力つまり八幡勢力(富士王朝伊豆勢力)であった。中国山陰地方の渡来人の騒動があるたびに宇佐八幡や山陽地方の玉祖勢力が駆けつけて鎮圧して来たのではないかと推測する。中国地方出雲からみると八幡(ヤワタ)勢力こそが宿敵であり、それを暗示しヤワタ=ヤマタの大蛇が度々中国地方を攻撃してきたのだ。出雲神話とは中国地方に住んでいるヤマタノオロチ被害者側の視点となる。



◇九頭竜の正体は何か?。

結論から言うと信州オリジナル出雲を象徴しているのではないかと。そしてその子どもアメノホヒはズバリ『ウマシマジ』勢力による大和政府の渡来系監視行動を象徴しているのではないかと。

紀元前6~7世紀。宮下文書によると『神武東征』の直接的原因となった中国地方渡来人は厳重な監視対象となった。大臣ウワハル=ウマシマジ=蘇我系統左臣の家系が自ら国造となって監視している。

 

~宮下文書における大和政府の渡来系監視行動~

『大臣・表春桟男を田地間、稲葉(因幡)の国造とした。』

『小夫・丹馬但波命を丹波の国造とした。大巳貴命五十四世の孫である。』

『中夫・出雲大神主命を出雲、尾木(隠岐)の国造とした。祖佐男命五十五世の孫である』

『小夫・針間穴栗彦命を針間、三間坂(実眞作)の国造とした。大物主命五十六世の孫である』

※厳密に言うと表春桟男命と表春桟男玉命と表春機王命は別神かもしれない。しかし『大臣』『日子火火出見尊の第三皇子子孫』と書いてあるので表春桟男命を蘇我大伴系統と判断した。宮下文書は名前が複数ある上、誤植も多そうなので注意。

※因みに播磨のオオモノヌシ子孫は後の吉備氏となるようだ。どちらも藤原物部系統である。

 ①家系図・宮下文書における蘇我氏大伴氏系図。

f:id:sekihotu:20190418205953p:plain

f:id:sekihotu:20190418205945p:plain

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。 - セキホツ熊の謎を追え!

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった②。中臣・蘇我・大伴編 - セキホツ熊の謎を追え!


そもそもウマシマジらは渡来勢力の見張り役であった。

こうしてスサノオ子孫とオオクニヌシ子孫とオオモノヌシ子孫とウマシマジによる強力監視体制がスタート。ウマシマジはそのまま中国地方にて没したが、欠史八代後半までは大和政府は保守政権であり、体制維持出来ていたと推測。

ところが10代崇神天皇の代に三輪氏オオタタネコがスサノオの子孫を名乗っている時点で奇妙なのだ。彼が10代崇神天皇~12代景行天皇にホツマツタヱ作成を指示されているのだ。宮下文書によると三輪氏はオオクニヌシの子孫ではあるが、スサノオも大物主とは別系統だ。そもそも彼らは渡来人たちを監視する立場だったはずだ。その後は自らの御先祖をスサノオや大物主直系と偽るほどおかしな集団になってしまった。考えてみれば、記紀やホツマツタヱでは『アメノホヒは出雲へ偵察に出てから戻らなかった』と表現している。これは神武天皇に派遣された監視者たちが一部乗っ取られ、あるいは懐柔されて戻れなくなったのを暗示しているのではないか?。

宮下文書によると、その後11代垂仁天皇の代に『出雲国の罪因500人、徒党して諸国に乱入した』三年越しの逮捕と処刑であった。そして10代崇神天皇の代には天災や疫病も多かった。尚且つこの頃の天皇は側室と皇子それぞれ10人以上おり、皇室内利害関係が複雑化していた。そんな混乱の最中に渡来系は着実に勢力拡大していったのだ。

このような複合要素で、大和国勢力自ら弱体化を招いたのかもしれない。つまり出雲『国譲り』とは高天原系先住民が渡来系に国の一部を譲渡せざるえない状況に追い込まれたのだ。

結果、皮肉なことに渡来系の『監視者』のスサノオ子孫とオオクニヌシ子孫とオオモノヌシ子孫とアメノホヒの勢力が渡来系祖神として祀られはじめたのだ。こうして渡来系出雲は邪馬台国勢力など渡来系諸国と同盟を組み大和へなだれ込む。その後倭国大乱へ…(推測)。

乗っ取りを回避した『出雲監視勢力』の一部は東北~信州~関東に跳ばされた?、或いは東国に逃げ込んだのではないかと…。まるで彷徨う九頭竜のように…(推測)。



ヒントは武蔵国内のアメノホヒの子孫たち。

しかしわからないのはアメノホヒの存在であった。アメノホヒは宮下文書には登場しない。

今現在、私が思うのは…アメノホヒ勢力とは田地間と稲葉の国造のウマシマジ勢力のことではないだろうかということだ…(前述のとおり)。

宮下文書ではウマシマジ=ウワハル=蘇我系統だ。出雲監視勢力が渡来系に乗っ取られた後、13代成務天皇の時代その一部が国造として武蔵国に入植してきたようだ。これがアメノホヒ八世孫のエタモヒ勢力である。

武蔵三宮『氷川神社』にスサノオが祀られた理由も出雲族の流入が原因といわれている。无邪志初代国造・兄多毛比命(エタモヒ)が武蔵国へやって来て『祖神』を祀りはじめたという。その他にも武蔵国内にはアメノホヒとエタモヒ関連社は武蔵国内多く点在する。武蔵総社・大國魂神社坪宮にも祀られている。エタモヒがアメノホヒの子孫であることから武蔵国は出雲の影響力が強いと言われているのだ。それにしても武蔵国民はなんでこんなに『初代国造エタモヒ』に拘るのか疑問であった…。

※因みに宮下文書ではエタモヒ以前の神武の代に『武佐志国造』がいた。富佐地香取命、フツヌシ五十二世孫。

f:id:sekihotu:20190601131122j:plain

武蔵府中にあるエタモヒ関係社『人見稲荷神社』の石碑には面白い記述がある。兄多毛比命が『兄武比命』と表記されているのだ。人見氏は小野氏の子孫、外祖父に蘇我の遺伝子を持つ天足彦国押人命の末裔。これはもしかして蘇我系統『武日(タケヒ)』親族のことではないか?。『武日』は蘇我系統では使いまわされた名前であり、蘇我系統には蘇我武日命と大日武日(大伴武長男命)と大伴武日命がいる。時代背景を鑑みると大伴武日の『兄弟?』が該当者かと。大伴武日はヤマトタケル東征に随伴した副将であり、東国高天原に留まった人物である。そういえばアメノホヒの息子が『タケヒラトリ』である…。

『タケヒ』

ま偶然かもしれないし別人かもしれない(笑)、兄武比命=兄多毛比の誤植であるというのが通説らしい。しかし証明されれば武蔵蘇我系統の裏付けにもなるのではないかと。

宮下文書論拠の『ウワハル=ウマシマジ=蘇我系統』が証明されれば日本史が根底からひっくり返り、繋がることになる…。そして武蔵国にはその繋がる要素が多くあるということを知っておいて欲しい。今後も注意深く調べてゆく。

春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホツ熊の謎を追え! 

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 見えてきた欠史八代の最大の理由③。 - セキホツ熊の謎を追え!

その他にも注目すべき怪しい点

例えば…。

・戸隠神社にもウワハルは祀られている。ウワハルの正体がウマシマジ。一般的にその弟神が武蔵一宮小野神社シタハルである。 残念ながらシタハルの正体は未だ見えてこないが、同じく蘇我系統と考えるのが自然か…。

・新編武蔵風土記稿によると武蔵五宮『金鑚神社』は蘇我系統ウマシマジの末裔・児玉氏の崇敬神社。

・宮下文書において上州一宮貫前神社のフツヌシは蘇我系統である。

・現在の出雲大社の本殿に祀られているという古事記由来の『宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂ)』日本書紀表記『可美葦牙彦舅尊』…宮下文書に比定されるべきは天之御中主の曽孫『宇摩志宇加弥比古』と推定。

…宇摩志阿斯訶備比古遅神も可美葦牙彦舅尊も私には『ウマシマジ』としか読めないのだが(笑)。出雲国を監視していたウマシマジ、後世に出雲物部系統の神にすり替えられた根拠はこの辺にあるのではないだろうか?

このように宮下文書ベースで考えると随所痕跡が見えてくる。もともと現・関東地区はウワハル=ウマシマジ=蘇我系統の強い土地であった。武蔵一宮の小野神社も人見稲荷神社も蘇我系統の神社であり、鎌倉武士の横山氏や児玉氏などの蘇我系統が大繁栄する下地を作っていたのではないかと。

 

そして決定的根拠?がこのスサノオレイラインである。このレイラインについては別記事にて考察していくが、もし仮に信州に出雲があったとしたら…きっとこの線上ではないかと(願望)。

f:id:sekihotu:20190601145003p:plain

本州の重心点『長野県小川村』、オリジナル出雲はこのレイライン上にあった?

悲しき九頭竜、終の棲家…。

ホツマツタヱによると九頭竜は中宮・瀬織津姫を殺すために全国を放浪してゆく。しかし数年後いつのまにか瀬織津姫は死んでいて、彼女は生きる目的を失う。最終的に戸隠山に逃げ込んだ九頭竜はタヂカラオに諭される。すると戸隠山に自ら封じ込まれ大人しくなったそうだ…それはまるでオリジナル出雲の里帰りではないか?。戸隠神社の九頭竜の正体とは…流離う出雲そのものを描いていたのではないだろうか?

 

因みに宮下文書においてタヂカラオ=テナヅチであり、ミホツヒメとタクハタチヂヒメの祖父である。タヂカラオはオリジナル出雲の立役者の一柱。

 

※続きの記事は↓をクリック。

<レイラインの美学④>スサノオ『重心点』レイライン。信州になにか巨大な拠点の痕跡。 - セキホツ熊の謎を追え!

※地図はクラフトマップ使用。

www.craftmap.box-i.net

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com



www.sekihotu.com



www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com



www.sekihotu.com