セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

<神社めぐり>出雲伊波比神社と出雲祝神社の謎、そして武蔵一宮小野神社との意外な繋がり。

f:id:sekihotu:20190720125852j:plain

2019,7,20

出雲伊波比神社と出雲祝神社の謎

 

 

 

宮下文書によるオリジナル出雲『天獄』は何処に存在していたのだろうか? - セキホツ熊の謎を追え!

出雲建国アメノホヒ勢力の正体判った。見えてきた九頭竜流離いの理由。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学④>スサノオ『重心点』レイライン。信州になにやら巨大拠点の痕跡。 - セキホツ熊の謎を追え!

景行天皇と日本武尊の東征戦後処理、出雲族大伴武日と兄多毛比がガチで大伴氏族だった件。 - セキホツ熊の謎を追え!

緊急続報!氷川神スサノオの転生であった『日本武尊』、目指したのはあの重心点だった!。津島越え伊勢路に死す『墓場までのレイライン』。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学⑦>出雲陰社と陽社と信州安曇野に牛頭天王の陰、英雄ニニギ教育の場をもとめて。 - セキホツ熊の謎を追え!

前記事にて、日本武尊の帰路立ち寄ったと云われる氷川神社と関東周辺神社の重要性を述べた。個人的にはその中でも重要な『出雲伊波比神社』と『出雲祝神社』へどうしても行きたくてうずうず…今回は曇天の中、出かけてみた。

Googleマップ線引き機能によると。前回紹介した氷川~富士王朝~伊勢内宮レイラインのほかに、武蔵一宮・小野神社とレイラインで繋がっていたようだ。

因みに。レイライン北端は新潟県柏崎市であり出雲崎町にも近い『宮川神社』、南端は神奈川県・金田走湯神社。金田走湯神社は伊豆山走湯神社のアメノオシホミミを勧請したもので7月21日には八雲祭りなる祭礼がある。

f:id:sekihotu:20190720131153p:plain

 

f:id:sekihotu:20190720131144p:plain

なんと出雲伊波比神社と出雲祝神社は武蔵一宮小野神社とも繋がっていた。

◯出雲伊波比神社(埼玉県入間郡毛呂山町)

JR八高線『毛呂』からおりて10分、毛呂山小学校となり。駅を降りて普通にケロと読んでいた。イヤー⊂(・∀・⊂*)かわいいと思ったら『モロ』だった…。毛呂駅をおりて、福祉会館ウィズ毛呂山、毛呂山小学校の後ろに毛呂山中学校…モロだった。

因みにJR八高線は高麗川以北一時間に一本しかないので駅構内で時間を潰す。帰宅後に地図で確認したら、神社から東に15分くらいに東武越生線『東毛呂』駅があった。

f:id:sekihotu:20190720130505j:plain

f:id:sekihotu:20190720125839j:plain

 

f:id:sekihotu:20190720125825j:plain






~御祭神~

大名牟遅神・天穂日命・他17柱

由緒書によると他17柱には品陀和気命(応神天皇)・息長帯比売(神巧皇后)が含まれる。

社伝よると、景行53年?(43年と思われる)に日本武尊が東征の際に神宝・比比羅木鉾と大国主を祀る

 

ガラス戸の拝殿と重要文化財の本殿、その横には大きな摂社(稲荷社?)。

毛呂という地名は藤原北家仲光から派生した毛呂氏に由来する。鎌倉時代には源頼朝側近として活躍していたものの北条執権時代には干されたようだ。当時北条政権は源頼朝の息のかかった古参武士を恐れ、むしろ排除していた。室町時代に毛呂三河守藤原朝臣顕繁によって出雲伊波比神社は再建され、現在埼玉県内最古の神社建築とされている。この地が古くから武蔵国内で重視されていたのがわかる。更に北には藤原仮冒説のあるウマシマジ子孫児玉氏の拠点『児玉郡』や『本庄市』がある。

 

神社に来た最大の理由は景行時代と成務時代の二面性を確認するためである。この時代特有の12代景行天皇と13代成務天皇の業績が重なるのだ。

由緒書(上写真)によると12代景行時代に侍臣武日命(宮下文書比定、副将・大伴武日)が比比羅木鉾とオオナムチを御祭神に創建された。景行天皇から東北鎮護の為授けられた『比比羅木鉾』は東北に向かって祀られている。地図で確認すると神社参道自体は北に向かいっている。出雲『伊波比』とは出雲の神オオナムチを『斎る』という意味である。その直後の13代成務時代に武蔵国造・兄多毛比命(エタモヒ)が殊に崇敬し、自らの祖先・天穂日命を相殿したという。大伴武日命も兄多毛比命も大伴子孫であり、宮下文書における蘇我大伴系統と思われる。大伴武日をなぞる行動を兄多毛比命がしているわけだ。

日本武尊東征後は大伴武日が東国監視を任されるはずだが、その割に武蔵国内での大伴武日の伝承が少ない。成務時代の武蔵国造エタモヒの活躍が目立つものの、こちらも活動拠点が見えてこない謎多き人物なのである。

 

また源義家『流鏑馬』伝承も鍵となる。今までにも述べてきたとおり、日本武尊や坂上田村麻呂や源義家ら東征者に歴史は塗り替えられてきた。源義家の場合、武蔵国府・大国魂神社や小野神社近く百草八幡、東京都瑞穂町狭山神社などにも痕跡を残している。こちらは日本武尊経路をなぞるような行動をしており、義家がこの地に祀られた東国統治の象徴『比比羅木鉾』を目的にきたのは明白であろう。

※現在の社伝は1527年大永7年(室町時代)に焼失し翌年再建されたもの。本殿は重要文化財指定ではあるものの、『現』比比羅木鉾はおそらくレプリカであろう。

 

個人的には出雲伊波比神社や狭山神社などJR八高線沿線の神社は、『八王子構造線』に影響されているのではないかと睨んでいる。八王子構造線とは関東西の平野山地の境がほぼ南北直線上に並んでいる面白い構造線だ。神社が鎮座している臥龍山は八王子構造線から少し離れた平野部の小島のような山で、狭山神社周辺とも地理的に似ている。宮下文書によるとアマテラスの代に四州の山々は富士王朝ツクヨミの子孫オオヤマツミ(正哉山住命)子孫が管理している。山岳信仰の監視が届きにくい広大な関東平野に対しての防壁なのではないだろうか?。

日本において『山』という存在が渡来人の侵攻を防いできた。古来から関東平野は渡来系の歴史なしには語れない土地である。すぐ近くの入間や高麗川などは渡来系の拠点となり、716年高麗川には1799名の高句麗移民が入植した。既存勢力に対して彼らが抗ってきた歴史は否めないし、現に先住民たちはそれを恐れていた。つまり結果的に山は先住民にとっての『守』となっていたのではないか(妄想)。

 

 

 

〇出雲祝神社(埼玉県入間市)

 

f:id:sekihotu:20190720130134j:plain


f:id:sekihotu:20190720125927j:plain 

f:id:sekihotu:20190720125950j:plain

 

~御祭神~

天穂日命

天夷鳥命(建比良鳥命あるいは天日照命のこと)

兄多毛比命(エタモヒ)

ほか

天照皇大神

伊弉諾命

伊弉冉命

大国主命

倉稲魂命

大山祇命

市杵嶋姫命

速玉男命

事解之男命

大屋毘古命

菅原道真命

 

~由緒~

日本武尊東征の際、小手指ヶ原に天穂日命と天夷鳥命(=タケヒラトリ)を祀った。

社伝によると天穂日命子孫が出雲の国から樹種を携え蒔種したのが『寄木の森(出雲祝神社周辺)』という。境内には『牟佐志国造御社』の石碑があり、天穂日命子孫=エタモヒ親族と考えるのが自然であろう。

 

武蔵国延喜式内出雲伊波比神社の論社。江戸~明治時代までは物部天神神社の神職にて兼務されていた。つまり宮下文書における蘇我大伴系統の歴史は塗り替えられているのであろう。

戦国時代に出雲祝神社を称すが、武蔵国風土記稿によると江戸期は寄木宮(寄木明神)スサノオを祀る神社であった。拝殿右隣には摂社『八雲神社』があり『天王さま(スサノオ)』を祀っている。これは直ぐ南の狭山丘陵にある八雲神社と同じ信仰ではないか?。狭山丘陵南斜面の阿豆佐味天神社にもスサノオが祀られている。神社周囲には『富士山』という地名もあり、氷川と富士王朝のレイラインに富士信仰と駒形信仰と出雲信仰の混在が見られる。

 

f:id:sekihotu:20190720130515j:plain

白ヌコさま



www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

地図はクラフトマップ使用。

www.craftmap.box-i.net