セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

藤原氏・蘇我氏

景行天皇と日本武尊の東征戦後処理、出雲族大伴武日と兄多毛比がガチで大伴氏族だった件。

兄多毛比命の祀る大國魂神社付近『坪宮』。大國魂神社参拝前に行くのがいいらしい。 緊急続報!氷川神スサノオの転生であった『日本武尊』、目指したのはあの重心点だった!。津島越え伊勢路に死す『墓場までのレイライン』。 - セキホツ熊の謎を追え! <レ…

緊急続報!氷川神スサノオの転生であった『日本武尊』、目指したのはあの重心点だった!。津島越え伊勢路に死す『墓場までのレイライン』。

2019,6,29 日本武尊の『墓場までのレイライン』 『レイラインの美学』 シリーズ④⑦にて『スサノオ重心点レイライン』と『陰社陽社レイライン』を紹介した。どちらもスサノオに関係しているのだが、これがなんと日本武尊東征の帰路であった!!。 『…

聖蹟桜ヶ丘・武蔵一宮小野神社の謎②。小野神社周辺で蘇我春日族と『武蔵七党』が守っていたもの。

明治維新後に田中光顕が建設した旧多摩聖蹟記念館。 聖蹟桜ヶ丘・武蔵一宮小野神社の謎①ほのかに感じる桜の女神ホノコ様と春日族たち。 - セキホツ熊の謎を追え! 春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホ…

春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。

武蔵七党児玉党の祖霊社・有氏神社。児玉氏の祖先がウマシマジだ。 2019,4,27 ウワハルとシタハルの正体 前記事にて蘇我系統のウマシマジ=ウワハル命ではないかと述べた。所縁の地、埼玉県秩父付近(知知夫国)で調べるとやはり…。武蔵七党・児玉氏族…

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった②。中臣・蘇我・大伴編

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。 - セキホツ熊の謎を追え! www.sekihotu.com 2019,4,19 蘇我氏と大伴氏とは 前記事にて、欠史八代・藤原物部系統家系図を公開した。今回…

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。

2019,4,14 藤原物部氏系統家系図から判明した近親婚。 蘇我氏系統と藤原氏系統の家系図を遡って調べてみた。今回は藤原氏系統編だ。 時代は神武東征の『暗黒の世13年10月30日』、ナガスネヒコや禍津亘理彦命ら新羅勢力平定後である。元宮家の『真佐…

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 見えてきた欠史八代の最大の理由③。

タケミナカタとタケミカヅチとフツヌシは蘇我系統の兄弟である。 2019,4,7 藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎①。 - セキホツ熊の謎を追え! 藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌ…

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎②。

富士王朝とウガヤ王朝の夏至レイライン。延長点?『井草八幡宮』。かつては春日神が主祭神として祀られていた www.sekihotu.com 2019,4,5 布留太神とはどういう神様なのか? 前記事の続き。 江戸期、武蔵総社大國魂神社の御祭神から春日神が消えた。…

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎①。

2019,3,30 富士山高千穂峰レイラインに見え隠れする『覇者線』。 富士山高千穂峰レイライン。私は実質日本一のレイラインと考えている。別に私が見つけたわけではない。二つの古文書に書いてあるのだ。宮下文書では天都と神都を繋ぐ線。ホツマツタ…