セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

<神社めぐり>武蔵岡の富士隠し、大室八幡神社とホツマツタヱ『ムハタレ』の意外な接点。

 

f:id:sekihotu:20191014112113j:plain

東京都多摩地区からみた富士山。手前の三角影が大室山。

 

 2019,9,29

前記事『神津島伊豆山レイライン』で話題にしたが大室八幡神社、調べるうちに意外なことが判明したので纏めてみる。この神社はおおよそ二線のクロスポイントに存在する。

 〇富士山・高千穂峰レイライン3.5㎞ズレ(御神体の大室山は600mズレ)。

神津島・伊豆山レイライン350mズレ。

<レイラインの美学⑧>八幡宮来宮神社から伊豆山本宮社と来宮神社へ、八幡・熊野・来宮・離島信仰、混合二本のレイライン①Aライン。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学⑨>三峯神イザナギ・イザナミは岩長毘女代理人?。神津島伊豆山レイライン②Bライン。 - セキホツ熊の謎を追え!

f:id:sekihotu:20190919224137p:plain

二本の主要レイライン・クロスポイント

丹沢北部『大室山』標高1587メートル、甲斐国と相模国の国境となる。神津島伊豆山レイラインと、富士山高千穂峰レイラインのクロスポイントからややズレる。

丹沢山系『大室山』は知名度に乏しく、近県の登山マニアしか知らないとおもうが、ただ多くの都民は知らないうちに見ているハズだ…。表紙写真のように多摩地区から富士山を眺めるとすぐわかる、私も以前から富士山前のデカい三角形が気になっていた。富士山と大室山が重なるということは、武蔵国多摩から見て同線上にあることになる。

加藤武雄の小説『わが小画板』曰く、北相模(東京町田市相原付近)や武蔵国武蔵岡で『富士隠し』という伝承がある。富士山に雪が積もる季節だけ、富士山が大室山から顔をのぞかせたという。大室山に近いエリアでは、地形斜角と光線の具合で、富士がギリギリ拝めない。大室山から幾分か離れた多摩川付近になると、晴れた日には年中、富士の輪郭を拝めるというわけだ。

またこの大室山は『鎌倉』『相模一宮・寒川神社』『大山阿夫利奥宮』『御室山(大蔵経寺山)』を繋ぐレイラインを形成している。山梨県笛吹市の御室山には、山神宮奥宮『天狗神社』がある。御室山の重要性についてはまた後程、別記事にて。

<レイラインの美学⑬>鎌倉幕府と御室山の繋がりにみる御霊大神。三浦半島は富士朝のお膝元であった。 - セキホツ熊の謎を追え!

f:id:sekihotu:20191012190101p:plain

大室八幡神社(山梨県南都留郡道志村)

~御祭神~

・伊弉諾命

・伊弉冊命

・誉田別命

f:id:sekihotu:20190916170557j:plain

f:id:sekihotu:20190928112226j:plain

f:id:sekihotu:20190928111818p:plain

丹沢北部『大室山』標高1587メートル、甲斐國誌では『大群山(おおむれやま)』と記され、『大牟礼権現』『大牟連山大権現』とも表記される。その里宮と思われるのが山梨県南都留郡道志村にある『大室八幡神社』。文永十一年(1274)『大室大権現』として勧請、大室山の山岳信仰であるようだが、何処からの勧請かは不明。かつては山頂に『大牟連山大権現』と記された『祠』があったそうだが、現在は何もない。神社は明治五年八月八幡大神宮、熊野大権現、長幡七社権現を合祀し大室八幡神社と改称。大正三年村社諏訪神社を合祀。境内からは大室山が見え、山に一礼して参拝する習わしがある。

f:id:sekihotu:20190928111919j:plain

f:id:sekihotu:20190928111914j:plain
尚、国道413号『道志みち』沿いに『大室神社』が数か所あり、地図と山梨県神社庁HPで確認とれただけでも三か所の小社ある。場所は山梨県南都留郡道志村2599と南都留郡道志村3349、どちらもイザナギとイザナミを祀り、『大室大権現』とはイザナギ・イザナミを示すとみる。

月夜野地区隣の大渡地区にも小さな『大室神社』があるが御祭神不明、蜘蛛の巣だらけだった…。平安時代までは、大室山周辺にてココと定めず、厖大な御神体に向かって雨乞いの仰拝がされたという。故に小社や祠は点在していると思われ、周辺を探せばまだまだ出てくるかもしれない。

大室八幡神社は神津島伊豆山レイライン上にあるということで、伊豆大神イワナガヒメ(比売大神イトウ)の痕跡を探してみた。社殿裏には巨大な岩があり、岩石信仰を彷彿とさせるが、ただ御祭神に関係があるのかは不明。

詳細は過去記事リンクより↓

 <レイラインの美学⑧>八幡宮来宮神社から伊豆山本宮社と来宮神社へ、八幡・熊野・来宮・離島信仰、混合二本のレイライン①Aライン。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学⑨>三峯神イザナギ・イザナミは岩長毘女代理人?。神津島伊豆山レイライン②Bライン。 - セキホツ熊の謎を追え!

f:id:sekihotu:20190928111900j:plain

f:id:sekihotu:20190928111905j:plain  f:id:sekihotu:20190928114530p:plain

 そしてレイライン大室山と権現山が繋がった…。

面白いことに大菩薩連嶺の権現山にも『大ムレ権現社』があるのだ。しかもちょうど神津島伊豆山レイラインの直上、山梨県と神奈川県の3つの『権現山』に連なることになる(後述)。

~神津島伊豆山レイライン上の三つの権現山~

・大菩薩連嶺・権現山(山梨県大月市と上野原市境)標高1312m

・箒沢・権現山(神奈川県足柄上郡)標高1138m

・世附・権現山(箒沢のすぐ下)標高1019m

f:id:sekihotu:20190928094230p:plain

『大ムレ』とは何だろうか…。ここに神津島伊豆山レイラインとヤマトタケル東征の接点があるような気がしてきたのだ。

大菩薩連嶺の権現山(大月市と上野原市境)は『大勢籠権現』といい、山頂に『和見王勢籠神社』の奥宮があり、ヤマトタケルを祀る。『大勢籠』も『王勢籠』も上野原地元では『おせろう』と呼んでいるが、『おおむれ』と読む可能性があるそうだ。山と渓谷社オンラインHPによると、権現山も『大勢籠山』と書いて、『おおむれやま』という説があるそうだ。大菩薩連嶺・権現山に大ムレ権現社があるということは、大ムレ信仰域は富士朝から東側『関東山地』のかなり広範囲とみる。

権現山山頂『王勢籠神社』の奥宮は、三峯神社や武蔵御嶽神社同様に狼信仰の伝承もあるという。また社伝によると天狗図像が描かれていたとのこと。やはりココにもヤマトタケルの影が出てきた。

宮下文書とホツマツタヱによると、ヤマトタケルは甲斐国『酒折(サカオリ)宮』を拠点に東征に出る。軍刀利神社、與瀬神社、三峯神社や武蔵御嶽神社はヤマトタケルの関係社でもあり、東征が関係しているとみる。但し、宮下文書記載の『坂下宮』とホツマツタヱ登場の『酒折宮』、機能面も場所もまったく別物。坂下宮は山梨県富士吉田市にあったとされ、酒折宮は山梨県甲府市に現存する。どうやら『サカオリ』は複数存在していたようだ(別記事にて)。

周囲はヤマトタケル関係社が本当に多い、彼はこの関東山地で一体何をしていたのか?。武蔵と甲斐の間に結界でも張っていたのだろうか?

<レイラインの美学⑩>酒折宮と恵那山と血洗池。日本武尊が生涯をかけて描けなかった富士朝改竄ライン。 - セキホツ熊の謎を追え! 

景行天皇と日本武尊の東征戦後処理、出雲族大伴武日と兄多毛比がガチで大伴氏族だった件。 - セキホツ熊の謎を追え!

緊急続報!氷川神スサノオの転生であった『日本武尊』、目指したのはあの重心点だった!。津島越え伊勢路に死す『墓場までのレイライン』。 - セキホツ熊の謎を追え!

<神社めぐり>出雲伊波比神社と出雲祝神社の謎、そして武蔵一宮小野神社との意外な繋がり。 - セキホツ熊の謎を追え!

※神奈川県足柄上郡、西丹沢に二つの権現山があるので注意。箒沢・権現山と世附・権現山。ま、権現山自体は日本全国にある地名だが…、この二つの権現は何を本尊としているのか不明。

武蔵岡『富士隠し』伝承の真意とは?

ところ変わって、『富士隠し』伝承があるのは相模国と武蔵国境で、現在の都道47号沿い、東京都八王子市七国~町田市相原となる。境川を渡ればすぐに神奈川県相模原市。古来から武蔵岡と呼ばれる丘陵地帯、年二回『ダイヤモンド富士』の撮影ポイントだという。

東京都八王子市にある高尾山の伝承。高尾山石老山記『道志川相模川落合図』より『甲斐名抄志曰、大牟礼坐須高山ナリ此山を武蔵の方にて富士隠といふ』とある。

気になるのはこの富士隠し伝承のある、東京都町田市相原『大六天社』である。この神社は富士山高千穂峰レイラインより370mズレにあり、御祭神が…なんとヤマトタケルの父親12代景行天皇(下写真↓)。

f:id:sekihotu:20200614184052j:plain

一般的に大六天というのは神仏習合『第六天魔王』であり、廃仏毀釈後に神世七代の六代オモダル・カシコネに改宗されてきた。しかし東国の国境僻地に景行天皇一柱祀られているというのは珍しい。12代景行天皇は息子ヤマトタケルを派遣し、西国東国の歴史を大々的に修正してきた張本人。富士山高千穂峰レイラインの要所である武蔵一宮・小野神社の摂社・日代神社にも祀られている。その人物が同レイライン近くの国境の片田舎に単身祀られているわけだ。なんでこの位置に祀られているかが気になる…。

これを景行天皇時代作成されたホツマツタヱ風に解釈にしてみれば、一目瞭然である。『大六天魔王』とは六ハタレの事である。シムミチ、ハルナハハミチ、イソラミチ、キクミチ、イツナミチ、アメヱノミチの6族。『六つのハタレはヤマタあり(8文)』これらが西国天皇に歯向かってきた元凶なわけだ。つまり6族とはワダツミ系統の宇佐八子子孫『ヤマタノオロチ』勢力など富士王朝先住民勢力側とみる事ができる。ホツマツタヱ版アマテルは、このハタレに打ち勝つために瀧に打たれ修行をする。これが飯縄権現の起源といわれている。

つまり飯縄権現とは12代景行時代の西国価値観であり、東国封じの教えとなる。これがかつて出雲があったと信州周辺、『戸隠神社』を封じ込める意味合いとなる飯縄権現の正体である。そしてこの長野県飯縄町には『牟礼(むれ)』という村域があるのだ。

これが前述した『大ムレ』と同義であり、『六ハタレ』退治の語意に相当するとみる。

おそらくヤマトタケルは 武蔵~甲斐~相模周辺の山中で『富士隠し』工作をしまくっていたのだ。それを裏付ける如く『大六天社』周辺には、飯縄山飯縄神社(神奈川県相模原市)や、飯縄権現代名詞である高尾山薬王院(東京都八王子市)が存在している。これらの信仰の根底にも、ヤマトタケル東征が関係しているのではないか?。

 

…次に、そもそも西国勢力である景行天皇やヤマトタケルが、武蔵から富士を隠すことに何のメリットがあったのか?。

 

あくまで宮下文書記述から想像した私見だが。

歴史的にみても、東国勢力は富士朝と結託し西国・天皇勢力に対抗してきた。ヤマトタケル東征のきっかけも、東国蘇我大伴系統タケミカヅチとフツヌシ子孫が景行政権に不満を持ち、富士朝を担ぎ上げ反抗したのが最大の理由だ。後世の15代応神天皇御子・大山守皇子も16代仁徳天皇に対して同様の反抗した。渡来系西国勢力から見れば、この富士朝と東国の共闘パターンが一番厄介なわけだ。いくら西国が東国を小馬鹿にしようが、日本のアイデンティティである聖地富士朝高天原を、敵に奪われることだけは絶対死守したい。さもなければ自らが天祖へ背く天敵となってしまう。即ち、富士朝と富士以東の分断こそが一番望ましい。

神津島伊豆山レイライン上、武蔵~甲斐~相模の関東山地にヤマトタケル由来の神社を集中させた。これも彼ら西国勢力の、東国諸国分断工作ではないかと。東国以東の関東平野から日本の象徴を隠した、まさに『富士隠し』であったのだ。

そう考えると『大室山』や『大ムレ山』を信仰している立場も、自ずと見えてくる。西国勢力から見れば、大切な守りの山であったのではないか?。残念ながら大室八幡神社とヤマトタケルの接点は今のところないが…。

 

またこの地域には、謎の神社も結構残っているのだ。山梨県大月市の地名『月』も富士王朝『ツクヨミ』に由来している。石盾尾神社、大石神社、月読神社、中野神社、これらの神社を回ってきた、いつか機会があれば紹介したい。

 

 

 

(おまけ①)宮下文書から推測する…、『室』とは何か?

字数が少ないのでおまけ記事…。

参考程度に『室』とはなにか?考えてみる。

イザナギ・イザナミの時代、未だ神々は『穴』に居住していた。これをアマテラスは憂い、甥のオオヤマツミにこう命じる『漸次家屋を築造させ、居住させなさい』。宮下文書曰く、四方諸州の大原・小原・大洞・小洞・大沢・小沢・大組・小組を廃止。大国・小国・大村・小村を置き、国造・郷司・村長を置かせた。一般的に『国造』とは大化の改新以前、大和朝廷の地方官と認識されるが、太古から既に誕生していたことになる。そしてこの時『室』→『村』になった。

イザナギとイザナミが拠点としていたのが『小室』の『日向高地火峰の穴宮の大御宮』、これが日向や高千穂の名称の根源。元々、高千穂峰や阿祖という言葉は、富士山を意味する言葉。そして山梨県富士吉田市の北東本宮小室浅間神社の『小室』というのは、暗に政治的拠点を指しているようだ。日本神話上よく言われる『高天原』とは丁度この辺りのことだ。 

宮下文書において、イザナギとイザナミは最後まで仲睦まじく、一日違いで死んだ。そして二人の陵墓は西尾崎の『岩長の峰』という。比定地は天神七代高天原の時代、宇宙湖と高天原湖と亀之湖の中間点にあり、現在の山梨県富士吉田市・北東本宮小室浅間神社付近に比定される。

前記事でも述べたが、イワナガヒメはイザナギ・イザナミの曽孫にあたり、『岩長』という命名において意識しないわけがない。そういえば伊豆山神社もつい最近、2014前後までイザナギ・イザナミが祀られていた。来宮神社にも三峯社がある。イワナガヒメの周辺にはイザナギ・イザナミが恰も代理人のように見えるのだ。

今のところ神奈川県と静岡県の『大室山』の接点は見えてこない。

ただ、もしかしたら静岡県伊東市の『大室山』も、『大ムレ』由来であったのかなと妄想している。

(おまけ②)関東山地とフォッサマグナ、大室八幡と地震の謎…。

『関東山地』の基礎知識として、フォッサマグナがあるので触れておく。

フォッサマグナを簡単に説明すると。日本列島は古い地層の上に、新しい地層ベルトが乗っかっており、そこへ中央構造線がクロスする。富士山大噴火でもすれば日本列島は東西分断の可能性すら出てくるという…。

前記事で紹介したコノハナサクヤが祀られている『富士山』、イワナガヒメが祀られている『八ヶ岳』、八ヶ岳地蔵がある『大室山(静岡県伊東市)』はまさにこのフォッサマグナの上にあるということだ。…まあ個人的にはレイラインとは言えないようなズレだが…、八ヶ岳と富士山と伊豆大室山、ほぼ同線上にある。

f:id:sekihotu:20200614183904p:plain

しかしよく見てみると、ヤマトタケルが東征時に神社を作りまくった関東山地は、古い地盤が孤島のように存在しているのだ。中央構造線より南、八王子構造線より西にある、『三峯神社』『武蔵御岳山』『高尾山』『大室山(丹沢山系)』はこの古い地層に属している。もしかしたらヤマトタケルは、この古い地層を信仰に利用していたのかもしれない…(妄想)。

8/26早朝に富士山にて登山者、ロシア人女性(29)が落石によって亡くなったのがニュースになった。先行して登山していた人の落石の可能性が浮上しているという。

落石事故の直接的理由ではないが、その次の日8/27の0:13、この大室山南部を震源地としてM4.3の地震が起きている。妙に気になって、色々調べてみた。

富士山高千穂峰レイラインでもあるこの大室山周辺には、近年『やや大きい』地震が頻発しているようだ。地図上でみると大室山は関東山地の境目あたりか…、微妙だな。

この周辺には権現山(山梨県)や権現山(神奈川県)や御正体山などの霊山も多い。災害も地域の人々が大室山に畏怖を抱く理由かもしれない。

f:id:sekihotu:20190928093916j:plain

まあ、もともと大室山(伊豆)と名前が同じことに端を発した大室山(丹沢)調査だが、…本当にたまたま同じの可能性もある(笑)。

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

※地図はクラフトマップ使用。

www.craftmap.box-i.net