セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

出雲建国アメノホヒ勢力の正体判った。見えてきた九頭竜流離いの理由。

f:id:sekihotu:20190601115606j:plain

武蔵五宮『金鑚神社』。宮下文書論拠で考えれば、ウマシマジ子孫児玉氏がスサノオの叔父金劔清こと金山彦命を祀っていた可能性もある。

 

 2019,6,1

前記事を読んでおくことを推奨する(下リンクより↓)。記紀では語られてない記述も多く、ある程度の宮下文書版『出雲』の知識がないとイミフと一蹴されるレベルの内容である(笑)。

宮下文書によるオリジナル出雲『天獄』は何処に存在していたのだろうか? - セキホツ熊の謎を追え!

本題に入る前に、まずは予備知識を。 

〇九頭竜モチコ

ホツマツタヱに登場するマスヒメモチコ。男神アマテル12妃の一柱、アメノホヒを出産するも正后の座を瀬織津姫に奪われ、腹いせにアマテル弟スサノオと浮気する。しかしこの浮気がバレ、高天原を追放されたのち瀬織津姫を殺すために全国流離う。最終的には信濃戸隠山付近にてタジカラヲに霊断ちされ、善神として改心する。ホツマツタヱにおいてはヤマタノオロチ・ハヤサスラヒメの実姉である。

 

〇アメノホヒ

アマテラスの子供か、スサノオの子供かわからない『誓約の子』、高天原系出雲族である。

高天原から出雲国の偵察ないし管理に派遣されるも、音信不通で戻らなくなる。ホツマツタヱにおいては九頭竜モチコの息子であり、スサノオとの不倫の子供である可能性も?。また状況的に察すれば、育ての母が瀬織津姫になる可能性もある。六甲山の六甲比咩神社(御祭神・瀬織津姫)の近くにはアメノホヒの磐座があり、親密な様子も伺われる訳だ。

※因みに九頭竜とアメノホヒは宮下文書に記載されていない。

<まとめ>鎌倉権五郎景政『御霊大神』と瀬織津姫の偶然の出会いを検証。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

 

宮下文書の知識

〇出雲

宮下文書では出雲は阿祖北(越~信州~飛騨)にあったとされる。その後丹波に移動されたとみる。

 

〇中国地方

神武の時代、宮下文書における中国地方は渡来人・禍津亘理彦命の勢力拠点であった。彼らと協力関係にあったのが白木人(新羅人)の長髄彦命(ナガスネヒコ)である。神武東征の本来の目的は、彼ら渡来人勢力を排除することにあった。

 偽書のススメ2 :ニニギや神武は何と戦っていたのか? - セキホツ熊の謎を追え!

 

〇祖家とは

宮下文書に出てくる蘇我系統は、一般的に知られているものとはかなり違う。蘇我系統=『祖家(そが)』、蘇我氏と大伴氏は同祖直系で太古神代よりの左臣の家系。右臣の家系が後の藤原物部系統である。欠史八代中、天皇家と蘇我と藤原は三つ巴近親婚を繰り返しており遺伝子的には三家は限りなく近い存在であった。

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった②。中臣・蘇我・大伴編 - セキホツ熊の謎を追え!

 

〇ウワハル=ウマシマジ=蘇我系統

一般的にウマシマジは物部系統といわれるが、宮下文書では蘇我大伴系統。神武東征中に、ナガスネヒコを欺き自決に追い込んだ神武側英雄として描かれている。石見国一宮『物部神社』社伝によると、ウマシマジ死亡地は現在の石見国付近(島根県)とされる。

ウマシマジの別名は表春桟男玉命、つまりは信州の祖神ウワハル命となる。

 春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

〇宮下文書では系譜がバラバラ

宮下文書において三輪氏はオオクニヌシの子孫であるが、スサノオとオオクニヌシとコトシロヌシとタケミナカタと大物主はそれぞれ別系統、よってスサノオ地祇系は後世の付会創作になる。

全国300社以上の『賀茂神社』正体解明。富士朝ウガヤ朝・日本最大級の欠史鎮魂神社。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

そして前記事にて、武蔵国は蘇我系統が異常に多いことが判明した。小野氏 児玉氏 横山氏 猪俣氏 人見氏は蘇我大伴遺伝子をもつ。 これら予備知識を踏まえた上で説明しなくてはならない。

 春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

 そもそもオリジナル『出雲』は信州にあった?。

 さて本題に入る。

個人的にはオリジナル出雲は、長野県長野市周辺にあったのではないかと推測する。現在のこの地域には、皆神山や飯縄山や善光寺や戸隠神社など、宗教上の重要拠点が点在している。注目すべきは、戸隠神社に祀られている神々が、宮下文書版スサノオに関係している事が多い点。またアメノホヒの母・九頭竜が戸隠神社九頭竜社に祀られている点が挙がる。九頭竜神と出雲祖神アメノホヒは、本来の『出雲』を探す上で重要な手がかりになるのではないかと…。

 

〇戸隠神社(長野県長野市戸隠)

~戸隠神社の注目すべき神々~

・宝光社ウワハル(=ウマシマジ蘇我系統)

・火之御子社タクハタチヂヒメ(=スサノオの娘)

・九頭竜社九頭竜(=アメノホヒの母?)

・奥社タヂカラオ(=スサノオ義父テナヅチであり、ビジネスパートナー)

※因みに戸隠神社Wikipediaによると神仏習合の経緯があっても御祭神は江戸時代以前と変わらないとのこと。

 

 

また戸隠神社に九頭竜社がある点も重要なカギ。ホツマツタヱにおいて、スサノオはヤマタノオロチハヤコと九頭竜モチコと浮気をしている。これは出雲=スサノオの拠点の変遷を暗示しているのではないか?。『出雲』はまるで浮気男のように転々としていたのだ。流離(さすら)う男=スサノオとはこの事だろうか?。
九頭竜とは、この信州オリジナル出雲を象徴している存在なのではないかと…。

 

そしてその子どもアメノホヒは、蘇我大伴系統ウマシマジ勢力による、大和天皇勢力による渡来系監視行動の象徴とみる。紀元前6~7世紀『神武東征』の直接的原因となった中国地方渡来人には、厳重な監視体制がとられていた。戦後、大臣ウワハル=ウマシマジ=蘇我系統左臣の家系などが、中国地方に国造として派遣される。ウマシマジの活躍と忠誠心を考えれば適任であり、適材適所であろう。

 

~宮下文書における大和政府の渡来系監視行動~

『大臣・表春桟男を田地間、稲葉(因幡)の国造とした。』

『小夫・丹馬但波命を丹波の国造とした。大巳貴命五十四世の孫である。』

『中夫・出雲大神主命を出雲、尾木(隠岐)の国造とした。祖佐男命五十五世の孫である』

『小夫・針間穴栗彦命を針間、三間坂(実眞作)の国造とした。大物主命五十六世の孫である』

※厳密に言うと表春桟男命と表春桟男玉命と表春機王命は別神かもしれない。しかし『大臣』『日子火火出見尊の第三皇子子孫』と書いてあるので、表春桟男命=蘇我大伴系統と判断した。宮下文書は名前が複数ある上、誤植も多そうなので注意。

※因みに播磨のオオモノヌシ子孫は後の吉備氏となるようだ。どちらも藤原物部系統である。

 ①家系図・宮下文書における蘇我氏大伴氏系図。

蘇我大伴系統はウマシマジを祖としているのがわかる。

f:id:sekihotu:20190418205953p:plain

f:id:sekihotu:20190418205945p:plain

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。 - セキホツ熊の謎を追え!

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった②。中臣・蘇我・大伴編 - セキホツ熊の謎を追え!


ウマシマジらは渡来勢力の見張り役であった。

こうしてスサノオ子孫、オオクニヌシ子孫、オオモノヌシ子孫、ウマシマジ子孫による強力監視体制がスタート。ウマシマジはそのまま中国地方にて没したが、欠史八代後半までは大和政府は保守政権であり、その子孫らが監視体制を維持出来ていたと推測。

私が思うに…アメノホヒ勢力とは、『田地間』~『稲葉』の国造ウマシマジ勢力のことではないだろうかとみている。

ところが10代崇神天皇の代、自称三輪氏のオオタタネコが、スサノオの子孫を名乗っている時点で奇妙なのだ。そんな彼が、10代崇神天皇~12代景行天皇にホツマツタヱ編集を指示されているのだ。

宮下文書によると三輪氏はオオクニヌシの子孫ではあるが、スサノオも大物主とは別系統。そもそも彼らは、渡来人たちを監視する立場だったはずだ。その後は、自ら先祖をスサノオや大物主直系と偽るほどに、おかしな集団になってしまった。

考えてみれば、記紀やホツマツタヱでは『アメノホヒは出雲へ偵察に出てから戻らなかった』と表現されている。これは神武天皇に派遣された監視者たちが一部乗っ取られ、または懐柔されて、大和国橿原に戻れなくなったのを暗示しているのではないか?。

宮下文書によると、その後11代垂仁天皇の代に『出雲国の罪因500人、徒党して諸国に乱入した』三年越しの逮捕処刑であった。そして10代崇神天皇の代には、天災や疫病も多発した。尚且つこの頃の皇族は、側室と皇子それぞれ10人以上と膨らんでおり、皇室内利害関係が複雑化し、大和国勢力の弱体化を自ら招いたのかもしれない。

そんな大混乱の隙に、渡来系は着実に勢力を伸していった。つまり出雲『国譲り』とは高天原系先住民が、渡来系に国の一部を譲渡せざるえない状況に追い込まれたのだ。

結果、皮肉なことに本来監視者であるスサノオ子孫・オオクニヌシ子孫・オオモノヌシ子孫・アメノホヒ子孫の勢力が、そのまま渡来系祖神として利用され、祀られはじめたのだ。こうして渡来系出雲は、邪馬台国勢力など渡来系諸国と同盟を組み、関西圏へなだれ込み中央政府を圧倒。その後倭国大乱へ…(妄想)。

乗っ取りを回避した『出雲監視勢力』の一部は、東北~信州~関東に跳ばされた可能性も考えられる。或いは東国に逃げ込んだのではないかと…。まるで彷徨う九頭竜のように…(妄想)。



ヒントは武蔵国内のアメノホヒの子孫たち。

宮下文書ではウマシマジ=ウワハル=蘇我大伴系統だ。13代成務天皇の時代、出雲監視勢力が渡来系に乗っ取られた前後、その一部が国造として武蔵国に入植してきたようだ。これがアメノホヒ八世孫の兄多毛比命(エタモヒ)勢力で、无邪志国造として武蔵国へやって来て出雲祖神を祀りはじめたという。

武蔵三宮『氷川神社』にスサノオが祀られた理由も、出雲族の流入がきっかけといわれている。このほかにも武蔵国内には、アメノホヒとエタモヒ関連神社は多く存在し、出雲族の影響力が強く感じられる。

f:id:sekihotu:20190601131122j:plain

上写真は、武蔵府中にあるエタモヒ関係社、『人見稲荷神社』(東京都府中市若松)石碑、注目すべきは兄多毛比命が『兄武比命』と表記されているのだ。この『兄多毛比命』にしろ『兄武比命』にしろ、『タケヒ』と読めるのである。因みに人見氏は小野氏族横山氏の子孫、ともに外祖父に蘇我の遺伝子を持つ天足彦国押人命の末裔。

これはもしかして、蘇我大伴系統の大伴『武日(タケヒ)』のことではないか?。蘇我大伴系統には蘇我武日命と大日武日命(大伴武長男命)と大伴武日命がいる。時代背景を鑑みると、当然『大伴武日命』が該当者かと。大伴武日はヤマトタケル東征に随伴した副将であり、東国高天原に留まった人物である。

そういえばアメノホヒの息子が『タケヒラトリ』である…。

『タケヒ』

ま偶然かもしれないし、別人かもしれない(笑)、今のところ確証はない。人見稲荷神社でも、兄武比命は兄多毛比の誤植であるというのが通説らしい。しかし証明されれば武蔵蘇我系統の裏付けにもなるのではないかと。

宮下文書論拠の『ウワハル=ウマシマジ=蘇我系統=出雲族』が証明されれば、日本史が根底からひっくり返り、繋がることになる…。そして武蔵国には、その繋がる要素が多く残されているということを知っておいて欲しい。今後も注意深く調べてゆく。

春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホツ熊の謎を追え! 

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 見えてきた欠史八代の最大の理由③。 - セキホツ熊の謎を追え!

<人見稲荷神社>瀬織津姫を三陣並べて、元寇『神風』を二度も呼んでしまった少弐氏おじいちゃんのお話。 - セキホツ熊の謎を追え!

その他にも注目すべき点

例えば…。

・戸隠神社と阿智神社に祀られている信州のウワハル、その弟神が武蔵国祖シタハルである。 残念ながらシタハルの正体は未だ見えてこないが、同じく蘇我大伴系統と考えるのが自然であろう。もともと現・関東地区はウワハル=ウマシマジ=蘇我系統の強い土地であった。

・武蔵五宮『金鑚神社』は蘇我系統ウマシマジの末裔・児玉氏の崇敬神社。

・現在の出雲大社の本殿に祀られているという古事記由来の『宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂ)』、日本書紀表記『可美葦牙彦舅尊』。…宮下文書に比定されるべきは天之御中主の曽孫『宇摩志宇加弥比古』と推定。

…宇摩志阿斯訶備比古遅神も可美葦牙彦舅尊も私には『ウマシマジ』としか読めないのだが(笑)。出雲国を監視していたウマシマジ、後世に出雲物部系統の神にすり替えられた根拠はこの辺にあるのではないだろうか?

 

そして、次回紹介するのがこのスサノオレイラインである。もし仮に信州に出雲があったとしたら…きっとこの線上ではないかと(願望)。

f:id:sekihotu:20190601145003p:plain

本州の重心点『長野県小川村』、オリジナル出雲はこのレイライン上にあった?

悲しき九頭竜、終の棲家…。

ホツマツタヱによると九頭竜は中宮・瀬織津姫を殺すために全国を放浪してゆく。しかし気づけば、いつのまにか瀬織津姫はこの世を去っていて、彼女は生きる目的すら失う。最終的に戸隠山に逃げ込んだ九頭竜はタヂカラオに諭され、戸隠山に封じ込まれ大人しくなったそうだ。

戸隠神社の九頭竜の正体とは…流離う出雲そのものを描いていたのではないだろうか?。

 

※続きの記事は↓をクリック。

<レイラインの美学④>スサノオ『重心点』レイライン。信州になにか巨大な拠点の痕跡。 - セキホツ熊の謎を追え!

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

 

※地図はクラフトマップ使用。

www.craftmap.box-i.net