セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

<レイラインの美学⑥>元出雲と日本総社の真実。出雲大神宮と津島神社と富士山は繋がっていた。

 

f:id:sekihotu:20190622213233p:plain

2019,6,23

クニトコタチとクニサツチの宮下文書二大拠点を結んでみる。

 

宮下文書によるオリジナル出雲『天獄』は何処に存在していたのだろうか? - セキホツ熊の謎を追え!

 出雲建国アメノホヒ勢力の正体判った。見えてきた九頭竜流離いの理由。 - セキホツ熊の謎を追え! 

<レイラインの美学④>スサノオ『重心点』レイライン。信州になにやら巨大拠点の痕跡。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学⑦>出雲陰社と陽社と信州安曇野に牛頭天王の陰、英雄ニニギ教育の場をもとめて。 - セキホツ熊の謎を追え!

緊急続報!氷川神スサノオの転生であった『日本武尊』、目指したのはあの重心点だった!。津島越え伊勢路に死す『墓場までのレイライン』。 - セキホツ熊の謎を追え!

~宮下文書における出雲変遷図~

①阿祖北出雲

②田場山・桑田宮出雲

③現・出雲大社

f:id:sekihotu:20190610211835p:plain

 


前記事『スサノオ重心点レイライン』で出雲の変遷について推理したが、実は出雲所在地を突き止める鍵がもうひとつだけあった。それが牛頭天王信仰の尾張国『津島神社』である。そこで富士山と津島神社を結んでみると以外な結果になった。

この富士山~尾張~丹波というレイラインは一体なんなのか?今回は検証してみたい。

 

~富士山出雲大神宮レイライン~

横浜・港の見える丘公園(神奈川県横浜市)

比々多神社元宮(神奈川県伊勢原市・トヨクムヌ・タマノオヤ)

富士山(山梨県/静岡県)

伊豆神社(大きく南にズレ・長野県下伊那郡)

守山城跡(愛知県名古屋市)

名古屋城(愛知県名古屋市)

津島神社(愛知県津島市・別名『日本総社』・牛頭天王信仰)

多度大社(大きく南にズレ・三重県桑名市・アマツヒコネ)

猪毛利谷神社(三重県いなべ市・伊香色男)

大皇器地祖神社(滋賀県東近江市・惟喬親王)

惟喬親王御陵(滋賀県東近江市)

津島神社小祠(滋賀県東近江市)

太郎坊阿賀神社(滋賀県東近江市・アメノオシホミミ)

比叡山青龍寺(京都市左京区)

長谷八幡宮(京都市左京区・惟喬親王関係社・タカミムスビ)

愛宕神社(愛宕山総本社・豊受姫命)

出雲山(京都府亀岡市)

出雲大神宮(京都府亀岡市)

 

※Googleマップ線引き機能参照。メルカトル図法ではズレあり。 

そして今回、日本総社・津島神社がなぜ『尾張国』にあるのかは解明できた。

ズバリ津島は、丹波一宮の出雲大神宮と富士山の二大拠点はレイライン上にあるのだ。



丹波一宮・出雲大神宮について

京都府亀岡市

〇御祭神オオクニヌシ・ミホツヒメ・アマツヒコネ・タケヒラトリ

〇摂社にスサノオ・クシイナダヒメらを祀る。

 

まず東西二大拠点の主、クニトコタチとクニサツチを説明しなくてはなるまい。

宮下文書を要約すると。海外のどこかの国?で、クニトコタチとクニサツチという兄弟がいた。二柱の両親タカミムスビとカミムスビはまずクニトコタチを蓬莱の国(日本)に派遣させた。しかし音沙汰がないので、クニサツチを連れて自ら蓬莱の国に赴いた。タカミムスビとカミムスビは蓬莱山(富士山)にたどり着くもクニトコタチに出会う事なく崩御された。そのあと佐賀見(相模国)にてクニトコタチとクニサツチは偶然の再会を果たす。

兄弟で話し合った結果、日本列島を四州(四季島)に分割。阿祖(富士山)を中心に阿祖北と阿祖西をクニトコタチ、阿祖東と阿祖南をクニサツチが統括することにした。前述とおり、阿祖北の信州出雲はクニトコタチの領土ということになる。後々の決めごとは富士高天原に集まり決める事とした。

その後、兄クニトコタチはクニサツチに別れを告げる『伊須礼伊出佐良場(イスレイデサラバ)』、後世この地を『伊豆』と呼んだ。

クニトコタチの子供がトヨクムヌとイザナミら三柱。トヨクムヌは若くして崩御、息子の阿和武男命(眞心武命)はアメノオシホミミの実父である。アマテラスとアメノオシホミミは養子関係(従兄弟の子供)だが、両者ともにクニトコタチの遺伝子で繋がっていたことになる。



f:id:sekihotu:20190622213215p:plain



 ※上図の『阿祖』とは富士山のこと。

クニサツチと妃・白清龍毘女(ハクセイリュウヒメ?)は富士高天原に残る。関西圏に妃・神佐加毘女(カミサカヒメ?)を残していたクニトコタチは船で帰り、丹波国の出雲大神宮付近(京都府亀岡市)に拠点を置いた。クニトコタチ夫妻は丹波の桑田宮で崩御、二柱揃って『豊受大神』として祀られた。

 

~宮下文書曰く~

『(天照)大御神は勅命を以て出雲国杵筑宮より、祖佐男命の女、出雲毘女を田場(丹波)の国真伊原の桑田の宮に招いて、豊受大神の宮の守護をさせた』

桑田の宮はスサノオの娘ミホツヒメ(=出雲毘女)が巫女として管理していたが、亡くなると彼女自身が『出雲大神』として祀られた。田場山の比定地は不明であるが、出雲大神宮の境内東に『御蔭山』という禁足地があり、現在もクニトコタチの聖域とされている。

豊受大神に仕える巫女『斎王』とは、おそらくスサノオの娘ミホツヒメが元祖。さらに『真伊原』が転じて籠神社真名井伝承となったのであろう。そして伊勢外宮の豊受大神の発祥は籠神社真名井神社ではなく出雲大神宮であり、その正体はクニトコタチという解釈ができる。

疑問なのが豊受『ヒメ』の扱い、一般的には豊受といえば女神『トヨウケヒメ』なのである。これは『豊受大神』と同じくクニトコタチと妃カミサカヒメを指しているのか?。それともカミサカヒメだけの存在なのか?。はたまた豊受に仕えたミホツヒメのことなのか?…疑問は多く残る。

結論として丹波一宮・出雲大神宮は『出雲』を冠するものの、スサノオとの直接的関係はない。本尊はあくまでクニトコタチ信仰であったと見られ、この丹波出雲が『元伊勢』『伊勢神宮外宮』と『出雲大社』に分離させられたのだ。

 

丹波一宮・出雲大神宮、大国主の謎

では、もう一方の御祭神オオクニヌシの由来は?。スサノオ『世直し活動』のお目付け役であり協力者、ミホツヒメの夫ではない。

 

・宮下文書によると神武天皇の代『小夫・丹馬但波命を丹波の国造とした。大巳貴命五十四世の孫である。』

宮下文書によるとオオクニヌシは中国地方ではなく遠久見(遠州)を拠点としていた。子孫の三輪氏のルーツも同様

・Wikipedia出雲大神宮によると『丹波国風土記』逸文として「元明天皇和銅年中、大国主神御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」の記述があり。

・Wikipediaによると『江戸時代末まで出雲の神といえば出雲大神宮を指していた』

 

そもそも出雲大神宮からオオクニヌシを分霊したのが現・出雲大社。出雲大神宮が『元出雲』とよばれる由縁であろう。丹波国造として出雲大神宮にやって来たオオクニヌシ子孫が祖先を祀りはじめ、現在の『出雲大社』移されたとみるのが自然である。

但し、それ以前にもオオクニヌシは中国地方にいた形跡がある。古事記『垂仁記』には11代垂仁天皇の子・誉津別命が『しゃべれない』のは出雲のオオクニヌシの祟りで、出雲参りするとしゃべれるようになったとか。

現・出雲大社のオオクニヌシは神座が横(西)を向いており、古来から封印されている『祟り神』的存在であったとの説もある。また鎌倉時代~江戸期寛文7年まで神仏習合の影響もあり御祭神はスサノオであった。つまりオオクニヌシは土地神と言えないわけだ。

そして配祀神アマツヒコネとタケヒラトリも気になるところ。タケヒラトリはアメノホヒの息子である。13代成務天皇の代、国造として武蔵に渡り『氷川神社』『鷲宮神社』を祀った出雲臣となにか関連があるかもしれない。

アマツヒコネはレイライン近くの三重県桑名市『多度大社』の御祭神である。アメノホヒ同様に宮下文書には登場しない。

 いずれにせよ丹波一宮・出雲大神宮は地理的に関西圏と中国地方の橋渡し的な存在であったと思われる。

 

日本総社・ 津島神社について

愛知県津島市

〇御祭神スサノオ(牛頭天王総本社)

〇摂社にタヂカラオや八王子を祀る

 

宮下文書によると、出雲の司法機能?は陽大社と陰大社を分離させている。津島神社は『日本総社』とも言われており、この点は宮下文書と津島社伝が一致している。

 

~宮下文書曰く~

『即ち、法政に背く神々、又は四方諸々の州国を初め浦々島々の諸々の盗賊、その他諸々の荒振神を、皆出雲国に追放して、同国の出雲谷の里、大洞に入れることに定めた。これを天獄という』

『又、1,000日毎にその末の三十日間に四方諸々の州国より、天つ神・国つ神が出雲の国に集合して、諸の罪神々に亦説諭の上その罪を論、その処罰を証決することに定めた』

『祖佐男命三十八世孫、武長刀毘古命に命じて尾羽張の入浜の津島に日本総社を置き、東南諸国の罪悪神の事を治めさせた。これより出雲大社を陰大社と言い、津島の日本総社を陽大社と呼ぶ』

『(ウガヤ33代に)津島の宮殿に祖佐男命の御霊を祀り、津島牛頭天王神社と名付けた……出雲国の出雲谷の里にある大洞穴の天獄に四方の全ての罪悪神を集め、これを監視して説教説諭をさせた』

・神武天皇の代には天別天之火明命50世孫・尾羽張大王尾羽張明照雄命が東海惣国の元師として尾張を統治。

・現・出雲大社の伝承である『神無月に全国から神々が集結する』というのはこの辺にありそうだ。

 

…いまいち出雲の司法機能を分離させた理由が見えてこないが、クニトコタチ圏とクニサツチ圏で分担したとの見方ができる。信州は阿祖北クニトコタチの領分で、尾張は阿祖南クニサツチの領分だ。

また各州から神々が終結するにはなるべく日本列島の中心部がよかろう。もともと出雲とは罪神を監視する場所であったので僻地、不便ゆえに牢獄として扱いやすい。宮下文書ではこの辺から出雲の所在地が曖昧にされている気がするのだが…。

上記の古事記『垂仁記』によると11代垂仁天皇の時代には出雲=中国地方になっていた。更には12代景行天皇の作らせたホツマツタヱには、奇妙な出雲史が登場。スサノオもオオクニヌシもミホツヒメもオオモノヌシもコトシロヌシもタケミナカタも一色単に『三輪氏族』系統にされてしまったわけだ。

…すると出雲変遷時期はおそらく10代崇神~12代景行天皇時代とみていいだろう。  

緊急続報!氷川神スサノオの転生であった『日本武尊』、目指したのはあの重心点だった!。津島越え伊勢路に死す『墓場までのレイライン』。 - セキホツ熊の謎を追え!

 富士山出雲大神宮レイライン上、そのほか気になる点。

〇興味深いのは、平安期の55代文徳天皇の第一皇子・惟喬親王はこのレイラインの意味をわかっていたと思われる。レイライン上の 長谷八幡宮は惟喬親王の弟・惟仁親王を祀る。惟喬親王は京都から同じレイライン上の滋賀県東近江市の御陵近くに隠棲したらしい(諸説あり)。

f:id:sekihotu:20190623000631j:plain

〇神奈川県伊勢原市の比々多神社(写真)にはクニトコタチの息子『トヨクムヌ』と玄孫『タマノオヤ』が祀られている。Wikipediaによると周囲の遺跡の状況から縄文時代一万年前からの祭祀所の可能性がある。

私自身、宮下文書の『神代』は五千年~六千年ぐらい前と推定していたのだが…。しかし静岡県の伊豆三宮・岩留浅間の溶岩跡『神代満流尾』といい、富士宮市『千居遺跡』といい、一万年以上まえの出来事の可能性がかなり出てきた(笑)。ただそうすると宮下文書の記述だけでは一万年に及ばない、ある程度の欠史や付会があると思われる。

因みにタマノオヤはニニギの弟で本来の八幡神と推定できる。

緊急続報!宇佐神宮の八幡神と比売大神の正体わかった。 - セキホツ熊の謎を追え! 

 

 富士山と出雲大神宮はウガヤ王朝が出来るまでの日本二大拠点であり、その拠点を繋ぐレイライン上に津島神社『日本総社』を置いたわけだ。もしこれが後世地図上でっち上げでも、レイライン制定には国家ぐるみの観測が不可欠であろう。それに長年、国家が絡まなければ『日本総社』『元出雲』なんて伝承は残らなかったはずである。

日月神示502帖

『タンバとはタニハ、田庭とは日の本の国ぞ世界の事ぞ

タンバとはタンバイチとは世界の中心ということぞ、日の本という事ぞ』

…タンバの意味とは何か?…そしてオワリの仕組みとは?

 

私的には津島神社と出雲大神宮の重要性、そして宮下文書の信憑性までも確認できた。特に出雲大神宮社伝と宮下文書にはある程度の一致が見られる。

もはや宮下文書は単なる偽書ではない。

 

<レイラインの美学⑦>出雲改竄と信州安曇野に牛頭天王の陰、英雄ニニギ教育の場をもとめて - セキホツ熊の謎を追え!

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

※地図はクラフトマップ使用

 

www.craftmap.box-i.net