セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

緊急続報!氷川神スサノオの転生であった『日本武尊』、目指したのはあの重心点だった!。津島越え伊勢路に死す『墓場までのレイライン』。

2019,6,29

f:id:sekihotu:20190706142329p:plain

日本武尊の『墓場までのレイライン』

『レイラインの美学』 シリーズ④⑦にて『スサノオ重心点レイライン』と『陰社陽社レイライン』を紹介した。どちらもスサノオに関係しているのだが、これがなんと日本武尊東征の帰路であった!!。

f:id:sekihotu:20190601145003p:plain

『レイラインの美学』 シリーズ④スサノオ重心点レイライン
f:id:sekihotu:20190623181154p:plain

『レイラインの美学』 シリーズ⑦陰社陽社レイライン

本州重心点を出雲陰社、宮下文書に比定される津島神社を出雲陽社と設定して(仮)のレイラインを作ってみた。

 

宮下文書によるオリジナル出雲『天獄』は何処に存在していたのだろうか? - セキホツ熊の謎を追え!

出雲建国アメノホヒ勢力の正体判った。見えてきた九頭竜流離いの理由。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学④>スサノオ『重心点』レイライン。信州になにやら巨大拠点の痕跡。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学⑥>元出雲と日本総社の真実。出雲大神宮と津島神社と富士山は繋がっていた。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学⑦>出雲陰社と陽社と信州安曇野に牛頭天王の陰、英雄ニニギ教育の場をもとめて。 - セキホツ熊の謎を追え!

景行41年東征完了から景行43年死去までの経路。

 

日本武尊の東夷征討の際、吉備彦(藤原物部系統)とともに副将を勤めていたのが大伴武日(蘇我大伴系統)である。大伴武日に『富士高天原に留まり東北を監視する役割』を与え、日本武尊は帰路につくことになる。

~宮下文書曰く、日本武尊帰還~

『皇子は副将大伴武日を高天原に留め、東北の国々を治めさせ、遂に還御された』

 

宮下文書における西国帰還の経路

高天原阿田都山(小室浅間付近)→大田原→御古峠→海伊国山背国府(酒折宮付近?)→底大湖→奥仙人峠(大嶽山那賀都奥宮?)→玉沢(御嶽山奥宮?)→武佐志野(大国魂と氷川と金鑚?)→上毛原(妙義山?)→碓氷峠(碓氷峠熊野神社)→科野路(戸隠周辺?)→尾羽張(津島?)→中島の松子島の源太夫の宮(熱田神宮)→伊吹山→能煩野(死去・加佐登神社)→那豆岐田の陵(埋葬・能褒野墓)

 

・日本書紀では武蔵→上野→碓氷峠→信濃→美濃→尾張となる。

・古事記では甲斐→信濃で『坂の神』(…八坂?)を服従させたという。

・ホツマツタヱでも相模→秩父→ホツマ→信濃→木曽路→尾張と似たような帰路となる。共通点は『信濃(科野)』である。私のブログを読んでいる方にはわかると思うが、宮下文書における初代『出雲』は信州にあったのだ。実際には信濃に一体に何があったのか?ネット上の史跡情報から考察してみよう。

 

偽書のススメ4:富士王朝救世主、日本武尊 - セキホツ熊の謎を追え!

何故信濃に遠回りしたのか? 日本武尊の帰路を追う。

 〇山梨県内・高天原周辺

・日代御子大神社(山梨県富士吉田市下吉田):御祭神『日本武尊』。日代とは景行天皇の事だと考える。武蔵一宮小野神社の摂社『日代神社』にも大足彦忍代別命=景行天皇が祀られている。日代御子大神社境内には女獅子岩と子獅子岩という磐座がある。 

・酒折宮(山梨県甲府市酒折):御祭神『日本武尊』。日本武尊と美夜受媛の子『福地媛』の新宮。阿祖山太神宮・宮守司長の福地記太夫は日本武尊東征中、ここで日本武尊母子を擁護していた。『阿田都山の麓』とあり現在とは所在地が違うようで、日本武尊由来の玉緒神社も移されている。

f:id:sekihotu:20190223203320j:plain

※甲斐三宮・玉緒神社、軍刀利神社なども 日本武尊由来。

 

底大湖(甲府市・甲斐市など)

Wikipediaによると甲府盆地はかつて長野県諏訪盆地『諏訪湖』のような巨大盆地湖であったとの説がある。宮下文書によると海伊(甲斐)国造・奈良田彦は12代景行天皇に対して造反した立場であるが、底大湖を20年間掘り下げ減水させた功により免じられたとある。

 

大嶽山那賀都神社奥宮(山梨県山梨市)

社伝によると 景行天皇の代、甲武信の国境越えに際し佩剣を留め置き『三神』を祀ったとのこと。『三峯神』のことだろうか?あるいは奥多摩湖南部の『三頭山』か?。解釈によってルートが大きくズレる可能性あり。

f:id:sekihotu:20190629201004j:plain

 

御岳山(東京都青梅市御岳山)

日本武尊が山犬に導かれた伝承がある。

f:id:sekihotu:20190629200905j:plain

 

虎柏神社(東京都青梅市)

ホツマツタヱによると日本武尊はタマガワアフミという村をトラガシハに与えたという。

このほか埼玉県狭山市『広瀬神社』や毛呂山町『出雲伊波比神社』にも日本武尊の痕跡がある。

f:id:sekihotu:20190629200919j:plain

 

大國魂神社(東京都府中市)

12代景行41年創建の武蔵総社。ちょうどこのタイミングに創建されている。小野神社は3代綏靖時代に創建なので、富士山高千穂峰『夏至』レイラインを補完する意味合いもありそうだ。下図のように大國魂神社は武蔵国というよりも全国レベルで必要な神社。日本武尊の副将『大伴武日』が東国統治を任されている以上、創建に関与してないわけがない。武日(タケヒ)と大國魂神社『坪宮』に祀られている武蔵国造『兄多毛比(エタモヒ)』との関係がわかれば武蔵史はかなり解明されると思っている…。宮下文書論拠によるとどちらも蘇我大伴系統と思われる。

f:id:sekihotu:20190506192358p:plain

f:id:sekihotu:20190506174145p:plain

<レイラインの美学②>変遷していた富士山高千穂峰『日の出レイライン』。ヒントはやはり小野神社ポイントにあった。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割、瀬織津姫死亡説と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

氷川神社(埼玉県さいたま市大宮区)
~ホツマツタヱ(40文)~

キミサメイワク カミノツケ

ワレハイヤシキ ヒカワカミ

モトニカエルト メクミコル

マヨヒオサトス シメシナリ  

君 覚め曰く 神の告げ "我は賎しき ヒカワ神 元に返る" と 恵み凝る 迷いを諭す 示しなり

ヒカハ神とはスサノオのこと、日本武尊はスサノオの転生であったことを悟ったという。信州出雲を封じ込め『ホツマ(調和)の道』を進むことが『真の神であると悟る(40文)』という意味か?。何の調和だろうか?渡来人との調和のために信州出雲を閉鎖することだろうか…。

宮下文書では神武時代に武佐志野副本営『日川(ひかわ)』として登場しているが、ホツマツタヱで『スサノオ』を祀りだしたのはこの頃だ。Wikipediaには直後13代成務時代に国造エタモヒのが祖神を祀るとある。島根県の『斐伊川』が語源というのは後付け、そもそも信州出雲国『斐川(場所不明)』が語源のようだ。

氷川神社~本州重心点を結ぶ『スサノオ重心点レイライン』にはスサノオに纏わる神社がズラリ並ぶ。 

f:id:sekihotu:20190629200753j:plain

 

金鑚神社(埼玉県児玉郡神川町) 

社伝によると武蔵五宮(二宮)金鑚神社も景行年間の創建。日本武尊が『火打金』を御霊代として納め、アマテラスとスサノオを祀ったとのこと。平安時代に坂上田村麿が東征の際にも必勝祈願に来ている。

 

f:id:sekihotu:20190602111905j:plain



 

三峯神社(埼玉県秩父市三峰)

レイラインからかなりズレるが日本武尊の伝承で有名な古社。日本武尊の日程的には『大嶽山にて三神を祀る』後で前後する可能性あり。

社伝によると景行天皇の代に碓氷峠に向かう途上日本武尊が仮宮を建てイザナギとイザナミを祀るとある。後世に静岡県伊豆山神社同様、役小角や空海の介入があった模様。

 

f:id:sekihotu:20190629202429p:plain



妙義神社(群馬県富岡市)

社伝によると日本武尊東征の際に陣営を構えたとのこと。また室町時代に太田道灌も足利成氏との戦の際参拝したとのこと。この後群馬県利根郡『上州武尊山』にも日本武尊の伝承がある。

f:id:sekihotu:20190602110837j:plain


 

熊野皇大神社(群馬県長野県境・碓氷峠熊野神社)

日本武尊の別名を『小碓尊』『小碓命』という…すると碓氷峠の『氷』とは『氷川』の意味か?。社伝によると日本武尊東征の際の『帰路』でヤタガラスの導きがあり、熊野神社を勧請したという。

また亡き妻・弟橘姫を嘆いて『吾嬬者耶』『ああ愛しき我が妻よ』と嘆いたという。これが浅間山北部の嬬恋村の由来だという。

宮下文書では東征中に相模湾を渡る際『大妃橘媛命』が入水し嵐を沈めた。そして東北遠征帰還後にまた神奈川県三浦半島から相模湾を見渡し『吾嬬はや』と嘆いた。以降東方(阿津佐・阿須佐・河津佐・淡津佐)を吾嬬の国と呼んだ。つまり現在の埼玉~千葉県方面。

想像するに『吾嬬はや』は彼の口癖になっていたのかもしれない(笑)。

 

皆神山(長野県長野市松代町)

日本武尊は自らスサノオの転生とした。皆神山に石碑を残す出口王仁三郎も自らにはスサノオの霊が宿ることを明かしている。まさにこの重心点レイラインはスサノオの道である。

そして日本武尊は伊勢国『亀山城』付近で埋葬され、出口仁三郎は丹波『亀山城址』に神殿を築き拠点とした。面白い偶然である。

皆神山東の舞鶴山古墳に『白鳥神社』があり日本武尊を祀っている。これは浅間山東の長野県東御市の白鳥神社を勧請したもので直接的由来ではない。しかし東御市付近には滞在していた伝承があるという。

※因みに皆神山はオカルト界では有名であるが、戦中日本政府が本土決戦に備え皆神山に首都移転を計画していたことでも有名。皆神山『松代大本営跡』には防空壕が張り巡らされていた。

 

本州重心点、旧瀬戸川神社跡地(長野県上水内郡小川村)。

長野県神社庁ホームページによると瀬戸川神社には坂上田村麻呂が東征の必勝祈願に来たようだ。こんな山奥の小さな神社に何をしていたのか?。現在は真北500メートル移動している。しかし日本武尊が来訪した伝承は見つからない。

 

戸隠山(長野県長野市戸隠)

日本武尊と景行天皇、ホツマツタヱ編集者の関係を考えれば旅のメインはこの戸隠山であろう。

・中国地方出雲を渡来系に『譲る』代わりに信州出雲を閉鎖する。

・スサノオの神霊は武蔵国氷川神社に移動し信州出雲を閉鎖する。

・結果をホツマツタヱに記載する。

これが彼らの本当の目的かもしれない。

宮下文書によるとウマシマジ=ウワハル=蘇我大伴系統。日本武尊の副将『大伴武日』はウマシマジ=ウワハルの子孫であり、戸隠宝光社の御祭神はウワハルである。大伴武日に関係がないわけはない。

そして九頭竜社にはアメノホヒの母親九頭竜が祀られていて、武蔵国造『エタモヒ』の遠い祖先になる。宮下文書の状況的にはどちらも蘇我系統となる。もし『大伴武日』と『エタモヒ』が親族、あるいは同一人物ならば様々な面で辻褄が合ってくるのだが…。

そして日本武尊はこの後、長野県下伊那郡『阿智神社』を訪れるのだが、御祭神が戸隠神社と同じオモイカネとウワハルなのだ。いろいろと偶然とは思えないことが多い。

 

戸隠山には、九頭竜を退治したのは日本武尊だという情報もあるが、千葉県の鹿野山にある日本武尊と九頭竜伝承と混同している可能性もある…慎重に調べていきたい。ホツマツタヱではタジカラオが九頭竜を諭されおとなしくなったそうだ。

いずれにしても、一般的に『スサノオ×ヤマタノオロチ』伝承と『日本武尊×九頭竜』伝承と対峙されている感がある。

明治維新の際、戸隠神社(当時は戸隠山顕光寺)は廃仏毀釈の強力な宗教弾圧を受けたとのこと。明治政府が中国地方出雲国近くの長州藩母体だと考えれば実にわかりやすい。

 

津島神社(愛知県津島市) 

陰社陽社レイラインの要所であり日本総社。尾張国『津島神社』も廃仏毀釈の影響があり宝寿院が神社から仏教色の強い物品を買い取っていったという。摂社に『熱田社』があり日本武尊が祀られているが、日本武尊伝承はない。今後も注視していく。

 

熱田神宮(愛知県名古屋市熱田区)

古事記では東征完了後に美夜受媛との初夜を迎える(婚約だけして東征)。つまり酒折宮に残してきた福地媛の存在をなくそうとしているのだ。富士王朝に尊の配偶者が残されることが不都合なのだろう。そして尾張の直後に草薙の剣を置いて伊吹山の荒ぶる神の討伐に出る。

宮下文書で美夜受媛は尾張国太夫で天別天之火明六十世孫『尾羽張源太夫穂明男命』の娘。日本武尊との娘『福地媛』を高天原に嫁がせ尾張に帰国していた。

日本武尊がこの妻へ『これを吾と思へといって草薙剣をさずけられた』とある。どの文献でも草薙の剣は熱田神宮にあったようだ。

諸説あるが、一般的に『天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)』の別名『草薙剣(クサナギノツルギ)のことでスサノオの象徴である。ここでもスサノオと日本武尊の対比がみられる。

宮下文書では『(信州)出雲国斐川の上室(後、室改村)より出たため室雲の剣と名付け…』とある。『叢雲剣、後改草薙剣』とある。

 

伊吹山(滋賀県米原市) ~能褒野墓 (三重県亀山市)

記紀では、日本武尊は伊吹山の神の討伐に出て苦戦する。

宮下文書では、単に熱田神宮→伊吹山と琵琶湖に抜けようとしていたようだ。景行天皇は晩年景行58年に大和国纏向から近江国『志賀高穴穂宮』に宮を変えている。日本武尊も本来は大津に向かう予定だったのかもしれない。もっと言えば景行天皇の後継になれたかもしれない。彼の死後、景行46年に近江一宮・建部大社が創建され日本武尊が祀られる。

しかし天候が悪く、木の根で足を傷つけたために伊勢路に迷い込んできたとある。推測するに、負傷で伊吹山越えが困難なので南からの鈴鹿越えにシフトした可能性もある。結果、山中に杖を頼りに『見野(美濃)』から歩いて陰社陽社レイラインに吸い寄せられてきたというのだ(怖)。もともとオカルト少なめの宮下文書であるが、この辺はなにか運命を感じてしまう…。

景行43年(建部大社社伝・日本武尊32歳)。足の傷が悪化したのか?『陰社陽社レイライン』近くの能煩野で死去、那豆岐田の陵にて埋葬された(能褒野墓)。陵墓については諸説あるが宮下文書と建部大社伝と一致する。現在は宮内庁によって三か所に治定されている。

能褒野墓(三重県亀山市)・白鳥陵(奈良県御所市)・白鳥陵(大阪府羽曳野市)

 

 なぜ日本武尊は信州出雲を閉鎖する必要があったのか?。

前記事の重複となるが。10代崇神~12代景行のホツマツタヱ制作中、中国地方を渡来人たちに『国譲り』する必要が出てきた。本来、渡来人監視をしていた大国主・スサノオ・大物主・ウマシマジ子孫勢力に変化が起こった、それが渡来系勢力による懐柔或いは乗っ取りであった。

そのウマシマジの子孫が日本武尊の副将『大伴武日』であり、おそらく記紀で『アメノホヒ』子孫に比定される。彼が率先して出雲国譲りの為の工作を東西でしたとみる(妄想)。13代成務時代のアメノホヒ子孫の出雲臣武蔵国造エタモヒはこの大伴武日をなぞる様な行動をしており、親族或いは同一人物の可能性が高い。少なくとも両人は蘇我大伴系統である。

信州出雲の場所は特定できないが、本州重心点や戸隠神社周辺だと思われる。戸隠神社にはアメノホヒの母といわれる九頭竜がおり、そのほかタジカラオやタクハタチヂヒメら宮下文書版出雲神話の役者たちも揃っているのだ。f:id:sekihotu:20190418205953p:plain

f:id:sekihotu:20190418205945p:plain

以前、エタモヒ勢力は中国地方出雲を追放されたようなことを書いたが、そこは修正したい。実際は東国と西国同時期に歴史修正したかったのかもしれない。渡来系に侵食されたとはいえ蘇我大伴系統は東国でも西国でも権力者、それゆえの『出雲臣』なのだろう。

 

御断りしておくと…。日本武尊の伝承は各地にあり、レイラインの上を歩いたわけではない。現に日本武尊伝承は驚くほどあるし、重心点以降は木曽路の『阿智神社』→尾張に抜けたようでルートとは大きくズレる。

また宮下文書によると日本武尊は死に場所を探していたわけではなく、あくまで結果として『陰社陽社レイライン』上にある能褒野墓で死んだ…本当に偶然なのか?。前述どおり宮下文書はオカルト要素控え目である、だからこその不可知論を感じてしまう。

東征完了から二年、墓場までのレイライン…これが信州で封じた呪いなのか?。それともスサノオが看取ってくれたのか?。自らスサノオの転生を悟った神がかりな人生であった。

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

※地図はクラフトマップ使用。 

www.craftmap.box-i.net