セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

<レイラインの美学④>スサノオ『重心点』レイライン。信州になにやら巨大拠点の痕跡。

f:id:sekihotu:20190602110857j:plain

下り宮で有名な上野国一宮『貫前神社』。物部姓磯部氏が祖神を祀ったとあるが、宮下文書によるとフツヌシは蘇我系統

2019,6,2

スサノオ重心点レイライン

前記事で述べたように信州にあったとされるオリジナル出雲。今回はレイライン上で場所を特定してみようという試みだ。前記事に登場したスサノオレイラインの解明編である。

宮下文書によるオリジナル出雲『天獄』は何処に存在していたのだろうか? - セキホツ熊の謎を追え!

出雲建国アメノホヒ勢力の正体判った。見えてきた九頭竜流離いの理由。 - セキホツ熊の謎を追え!

f:id:sekihotu:20190601145003p:plain

 

~スサノオ重心点レイライン~

氷川女體神社(イナダヒメ ミホツヒメ 見沼龍神?)

中山神社(オオクニヌシ アラハバキ)

氷川神社(スサノオ テナヅチ アシナヅチ)

日進神社(スサノオ)

鬼鎮神社

波羅伊門神社(瀬織津姫)

波羅比門神社(瀬織津姫)

稲乃比売神社(イナダヒメ)

金鑽神社(スサノオ)

住吉神社奥社(住吉三神)

二宮 金鑽神社(スサノオ アマテラス 祓戸社)

貫前神社(フツヌシ 姫大神 ツクヨミ)

妙義神社(日本武尊 豊受大神=国常立尊)

ビルゲイツ氏別荘?

白糸の滝

浅間山

皆神山

長野オリンピックスタジアム

皇足穂命神社諏訪社合殿

本州の重心(瀬戸川神社跡地)

白馬岳

 

氷川三社のさらに延長線上に何がある?

f:id:sekihotu:20190602113403j:plain

見沼周辺の氷川三社『中山神社』。摂社にアラハバキが祀られている。


図のレイライン上の神社を一つ一つ説明していくと。

〇武蔵三宮・氷川神社他(埼玉県さいたま市、実質の武蔵一宮)

埼玉県の氷川系神社が3つ並んでいるのは良く知られている。氷川女體神社と中山神社と氷川神社のことであり『スサノオ重心点レイライン』とはこの延長線のことだ。出雲族がスサノオを祀る前は地主神としてアラハバキが祀られていたという。またこの地区には見沼の龍神伝説がある。江戸時代に大規模干拓事業があり、住処をなくしかけていた龍神がいた。龍神は美女に化けて干拓者である井沢弥惣兵衛に干拓工事の中止を懇願してきたという。その龍神か定かではないが現在も氷川女體神社の龍神社に祀られている。

f:id:sekihotu:20190602120821j:plain

つまり出雲族エタモヒらがやって来るまではスサノオが祀られる直接的理由がなかった土地となる。そもそもスサノオは中国地方でもなく阿祖北(信州?)を拠点としていたのだ。そしてオオクニヌシは遠久見(遠州)を拠点としていた。

ヤマトタケル東征が終わり13代成務天皇の時代、武蔵へ流入した出雲族エタモヒ勢力が祖神としてスサノオやアメノホヒを祀り始めたという。

※因みに氷川神社境内の門客人神社アシナヅチとテナヅチはタヂカラオ夫婦のことだ。夫婦は宮下文書における蘇我左臣の家系であり娘がイナダヒメである。タヂカラオとオオクニヌシが罪人スサノオを見張りつつ、活動をサポートしていた。

※因みに、アラハバキは一説に『オオクニヌシ荒魂』とも言われているので全くの無関係ではないかもしれない。瀬織津姫同様に謎が多い神だ。

※因みに、氷川女體神社の配祀神『ミホツヒメ』と『オオナムチ』は夫婦神ではない。宮下文書によるとミホツヒメは『祖佐男命の女(娘?)、出雲毘女』であり『出雲大神』のこと。因みにアマテラスやオオクニヌシやスクナヒコナやコトシロヌシはスサノオの『はとこ』にあたる。

f:id:sekihotu:20190526101620p:plain

 

〇鬼鎮神社(埼玉県嵐山町)

鬼を祀る神社。面白いのはレイライン上の長野県長野市にも鬼を冠する『鬼無里』という地名がある。鬼とスサノオ何か関係ありそうな…。

畠山氏が関与している。畠山氏は桓武系平氏であり武蔵秩父氏や小山田氏とも血縁関係あり。 

春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホツ熊の謎を追え!

聖蹟桜ヶ丘・武蔵一宮小野神社の謎②。小野神社周辺で蘇我春日族と『武蔵七党』が守っていたもの。 - セキホツ熊の謎を追え!

〇波羅伊門神社(埼玉県大里郡寄居町保田原)・波羅比門神社(西の入)

ホツマツタヱにおいて瀬織津姫の天敵スサノオが摂社に祀られているのも面白い。これは全国的多くの瀬織津姫系神社に言えること。瀬織津姫の神社にはまるでお目付け役のようにスサノオの配殿、あるいは摂社八坂社がある。埼玉県寄居の場合はスサノオレイラインを挟み込むように二つの瀬織津姫神社が存在している。また二宮金鑽神社には祓戸社がある。

 

 f:id:sekihotu:20190602131029j:plain  f:id:sekihotu:20190602131040j:plain

 

〇金鑽神社(埼玉県児玉郡神川町)(埼玉県本庄市児玉町)

金鑽神社は最低二つ確認できる。遷座経験もあったようだ。児玉郡神川町の金鑚神社は現在アマテラスとスサノオを祀る。どちらも武蔵七党『児玉氏』の崇敬神社である。

児玉氏は前記事で述べたウマシマジ=ウワハル=蘇我系統の子孫。高貴な蘇我氏の家系だが…素性を隠すためか『藤原伊周の子孫』と仮冒をしている(?)。児玉党は小野氏系横山党に並び鎌倉幕府に尽力した、武蔵七党の中核として知られる。

『新編武蔵風土記稿』によると、もともとの御祭神は『金山彦命』であった可能性がある。宮下文書によるとスサノオの叔父『金劔清』こと諱『金山毘古命』が『手工に優れており、鍛冶をおこなった』とのこと。彼の知識で三種神器が制作された。日本では既にオモタル(面足尊)が剣や鉾を作成していが、本格的に技術をもたらしたのは大陸人であったのかもしれない。

f:id:sekihotu:20190602131627p:plain 

 

〇上野国一宮・貫前神社(群馬県富岡市)

御祭神『フツヌシ』と『姫大神』、その他にも多くの摂社持つ。この神社では『姫大神』は一体誰なのかという議論がある。伝承的では群馬県富岡は製糸で有名であるし、『織姫』の傾向がつよい女神が祀られているという。個人的にはタクハタチヂヒメかな…とも思う、彼女はスサノオの娘であることを隠蔽されているのだ。

社伝によると創建は安閑天皇元年、物部姓磯部氏が祖神を祀ったという。しかし宮下文書においてタケミカヅチとフツヌシは蘇我系統神、故に貫前神社のフツヌシも蘇我系統の影響があったのではないかと。関東の歴史はこの辺でねじ曲がっている。

もともと関東を広く治めていた東国一帯守護司頭長がタケミカヅチ子孫とフツヌシ子孫である。しかし藤原物部系統が大和国春日で『春日神』として祀るようになり、いつの間にか藤原氏物部氏の象徴となっている。鎌倉時代、藤原勢力を嫌った源頼朝は井草八幡宮などから春日神を排除していた節がある。因みに宮下文書では藤原氏と物部氏は同祖である。

f:id:sekihotu:20190602132313j:plain  f:id:sekihotu:20190602110857j:plain

 

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎①。 - セキホツ熊の謎を追え!

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎②。 - セキホツ熊の謎を追え!

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 見えてきた欠史八代の最大の理由③。 - セキホツ熊の謎を追え!


 

〇妙義神社(群馬県富岡市)

妙義山信仰の神社。赤城山と榛名山とともに北関東に結界を張っていると云われる『上毛三山』。

宮下文書によると御祭神のうち『豊受大神』とは国常立尊夫婦のこと。もともと国常立尊の拠点は丹波国周辺であり、『真井原の桑田宮』現在の丹波一宮・出雲大神宮周辺に祀られていた。この『真井原』が転じて籠神社奥宮の有名な『真名井』伝承となったようだ。

f:id:sekihotu:20190602110837j:plain  f:id:sekihotu:20190602132823j:plain

 

〇皆神山(長野県長野市松代町)

長野県内では戸隠山とともに修験道の盛んであった霊山で、天岩戸伝承がある。一説には山自体がピラミッドとか…UFOの基地だとかいう説がある…。

~大本教の出口王仁三郎の記念碑より~ 

『地質学上 世界の中心山脈の 十字形せる 珍の神山 天霊の 聖地に些しも 違はざる尊き神山 皆神の山』

さらに『川中島古戦場』の近くであり、今となってみれば武田氏と上杉氏が何故この地を取り合っていたのかも分かる気がする。スサノオレイライン上には城跡も多いのだ。

 

〇皇足穂命神社諏訪社合殿(長野県長野市中条)(長野県長野市信州新町)

皇足穂命神社も二つあり、長野県長野市信州新町には地域には珍しいニニギが祀られている。

宮下文書によるとニニギは『天資勇武で心荒く、猛々しく(疎豪)今まで一度も徳を修めたことがない』問題児であったようだ。これに手を焼いた母タクハタチヂヒメは彼女の父スサノオに教育させた。それが『牛頭天王』と『八王子権現』伝承の始まりでありではないかと。スサノオはニニギからして外祖父となる。

もしかしたら皇足穂命神社がニニギの教育の場所…だったら面白い(妄想)。

ニニギ両親であるアメノオシホミミとタクハタチヂヒメは近くの戸隠神社にて祀られている。いずれにせよこの地域、宮下文書版『出雲神話』の役者は揃っているのだ…。

 

〇本州の重心点(長野県上水内郡小川村瀬戸川法地地区)

文字通り『本州』の地質学上の重心点。わかりやすく云うと、空から本州を吊り下げた時に均衡が保てるポイント。現地では道路上に『本州のheso』という休憩スペースのみがある。

基本的にスサノオは警察活動というか…悪神の『裁き』をしていた。まさに法の天秤=ジャッジメントに相応しい土地ではないか(笑)。さらには『法地』という地名にも驚かされる。しかし本当に古代人が重心点を理解していたのだろうか?誰に教わったのか?。解明どころか謎が深まるばかりだ…。

『地質学上』で思い返すのが出口王仁三郎記念碑『地質学上 世界の中心山脈の 十字形せる 珍の神山』というくだり。地質学上何かのクロスポイントなのだろうか?。

昔は『瀬戸川神社』がこの地にあったという。近くには『瀬戸川皇神社』もあり、一部ネットでは瀬織津姫が祀られていると主張している。

 

レイラインの美学とは利害・論争を越えなくてはならないもの。

他にも、ビルゲイツ氏が巨大施設を軽井沢に建設しているという情報や、長野オリンピックスタジアムがある。これは…偶然なのだろうか?。どうも特定のあの人々がレイラインの恩恵を独占しようとしているような気がしてならない。ま陰謀論は人に任せて…このブログは神社と歴史ブログなのでこれ以上書かない。

 

~日月神示曰く222帖スサノオについて~

『この神さまには毎夜毎日お詫びせねばならんのだぞ』

『この世の罪穢れ負わされて陰から守護されている尊い御神ぞ』

つまりスサノオは表に出れない状況にあるのか?。

同365帖

『スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあろうがな

間違いの神々様、この世の罪穢れをこの神様に着せて無理やりに北に押し込めなされたのだぞ

それでこの地のうえを極悪神が我の好き候に持ち荒らしたのぞ

それで人皇の世と曇り汚して、作りかえ、仏の世となって、さらに混ぜこぜにしてしまってわからん事なって、

キリストの世に致してさらにさらに分からぬ事に致してしまって、

悪の仕組み通りに致しているのじゃぞわかったか

釈迦もキリストも立派な神でござるなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教だぞ

同じ神二つあると申してあろうがな』

 

どうやら『岩戸びらき』にはスサノオが鍵となるようだ。『北』とは古名・阿祖北の戸隠山付近にも思えるのだが…。 なぜ瀬織津姫とスサノオの敵となった九頭竜が祀られているのか考えれば…。

そういえば記紀やホツマツタヱにおいて彼は極悪人扱いされていた。現状は瀬織津姫以上に不自由な想いをしているのかもしれない。宮下文書ではスサノオが罪人扱いされていたが、改心して世直し活動をしていたのだ。彼は誰よりも正義を愛していたはずだった。

考えてみれば武蔵一宮は氷川神社と小野神社と争う形となっている…スサノオvs瀬織津姫これは罪と穢れの永遠のテーマ。しかしこうしてレイラインの繋がりとしてみると如何に小さい論争なのかがわかる。氷川神社も小野神社も武蔵国だけの存在ではない、どちらも蘇我遺伝子が守りぬいてきた日本の要と思われる。

武蔵三宮・氷川神社の場合、本来信州にあったオリジナル出雲の機能をそっくりそのまま武蔵国へ移植できないかと試行錯誤していた…とも読み取れる。関東に移住してきた出雲族エタモヒ勢力は望郷の念で信州を見ていたのかもしれない。

 

…どうも氷川神社や金鑽神社を始めとするスサノオレイラインは三種の神器『剣』の要素を感じる。フツヌシや日本武尊など軍事に関係しているからだろうか。

すると富士山高千穂峡レイラインの武蔵総社大國魂神社は『たま』なのか。謎の神『御霊大神』を祀る多摩(たま)の中心である。高千穂峰からウガヤ妃・多摩夜里毘女51柱が目指した土地?。

八方除けで有名な富士王朝拠点・相模一宮寒川神社は『八太羽鏡』つまり『鏡』の要素か…。

日月神示は三種神器についてこう記す、

222帖『剣と鏡とまつらねばならんぞ、まつらえば霊(たま)となるのだぞ、いまは霊なくしていると申して知らせてあろうがな』

この三社はとても重要な気がするのは気のせいだろうか?。

ま、結局どれも私の妄想の域は出ないけれど…(笑)。

<レイラインの美学⑤>国常立尊と事代主を辿るの関東のセンターライン『三嶋箱根筑波レイライン』。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

 

※地図はクラフトマップ使用

www.craftmap.box-i.net

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com