セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

<レイラインの美学⑤>国常立尊と事代主を辿るの関東のセンターライン『三嶋箱根筑波レイライン』。

f:id:sekihotu:20190609113621j:plain

茨城県つくば市『船宮神社』。御祭神不明。境内は整然と管理されている、地元のひとびとに大切にされているのがわかる。

f:id:sekihotu:20190609113701j:plain

船宮神社と筑波山。

2019,6,9

三嶋箱根筑波レイライン

レイラインに価値はあるのか?問うシリーズ。

<レイラインの美学①>寒川毘古命『悲劇』のレイライン。果たしてそのレイラインに価値はあるのだろうか?。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学②>変遷していた富士山高千穂峰『日の出レイライン』。ヒントはやはり小野神社ポイントにあった。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割、瀬織津姫死亡説と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学④>スサノオ『重心点』レイライン。信州になにか巨大な拠点の痕跡。 - セキホツ熊の謎を追え!

もしかしたらどこかで誰かがもう見つけているかもしれないが、関東には重要なレイラインがいくつか存在するので紹介したい。

三嶋大社と箱根元宮から筑波山まで関東を斜めに横断するレイラインだ。神社に多少のズレがあるがグーグルマップの線引き機能を参考にした。メルカトル図法だと線が変わる可能性がある。前記事で紹介した三嶋周辺からのレイラインである。

 


~三嶋箱根筑波レイライン~

楊原奥宮・大朝神社(オオヒルメ)

三嶋大社(コトシロヌシ・オオヤマツミ)

瀧神社(瀬織津姫)

箱根元宮(アメノミナカヌシ・タカミムスビ・カミムスビ)

大山阿扶利神社(オオヤマツミ)

天地宮(アメノトコタチ)

旧多摩聖蹟記念館

大國魂神社関係社・瀧神社(別雷命・玉依姫)

ic u

一言主神社(ヒトコトヌシ)

船宮神社(?)

加波山神社(クニトコタチ・イザナギ・イザナミ)

足尾神社(クニトコタチ・オモタル・カシコネ)

静神社・手接足尾神社(?)

御岩神社(クニトコタチほか)

佐波波地祇神社(天日方奇日方・コトシロヌシほか)

北茨城・足尾神社×2社(?)

f:id:sekihotu:20190609113755p:plain


~宮下文書・関東平野の歴史~

宮下文書においての関東行政区分は、高皇産霊神の代からある『津久波(つくば)』と『津久居(つくい)』と『伊須(いず)』がベースとなる。

その後クニトコダチの弟クニサツチが関東を納め、アマテラスの代に津久波(大原)から分離したのが『日下道(常陸周辺)』『武佐志(多摩と秩父)』『毛野(上毛)』『淡津佐(房総半島と氷川神社周辺)』。

ニニギの代に常陸周辺は武甕槌命と経津主命、房総半島と武蔵周辺は前玉命、北関東周辺を豊城入毘古命が管理していた。

ニニギ『外寇親征の役』後の関東は東国一帯守護司頭長として、武甕槌命子孫と経津主命子孫が神武天皇の代まで長期統治していた模様。後世に宮本武蔵が何故『武蔵』を名乗ったか諸説あるが、中世までは東国=『強者』のイメージがあったそうだ。そのイメージの中核はやはり軍神兄弟タケミカヅチとフツヌシの二柱だろう。

武蔵国にもフツヌシは祀られていたが、時代とともに藤原氏の象徴となり鎌倉幕府に疎まれてしまう。新編武蔵風土記稿によると武蔵総社の大國魂神社にも江戸時代後期まで『布留太神』として中殿に祀られていた。

 

※因みに『高天原』は現在の富士五湖周辺のことで、現在の山梨県都留地方にあった。古代の富士五湖のうち『底大湖』『高天原湖』『宇宙湖』は巨大で、『水の都』としての恩恵を受け易かった。富士五湖の大きさについては地理学的にも証明されている。



〇三嶋大社(静岡県三島市大宮)

三嶋大社はオオヤマツミとコトシロヌシを祀る。そして中核には別雷命=カモサワヒメの陵墓があるといわれている。因みに三嶋大社本殿裏の北側が禁足地の森となっているようだ…神輿倉などがあるようだが…?。宮下文書によるカモサワヒメとはオオヤマツミ妃でコトシロヌシ娘、コノハナサクヤ母である。

周辺には伊豆三宮・浅間神社がある。通称『岩留浅間』。地質学上で一万四千年前の富士山噴火の際、溶岩がこのあたりで止まったとのこと。これが宮下文書比定の『神代満流尾』かは疑問も残る。

さらに南西5キロほどにある楊原神社(写真)はオオヤマツミファミリーのコノハナサクヤとイワナガヒメを祀る。その楊原神社奥宮ともいわれるのが『大朝神社』でオオヒルメを祀る。

f:id:sekihotu:20190609113810p:plainf:id:sekihotu:20190609164109j:plain

 



 

伊豆国三嶋大社・加茂澤毘女にトコトコついてくる瀬織津姫の不思議①。 - セキホツ熊の謎を追え!

伊豆国三嶋大社・加茂澤毘女にトコトコついてくる瀬織津姫の不思議②。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

〇箱根元宮(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根)

箱根は神山を中心に古来から山岳信仰がある。宮下文書には土地としてはよく登場するが、信仰については記載がない。

現在の奥宮の『箱根元宮』の御祭神はアメノミナカヌシ・タカミムスビ・カミムスビ。

現在の里宮?『箱根神社』ではニニギ・コノハナサクヤ・ヒコホホデミが祀られている。

ホツマツタヱにおいては病弱であったアメノオシホミミが神上る土地であり、また後世に突然、九頭竜が暴れだし封印された意味深な歴史もある。赤と白の地脈龍が静岡県熱海市の伊豆山神社に繋がっているとの謎の伝承もある。

 

〇大山阿扶利神社(神奈川県伊勢原市)

大山は宮下文書において16代仁徳天皇と兄・大山守皇子の戦に登場。現在の静岡県富士川での戦いの最中に大山守皇子が隠れていた場所であり、現在ではオオヤマツミが祀られている。大山守皇子はその後の『宮下文書』伝承家の宮下氏となる重要人物となる。

 

〇天地宮(神奈川県相模原市中央区)

この地域の御鎮守だが、御祭神『天常立命』が気になって立ち寄ってみた。境内の石碑には『国常立命』の文字があり、先代旧事紀によると天常立命=天之御中主神だが国常立命という説もある。当レイラインは国常立尊神社が多いのでおかしくはない。宮下文書では豊受大神とは『国常立命』のことである。そして『天之常立比古神』は天之御中主神の玄孫、11代孫が国常立尊となる。

神社と住宅街の間が谷間になっていて湧水が小川に放流される。小川といってもレジ袋が流れている水質的にドブ川なのだが…周辺の桜と緑のコントラストが美しい。天之御中主神の神社には何ヵ所が参拝したが、やはり何かしら印象深いものがある。レイラインや高級神霊による周辺環境ってあるのかもなぁ…と思ってしまう。この数日後スマホが壊れたのでお土産の画像が全部パーになってしまった。

 

〇小山田神社(東京都町田市下小山田町)

桓武系平氏秩父氏の流れを汲む、鎌倉時代一時的に一宮連光寺を所領していた氏族の神社。『天照皇大神』を祀る。

 

聖蹟桜ヶ丘・武蔵一宮小野神社の謎②。小野神社周辺で蘇我春日族と『武蔵七党』が守っていたもの。 - セキホツ熊の謎を追え!

〇旧多摩聖蹟記念館(東京都多摩市連光寺)

前記事で触れたことがあるが、小山田氏の所領である一宮連光寺周辺となる。連光寺内には一宮の飛び地が数ヶ所ある。おそらく多摩川の氾濫で一宮・小野神社関係者が避難してきた時期もあったようだ。

元土佐藩士・田中光顕の建設させた明治天皇記念館であり、今は都立桜ヶ丘公園と明治天皇博物館があり『聖蹟桜ヶ丘』の地名由来になっている。戦前には田中光顕の銅像があったが戦時中に金属が不足し徴収された。今は台座だけが残っている。この人物は維新から戦前にかけて数々の陰謀論の『黒幕』ともいわれている。神社ブログなのでこれ以上は言わない。

春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

〇瀧神社(東京都府中市清水が丘)

東京都府中市『瀧神社』。大國魂神社の関係社の一つ。賀茂別雷命・賀茂建角身命・玉依姫命を湧水ポイントに祀る。別雷命=カモサワヒメである。大國魂神社本殿から1.5キロ程離れており、三嶋レイラインあわせて『賀茂別雷命』を祀っているのなら興味深い。

 

f:id:sekihotu:20190609163614j:plain

〇一言主神社(茨城県常総市大塚戸町)

一言主の正体は宮下文書やホツマツタヱに記載がなく不明。しかし賀茂氏が祀るのであれば一言主=コトシロヌシで間違いなさそうだ。

神社は平安時代創建で、室町時代に荒廃していたのを平将門の子孫・相馬弾正胤広が復興している。

一見すると一言主神社は当レイラインから随分外れているようにも見えるが、平将門終焉の地『国王神社』に向かって小さなレイラインがクロスする。三嶋箱根筑波レイラインを挟み込む陣形となる。

平将門は朝敵イメージもあるが、この地域では永く英雄と称えられてきた。平将門の終焉地、死亡地は諸説あり。

f:id:sekihotu:20190609113802p:plain



〇加波山神社(茨城県石岡市大塚字加波山)

『国常立尊』『伊邪那岐尊』『伊邪那美尊』

ホツマツタヱにおいてイザナギとイザナミが結婚後はじめて開拓したのが筑波である。

茨城県桜川市と茨城県石岡市とレイライン両側から筑波山を挟み込むように遥拝所(里宮)が存在している。

ここも静岡県熱海市の来宮・伊豆山神社と同じ歴史的構図がみえ、景行天皇や日本武尊や坂上田村麻呂や弘法大師が関与しているようだ。またWikipediaによると新宗教・箱根大天狗山神社と親交が深い。

 

〇足尾神社(茨城県石岡市小屋字足尾山ほか)

足尾山には『国常立尊』『面足命』『惶根命』を祀る。

レイライン上、筑波山から東北に向かって『足尾神社』が点在し、面足尊(オモタル)が共通項になっているようだ。オモタルは『第六天神社』『面足神社』などで知られるが、足尾神社には『足』絡んだご利益があると信じられている。神社拝殿に靴やサンダルを置いていく参拝者が多く、なんとも異様な光景が。おそらくはこの『足』の字に肖っているのだろう。

Wikipediaによるとオモタルとは全てが足りているという意味があり、転じて五体満足のご利益があるようだ。

宮下文書に置いては『尊は北洲?を治められた』『常に鍛練に心掛けられ、刀の製法を考案され、諸神に教えられた』という。つまり剣や鉾といった武器由来の神様ではなかろうか?。そして剣や鉾は祭祀にも利用されたであろう。

静神社(下写真)の摂社にも『手接足尾神社』がある。御祭神は不明だが、やはり健康に関係している神様のようだ。レイライン上に『足尾神社』が並んでいることに何かしら意味があるのだろうか?。

f:id:sekihotu:20190609113713j:plain



〇御岩神社(茨城県日立市入四間町)

記紀やホツマツタエ、宮下文書には記載がない。クニトコダチらを祀る。縄文時代からの霊場で神仏習合の経緯があるようだ。Wikipediaによると御岩山西側斜面全体が神域で、山全体で188柱祀られている。奥宮の『かびれ大神宮』は謎の神『立速日男命』が祀られていて水戸藩の祈願所になっていたという。

 

〇佐波波地祇神社(茨城県北茨城市大津町)

御祭神は天日方奇日方命とオオモノヌシ・コトシロヌシ・ヒメタタライスズヒメ・イスズヒメらが祀られている。北茨城市華川町にも同名の論社があり、天日方奇日方命だけが祀られている。やはりこの神社も日本武尊や坂上田村麻呂や源頼義の東征に関係している。

宮下文書では天日方奇日方命=太玉大苔命=速玉緒命の子の速玉山田。賀茂氏祖『鴨王』とも云われているが藤原物部系統である。大物主は三輪氏祖と云われるが藤原物部系統である。同時に彼らはコトシロヌシも祖先だと主張している。前述したが、賀茂氏も三輪氏も渡来系に支配された付会の氏族ではないかと思う。

ヒメタタライスズヒメとは神武天皇の后。日本書紀ではオオモノヌシかコトシロヌシの娘といわれるが、宮下文書では神武天皇の叔父・高座日多命の娘。つまり神武天皇は従姉を正后としている。

イスズヒメは天日方奇日方命の娘で2代綏靖天皇の后。一般的にヒメタタライスズヒメとイスズヒメは姉妹と混同されているが親子である。またレイラインとはズレれるが茨城県日立市の『泉神社』(下写真)に天太玉命妃『天速玉姫命』が祀られている。天日方奇日方命=速玉山田命の藤原系統『速玉』と関係がありそうだ。

f:id:sekihotu:20190609163251j:plain

また『全国神社名鑑』には『佐波波国津神神社』という名称になっているという。宮下文書において『天津神』=天皇家のことで『国津神』=は藤原物部系統と蘇我大伴系統の二系統臣家を差す言葉なのだ。

そのほか、この神社は土地柄タケミカヅチとフツヌシを藤原勢力が祀りはじめた理由を知る手がかりになるかもしれないと思う。奥州藤原とも繋がる可能性がある。 

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎①。 - セキホツ熊の謎を追え!

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎②。 - セキホツ熊の謎を追え!

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 見えてきた欠史八代の最大の理由③。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。 - セキホツ熊の謎を追え!

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった②。中臣・蘇我・大伴編 - セキホツ熊の謎を追え!

 

かつての『事代主』信仰はスゴかった。

今回のレイラインでコトシロヌシ信仰のスゴさを分かってもらえただろうか?。事代主をただの『事務系』男子と思わないで欲しい。賀茂氏も三輪氏も『俺コトシロヌシの子孫なんだぜ』と自慢して仮冒していた英雄なのだ(笑)。

宮下文書においてコトシロヌシは知略家の名将軍スクナビコナの弟でもある。彼はニニギ『外寇親征の役』では親族をほぼ壊滅状態にするほど活躍し、なんとか高天原に戻れたもののPTSDで衰退死した大将ニニギに責任を感じて自決する。夫人タカテルヒメも同時に自決し、富士山も噴火まで噴火…それほど高天原を疲弊させた戦争であったのだ。後世の元寇で鎌倉武士の一部が『三嶋神』を信仰していたのはこれが理由であろう。元寇における鎌倉武士の忠義の姿と重なっていたわけだ。

記紀ではオオクニヌシと違い、スクナビコナとコトシロヌシは過小評価されている。コトシロヌシを利用していた賀茂氏三輪氏の衰退によって共倒れ、鎌倉時代没落した藤原氏とフツヌシの全く同じ構図である。

 

今回紹介したの三嶋箱根筑波レイライン。『スサノオ重心点レイライン』のように明確なテーマは見うけられなかったが、やはり様々な勢力の利害関係がみてとれる。基本的にはクニトコダチやオモタル、コトシロヌシ、カモサワヒメを基軸にしているようだ。

 

 ※ブログの地図はクラフトマップ使用。

www.craftmap.box-i.net

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com