セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

景行天皇と日本武尊の東征戦後処理、出雲族大伴武日と兄多毛比がガチで大伴氏族だった件。

f:id:sekihotu:20190707203052j:plain

兄多毛比命の祀る大國魂神社付近『坪宮』。大國魂神社参拝前に行くのがいいらしい。

緊急続報!氷川神スサノオの転生であった『日本武尊』、目指したのはあの重心点だった!。津島越え伊勢路に死す『墓場までのレイライン』。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学⑥>元出雲と日本総社の真実。出雲大神宮と津島神社と富士山は繋がっていた。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学④>スサノオ『重心点』レイライン。信州になにやら巨大拠点の痕跡。 - セキホツ熊の謎を追え!

出雲建国アメノホヒ勢力の正体判った。見えてきた九頭竜流離いの理由。 - セキホツ熊の謎を追え!

宮下文書によるオリジナル出雲『天獄』は何処に存在していたのだろうか? - セキホツ熊の謎を追え!


2019,7,7 

まずは景行天皇と成務天皇の実在性を検証。

一般的にも12代景行天皇と13代成務天皇の実在性が疑われている。それは12代景行~15代応神天皇までの側近、武内宿彌の年齢360歳にも表れる。

・12代景行天皇106歳147歳?(日本書紀)、136歳(古事記)

・13代成務天皇107歳(日本書紀)、95歳(古事記)

・14代仲哀天皇52歳(日本書紀・古事記)

・武内宿彌283歳以上?諸説あり。

この辺りの年齢感覚は明らかにおかしい(笑)。

12代景行天皇は歴代天皇最高齢、武内宿禰は12代景行天皇から16仁徳代天皇に仕えた忠臣。14代仲哀天皇は暗殺説がある。そして気になるのは14代仲哀天皇が日本武尊の子供である点。何故、13代成務天皇の子供ではないのだろうか?。

『成務紀』には成務天皇と武内宿彌が誕生日が同じ…、また景行天皇のパーティー会場に稚足彦尊(成務天皇)と武内宿禰が二人とも不在であった…などと三文推理小説並みの記述あり。故にネットでは武内宿彌=成務天皇やんけ(笑)とか、皇家がこの時点で途絶えてしまっているやんけ?との憶測も飛び交う。

景行『成ちゃん武ちゃん、なんでパーティーこんかったの?』

成務・武内『警備が手薄であったので、私がしておりました』

景行『えらい!』

周囲『ヒソヒソ』

…個人的にもこの二人どうみても怪しい、12代から14代天皇の御世は何処か重複?並行?していたのではないかと思ってしまう。

12代景行天皇が西暦71~130在位。倭国大乱が西暦約100~180年?、邪馬台国西暦100~150年頃成立?。皇家にとってかなり過酷な状況であったであろう。長寿となった景行天皇は大和纏向から追い出されるように晩年を近江国大津『高穴穂宮』に移動し2年後崩御している。この近江国大津は日本武尊が東征帰路に目指していた土地であり、景行46年には建部大社(御祭神・日本武尊)が創建している。

そして武内宿禰。記紀では武内宿彌=蘇我氏祖ともいわれているが、宮下文書では名前ばかりで出自がないのである。宮下文書における蘇我大伴系統と考えてもよいのだろうか…重要人物ゆえ迷うところである。『祖家(そが)』の概念は記紀とは全く異なるものだ。

邪馬台国や卑弥呼については記紀にも宮下文書にも記載がなく、宮下文書においては12代景行天皇以降突然、神巧皇后摂政を経て15代応神天皇へと移行していく。以降の天皇は飛び飛びに名前ぐらいしかでてこない。16代仁徳天皇と大山守皇子の富士川の戦いを経て日本史『空白の4世紀』に突入する。

なるほど、どうやら富士王朝的には成務天皇と仲哀天皇を認めてたくないようだ。それとも後世15代応神天皇の代になって不都合となり削除されたのか?。

後述するが、大国魂神社にも氷川神社にも創建の伝承が『景行』と『成務』二通りある。

不確定故に景行天皇世代の『大伴武日』と成務天皇世代の『エタモヒ』が重複された時代に生きていた可能性は十分あると思っている。

 

蘇我大伴系統、 大伴武日命と兄多毛比命の祖先の共通点を探る。

前記事にて大伴武日とエタモヒが蘇我大伴系統親族…あるいは同一人物である可能性もあると述べた。蘇我大伴系統には『武日』を称している人物が最低3命(蘇我武日・大日武日・大伴武日)いる。そしてウマシマジ系統である蘇我遺伝子が武蔵国の要である小野神社や氷川神社を守ってきたのだ。

 

f:id:sekihotu:20190601145003p:plain

数少ない出雲変遷の手がかり。兄多毛比と大伴武日の接点を調べてみよう。

 

◇大伴武日命とは…12代景行天皇時代の富士山周辺監視者。

日本書紀では『靫部(ゆぎへ)を以って大伴の連の遠祖武日に賜ふ』とある。

宮下文書ではウマシマジ=ウワハル=蘇我大伴系統、つまり因幡国造ウマシマジ子孫だ。スサノオ子孫や三輪氏オオクニヌシ子孫らと中国地方の渡来系を見張っていたが…懐柔あるいは乗っ取られた可能性もあり。

征夷大将軍日本武尊の副将。東夷征討の活躍が評価され富士高天原に留まり、東国監視を任された。

それとは別に讃岐国(阿波国の北)の管理も任されている。国造本紀では子孫?と思われる『大伴直大瀧』が阿波国造。

 

◆兄多毛比命(エタモヒ)とは…13代成務天皇時代の出雲臣武蔵国造。アメノホヒやタケヒラトリやアメノオシヒの子孫。

国造本紀によると親族が関東『无邪志(むさし)』『胸刺(むさし)』『上総・菊麻』『鳥取・波伯』『周防・大嶋』などの国造に任命されており、13代成務天皇から信頼が厚い。彼の拠点は多摩~淡津佐にかけて広範囲。陵墓は埼玉県熊谷市『胄山古墳』で『胄山神社の下』(下写真)と云われている(諸説あり)。

またエタモヒは大伴系統で出雲臣祖二井之宇迦諸忍之神狭10世孫。タカミムスビの子アメノオシヒ子孫。

アメノオシヒ子孫には野見宿彌や土師連らがいる。宮下文書において野見宿彌は単に『出雲国の人』と書かれており出自を明らかにしていない。

神狭日命=天忍日命=大伴連祖(先代旧事紀)。

天忍日命=大伴連祖(記紀)。

f:id:sekihotu:20190707202637j:plain


△アメノオシヒとは

ホツマツタヱによるとアメノオシヒはカンサヒ(神狭日の子)。トヨケ死後。神狭日が根の国のマスヒトに就任。シラウドとコクミの非道を知りながら放置していると高天原に告発される。

そのあと子・アメノオシヒがサチコチタル国マスヒトに就任、九頭竜モチコの義姉妹クラコを娶る。その後は大蛇と化した九頭竜モチコと八岐大蛇ハヤコに取り込まれ反乱を起こす。この反乱『ムハタレ』がのちのち全国的に波及していく(倭国大乱か?)。

 ※個人的には孝安天皇の皇后となった押日媛命(記紀では押媛)周辺が気になっている。宮下文書では押日媛命は蘇日政我の娘、蘇我大伴系統である。

f:id:sekihotu:20190707212028p:plain

・ホツマツタヱによるとトヨケとは豊受大神、丹後(籠神社)周辺『真名井(原)』が拠点。

・宮下文書では豊受大神=クニトコタチ、丹波(出雲大神宮)周辺『真伊原の桑田』が拠点。

 

地図②丹波~丹後国造蘇我大伴系統がアメノオシヒなのか…。子孫がエタモヒなのか ? 

地図③因幡国造蘇我大伴系統ウマシマジ勢力がアメノホヒに比定される?

f:id:sekihotu:20190610211835p:plain※図・宮下文書における出雲変遷。

ここで宮下文書とホツマツタエを掛け合わせて説明すると、『中国地方のごたごたで信州出雲を閉鎖しなくてはならなくなった。その機能は武蔵国に移した。それら丹波出雲出身の出雲臣エタモヒらが実行した』という感じか…?。私はホツマツタヱを偽書だと断じているが、実は大好きである(笑)。こういう描写の細かいところは大変参考になる。ホツマツタヱのこの内容 …丹波が中国地方渡来勢力に取り込まれる生々しさを感じてしまう。

周辺氏族が渡来系に傾倒または侵食されていたとは言え、蘇我大伴宗家の影響力は高かったとみる。後世、絶大な権力を持っていた蘇我系統は藤原物部系統に危険視されるわけだ。関東でも兄多毛比一族や笠原氏一族にかわり物部氏や丈部氏が流入してくる。このときに蘇我大伴系統の栄光ある歴史は改竄隠蔽されていくのだろう。

 

 

日本武尊の戦後処理、こうして帰還へ…。

日本武尊の東夷征討の際、吉備彦(藤原物部系統)とともに副将を勤めていたのが大伴武日である。大伴武日はその後、富士高天原に留まり東国監視役に就任した。

~ホツマツタヱ曰く~

元々、大伴武日がサカオリ(山梨県)にて東国(ホツマ)を見張る立場にあったという。ヒタカミミチノクの政治情勢が悪化したのを受け、景行天皇にエミシ討伐を要請する立場になっている。あくまで謀反したのは高天原よりさらに東国ヒタカミであり富士山周辺は天皇の領地であった。そしてその後甲斐国と駿河国を任される。

~宮下文書曰く~

大和天皇体制に不服を持った富士王朝オオヤマツミ72世孫『阿祖彦王』ら高天原~東北勢力が謀反を起こし、日本武尊と大伴武日らがこれを鎮圧する運びとなる。東夷征討は東国と西国の解釈のズレがあり、西国の解釈では富士山周辺(ホツマ)との天皇との親密ぶりを強調している。高天原とはもとより争い事などなかったことを演出している。実に仁徳天皇の兄・大山守皇子が戦死した解釈と同様、勝者と敗者との見解の相違というべきか。


そして日本武尊は武蔵から信州経由で尾張へ帰還した。

宮下文書曰く『皇子(日本武尊)は副将大伴武日を高天原に留め、東北の国々を治めさせ、遂に還御された。』

 

日本武尊と大伴武日、武蔵国で何をコソコソしていたか? 

図①日本武尊の帰路f:id:sekihotu:20190706142329p:plain

図②武蔵国・日本武尊とスサノオ伝承『氷川伊勢レイライン』
f:id:sekihotu:20190706173040p:plain

もともと関東は蘇我系統タケミカヅチやフツヌシの影響下にあった(宮下文書ではタケミカヅチとフツヌシは蘇我系統)。つまり東征では蘇我大伴系統が東西に分かれて対立していた構図が浮き彫りとなる。

ホツマツタヱではこれをタカミムスビの子孫ヒタカミミチノクの高天原同族対立として表現しているわけだ。それら戦後処理を蘇我大伴系統・大伴武日らが実行していく。

さらに次の13代成務天皇時代のエタモヒが国造としてなぞる行動が見えてくる。

 


~景行時代の日本武尊とスサノオ、氷川神社の位置付け『氷川伊勢レイライン』~

・氷川神社(埼玉県さいたま市)スサノオ・イナダヒメ・オオクニヌシ

・出雲祝神社(東京都西多摩郡瑞穂町)・アメノホヒタケヒラトリエタモヒ

・元狭山神社(東京都西多摩郡瑞穂町)・スサノオ・日本武尊・コノハナサクヤ・イナダヒメ

・狭山神社(東京都西多摩郡瑞穂町)・箱根大神・オオヤマツミ・コノハナサクヤ・イワナガヒメ・機神社タクハタチヂヒメ

・八雲神社(東京都西多摩郡瑞穂町)・スサノオ・イチキシマ

・正一位岩走神社(東京都あきる野市)・タジカラオ

・阿伎留神社(東京都あきる野市)タケヒラトリ・アメノコヤネ・大鳥社・祓戸四柱

・今熊神社(東京都八王子市)スサノオ・ツクヨミ

・軍刀利神社(山梨県上野原市)日本武尊

・日代御子大神社(山梨県富士吉田市)日本武尊

・小御嶽神社(山梨県南都留郡)イワナガヒメ?

 

 ※Googleマップ線引き機能参照。メルカトル図法ではズレあり。

あくまで結果的に…日本武尊たちはどうやら氷川神社と伊勢神宮(内宮)を繋ごうとしていた?。富士山を無視しているのがポイントである(笑)。結局彼らは秘密裏に武蔵を出雲化したかったのではないかと…。それは後に武蔵に流入してくるであろう出雲族受け入れ準備だったのかもしれない(妄想)。 

 

関東各地の日本武尊と出雲族の足跡。

 

〇氷川神社(埼玉県さいたま市)

前記事の重複になるが。ホツマツタヱにおいては日本武尊と大伴武日がスサノオを祀り始めた。しかし社伝によるとその直後13代成務天皇の時代にエタモヒが祖神としてスサノオを祀ったという。つまり『景行』と『成務』の創建伝承が二つあるのだ。もし仮に12代景行天皇と13代成務天皇の歴史重複が認められれば大伴武日とエタモヒは非常に近い存在に見えるのだが…。

 

〇出雲伊波比神社(埼玉県入間郡毛呂山町)

大伴武日(オオトモタケヒ)は武蔵国『出雲伊波比神社』にてオオクニヌシと『比々羅木鉾』を祀る。古事記によるとこの『比比羅木之八尋矛』は日本武尊が父・景行天皇から『東方蛮族討伐』のため授かった重要な武器。鉾先は東北を向いており東北鎮護の意味合いを持つ。また直後の13代成務天皇の代には出雲臣武蔵国造兄多毛比(エタモヒ)が祖神であるアメノホヒを合祀した。

論社である東京都西多摩郡瑞穂町『出雲祝神社』にもその面影があり、アメノホヒとタケヒラトリとエタモヒが祀られる。タケヒラトリとエタモヒは近い存在ではないか、そしてタケヒラトリは丹波・出雲大神宮の御祭神でもあるのだ。

この出雲伊波比神社、全国的には無名だがかなり重要と思われる。

 

〇大国魂神社・人見稲荷(東京都府中市)

これも前記事の重複である。武蔵総社『大国魂神社』が景行41年創建されたと云われる。タイミング的に、大伴武日が関与していない訳がない。

また新編武蔵国風土記稿においてはこれが『成務時代にエタモヒ国造が此地に国府をおいた…』という。氷川同様にこの地でも『景行』と『成務』二通りの伝承がある訳だ。

境内には摂社『大鳥神社』があり大鷲大神が祀られる。そして大国魂神社から西へ歩いて15分ほどの所に、エタモヒを祀る『坪宮』が存在する。

小野氏の子孫である人見氏由来『人見稲荷』ではかつてエタモヒが祀られており由緒書には『兄多毛比』を『兄武比』と記している。兄多毛比にしろ兄武比にしろタケヒと読めるわけだ。そしてアメノホヒの息子が鷲宮神社のタケヒラトリ…ネット上でも大伴武日とみている人はちらほら…。エタモヒと大伴武日の陰があちこちで重なる。小野神社と大国魂神社と人見稲荷は三社レイライン上に瀬織津姫を祀る、宮下文書では蘇我大伴遺伝子の神社であるといえそうだ。

 

f:id:sekihotu:20190601131122j:plain



〇鷲神社(東京都台東区千束)

御祭神・天日鷲命・日本武尊

大鳥神社は日本武尊の由来の神社。全国的に日本武尊のイメージとして『大鳥』『白鳥』『鷲(おおとり)』などが登場する。そして酉(とり)の市で知られる。

天日鷲命とはタカミムスビの子孫、タジカラオの子、阿波国開拓神、忌部氏祖とある。上記のように大伴武日の子孫が阿波国造である。神武東征に活躍した太玉命に従うとある。どれも宮下文書的蘇我系統・ウマシマジ子孫『大伴武日』を彷彿とさせる。

 

〇鷲宮神社(埼玉県久喜市)

御祭神・アメノホヒ・タケヒラトリ・オオナムチ

丹波・出雲大神宮の配祀神タケヒラトリが揃う。社伝によるとアメノホヒと子・タケヒラトリが出雲族27人部族が来てオオナムチを鎮守として祀る。その後日本武尊が東征で戦勝祈願しアメノホヒとタケヒラトリを祀ったという。宮下文書にはアメノホヒもタケヒラトリも出てこず、比定されるのはアメノホヒ勢力=因幡国造ウマシマジ勢力ではないかと想像している。

どうやら10代崇神天皇の代に上記東京都台東区『鷲神社』より土師氏が流入した兄弟神社のようだ。そうなると鷲神社のタジカラオ息子『天日鷲命』と鷲宮神社のアメノホヒ息子『タケヒラトリ』は実はとても近い存在ではないか?。因みに宮下文書ではタジカラオはタカミムスビ子孫であり蘇我大伴系統である。

周辺には鷲神社と鷲宮神社が無数ある。もともと武蔵国はフツヌシ蘇我系統であるが、日本武尊東征より先行して流入してきた出雲族蘇我系統もいたのかもしれない。

 

出雲族というと朝鮮から渡来してきた高度な技術集団で栄華を誇っていたなどといわれているが、本当の意味での出雲とはおそらく信州のことである。

 前記事にも書いたが、信州出雲の正体を探るのになぜ武蔵国がでてくるのか?。要は信州出雲を封じるときにスサノオの神霊を武蔵氷川に移しているのではないかと。武蔵国で暗躍していた兄多毛比命と大伴武日命を調べることがまず、氷川解明につながる。氷川解明が信州出雲の解明の鍵となる…と睨んでいる(妄想)。

今までの『退屈』な武蔵史の見方がガラリと変わるのである。

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

※地図はクラフトマップ使用。 

www.craftmap.box-i.net