セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

<レイラインの美学⑤>国常立尊と事代主を辿るの関東のセンターライン『三嶋箱根筑波レイライン』。

茨城県つくば市『船宮神社』。御祭神不明。境内は整然と管理されている、地元のひとびとに大切にされているのがわかる。 船宮神社と筑波山。 2019,6,9 三嶋箱根筑波レイライン レイラインに価値はあるのか?問うシリーズ。 <レイラインの美学①>寒…

<レイラインの美学④>スサノオ『重心点』レイライン。信州になにやら巨大拠点の痕跡。

下り宮で有名な上野国一宮『貫前神社』。物部姓磯部氏が祖神を祀ったとあるが、宮下文書によるとフツヌシは蘇我系統 2019,6,2スサノオ重心点レイライン 前記事で述べたように信州にあったとされるオリジナル出雲。今回はレイライン上で場所を特定して…

出雲建国アメノホヒ勢力の正体判った。見えてきた九頭竜流離いの理由。

武蔵五宮『金鑚神社』。宮下文書論拠で考えれば、ウマシマジ子孫児玉氏がスサノオの叔父金劔清こと金山彦命を祀っていた可能性もある。 2019,6,1 解明には宮下文書の知識が必要であった。 出雲建国の謎を解明。そこには九頭竜とアメノホヒとウマシマ…

宮下文書によるオリジナル出雲『天獄』は何処に存在していたのだろうか?

長野県諏訪市『足長神社』。諏訪湖を一望できる絶景ポイントだ。 2019,5,26 そもそもオリジナル出雲『天獄』とは存在したのだろうか? これから後記事にて中国地方『出雲国』について触れる予定なので、先に宮下文書における『出雲』考察を簡単に纏…

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割、瀬織津姫死亡説と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。

静岡県富士宮市白糸の滝。観光地の片隅にあるトタン製の小さい神社『熊野神社』。ひっそりと瀬織津姫を祀る。 静岡県富士宮市白糸の滝。中臣鎌足子孫の富士講の開祖『角行』修行の地。 <レイラインの美学②>変遷していた富士山高千穂峰『日の出レイライン』…

<レイラインの美学②>変遷していた富士山高千穂峰『日の出レイライン』。ヒントはやはり小野神社ポイントにあった。

日本の根幹レイラインは変遷していた。 聖蹟桜ヶ丘・武蔵一宮小野神社の謎①ほのかに感じる桜の女神ホノコ様と春日族たち。 - セキホツ熊の謎を追え! 春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホツ熊の謎を追…

<レイラインの美学①>寒川毘古命『悲劇』のレイライン。果たしてそのレイラインに価値はあるのだろうか?。

『寒川レイライン』。富士山高千穂峰レイラインとは若干傾斜角が異なる。 2019,5,12 レイラインの価値 そもそもレイラインの史学的価値を語るには無理がある。偶然である可能性は大いにあるし…まあ神業というのであればそれはそれで面白い(笑)。 し…

聖蹟桜ヶ丘・武蔵一宮小野神社の謎②。小野神社周辺で蘇我春日族と『武蔵七党』が守っていたもの。

明治維新後に田中光顕が建設した旧多摩聖蹟記念館。 聖蹟桜ヶ丘・武蔵一宮小野神社の謎①ほのかに感じる桜の女神ホノコ様と春日族たち。 - セキホツ熊の謎を追え! 春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホ…

春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。

武蔵七党児玉党の祖霊社・有氏神社。児玉氏の祖先がウマシマジだ。 2019,4,27 ウワハルとシタハルの正体 前記事にて蘇我系統のウマシマジ=ウワハル命ではないかと述べた。所縁の地、埼玉県秩父付近(知知夫国)で調べるとやはり…。武蔵七党・児玉氏族…

聖蹟桜ヶ丘・武蔵一宮小野神社の謎①ほのかに感じる桜の女神ホノコ様と春日族たち。

2019,4,21 武蔵一宮・小野神社 創建(伝)安寧天皇18年。 <御祭神> 天下春命・瀬織津姫・伊弉諾尊・素戔嗚尊・大己貴大神・瓊瓊杵尊・彦火火出見尊・倉稲魂命 <摂社>伊勢神宮神・事代主・須佐之男命・軻遇突智命・日本足彦国押人命・大足彦忍代…

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった②。中臣・蘇我・大伴編

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。 - セキホツ熊の謎を追え! www.sekihotu.com 2019,4,19 蘇我氏と大伴氏とは 前記事にて、欠史八代・藤原物部系統家系図を公開した。今回…

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。

2019,4,14 藤原物部氏系統家系図から判明した近親婚。 蘇我氏系統と藤原氏系統の家系図を遡って調べてみた。今回は藤原氏系統編だ。 時代は神武東征の『暗黒の世13年10月30日』、ナガスネヒコや禍津亘理彦命ら新羅勢力平定後である。元宮家の『真佐…

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 見えてきた欠史八代の最大の理由③。

タケミナカタとタケミカヅチとフツヌシは蘇我系統の兄弟である。 2019,4,7 藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎①。 - セキホツ熊の謎を追え! 藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌ…

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎②。

富士王朝とウガヤ王朝の夏至レイライン。延長点?『井草八幡宮』。かつては春日神が主祭神として祀られていた www.sekihotu.com 2019,4,5 布留太神とはどういう神様なのか? 前記事の続き。 江戸期、武蔵総社大國魂神社の御祭神から春日神が消えた。…

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎①。

2019,3,30 富士山高千穂峰レイラインに見え隠れする『覇者線』。 富士山高千穂峰レイライン。私は実質日本一のレイラインと考えている。別に私が見つけたわけではない。二つの古文書に書いてあるのだ。宮下文書では天都と神都を繋ぐ線。ホツマツタ…