セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。

 

f:id:sekihotu:20190426080826j:plain

武蔵七党児玉党の祖霊社・有氏神社。児玉氏の祖先がウマシマジだ。

2019,4,27 


ウワハルとシタハルの正体

前記事にて蘇我系統のウマシマジ=ウワハル命ではないかと述べた。所縁の地、埼玉県秩父付近(知知夫国)で調べるとやはり…。武蔵七党・児玉氏族の系図にウマシマジが登場するのだ。

 

豊富な鉱山で武蔵から独立。

秩父と武蔵は兄弟である。宮下文書によるとアマテラス時代の小国48国区分で秩父地方は『武佐志国』であった。それから祟神天皇の代になり『和銅遺跡』など鉱山で有名であった秩父は独自の国造を置いたようだ。現在秩父周辺だけでも、武蔵四宮・秩父神社と五宮・金鑚神社があるわけだ。大化の改新で无邪志・胸刺・知知夫が『武蔵国』に再併合されるものの母体の武蔵国に対する存在感はあった。

武蔵四宮・秩父神社の御祭神は八意思兼命(オモイカネ)。一説にはウワハルとシタハルの親神とされる。秩父神社にはオモイカネの子供・天下春命(シタハル)も祀られている説がある。宮下文書ではオモイカネもウワハルも神代に登場しない。神武天皇勅命の大嘗会に『思兼堅石彦命』という人物が大臣浜荻命、中臣忌部八重垣命らとともに登場する。おそらくオモイカネのモデルになった人物?なのだが出自は触れられていない。

 

ウマシマジ=ウワハルは蘇我系統

世間的にはウマシマジはニギハヤヒの子供。ウマシマジ=物部氏始祖にされている。その子孫である児玉氏族も物部氏系統にされており、宮下文書を読むのと読まないのとでは真逆の見解に至るのだ。家系図の参考にしたのは以下のソースだが…。

物部氏系の編集した先代旧事本紀を根拠にしているようだ。

児玉氏 - Wikipedia

http://www5b.biglobe.ne.jp/~sho-rai/

これに宮下文書の知識を掛け合わせてアレンジして家系図を作らせていただく。個人的に先代旧事本紀はあまり信用していない。あくまで目安で(笑)。

f:id:sekihotu:20190427191629p:plain


 前記事の宮下文書・蘇我氏系図と比べてほしい。蘇我系統『彦湯支命』で枝分かれしたようだ。

f:id:sekihotu:20190418205953p:plain

f:id:sekihotu:20190418205945p:plain


児玉氏族の祖ウマシマジ

児玉氏族は埼玉県秩父市の近く、児玉郡~本庄市を拠点にしていた武蔵七党最大勢力である。別記事にて後述するが、桓武系平氏の秩父氏や小山田氏とも関係しているようだ。児玉氏は関白家・藤原伊周の家司をしていた有道惟能を祖としている。この有道氏を更に遡ると可美眞手命(ウマシマジ)、宮下文書での別名『表春桟男玉命(ウワハル)』になるのだ。表『春』とは春日の『春』と同議と思われる。また児玉氏族の『玉』は蘇我系統は古来より執着している言葉だ。尤も『児玉(こだま)』氏と表記し始めたのはかなり後世だそうだ。何度も言うが宮下文書ではウマシマジは蘇我系統である。故に児玉氏も蘇我氏系統になる。

そもそも秩父=知知夫国の国造をしていたのが知知夫彦命、10代祟神天皇により任命されたという。彼の本姓は大伴部氏嫡流である。宮下文書では蘇我氏と大伴氏は同祖同系列で、秩父という地は蘇我氏系統の土壌であったと見える。それが平安期に蘇我系統有道氏と結びついたが、立場上は蘇我系統を隠していたのではないか。

 



f:id:sekihotu:20190426082430j:plainf:id:sekihotu:20190426082412j:plainf:id:sekihotu:20190426082356j:plain


有道氏の仮冒説。関白・藤原伊周の子孫

上写真は埼玉県児玉郡神川町の有氏神社、有道氏祖霊社もしくは墓所であったという。有氏の家紋は日月の軍配。個人的には軍配は八幡神の象徴ではないかと思う。アマテラス義孫タマノオヤとツクヨミ孫イワナガヒメ、その子供がウサミである。周辺には『岩上神社』(下写真)がありイワナガヒメとイシコリドメが祀られていた。これは貴重且つ面白い神社なのだが…残念なことにかなり廃れている。文化財として保護してあげられないのだろうか。付近にはタマノオヤ家臣?のイシコリドメを祀る神社も多い。古来の八幡神信仰が今も残っていると思われる地域なのだ(個人的に注目している)。

f:id:sekihotu:20190427194921j:plain

この児玉氏祖有道氏は枝氏が非常に多く、『武蔵七党系図』などによると関白藤原伊周家司時代に仮冒説も存在する。藤原伊周は藤原道長の策略で大宰府に左遷させられ、その僅か前に元家司有道氏の娘と伊周が関係を持ったと…。その真偽はともかく彼らは立場上、蘇我子孫とは公言できなかったろう。宮下文書では蘇我も藤原も日本最古級家系であり、もともと高貴な血が流れているのだ。645年乙巳の変後、藤原氏による蘇我氏のネガティブキャンペーンによりイメージは失墜。その朝敵イメージが現世の歴史教科書にも及んでしまっている訳だ。仮冒は見栄を張るだけのものではなく、要は『訳あり』家系なのを藤原姓で隠す必要があったのだろう。

 

武蔵国の祖シタハルとは 

武蔵一宮・小野神社の御祭神・天下春命(シタハル)の宮下文書記載はない。小野神社社伝では兄武日命が国造就任時に武蔵国祖神としてシタハルを祀る(それまでの御祭り神は不明。瀬織津姫と雷神か?)。

※因みに兄武日命は出雲系?それとも大伴連?ヤマトタケルに随行した大伴武日と関係ありか?因みに蘇我系統にも出雲色命という人物がいる。宮下文書には蘇我にも大伴にも『武日』という人物はいる。出雲系と誤認された可能性を調査中。

宮下文書にシタハルの記載は見られない(捜索中)。一般的にはウワハル命の『弟神』と云われており春日の『春』がつく。これも蘇我系神の可能性が濃厚である。平安期・小野利春が国造就任、児玉氏族・秩父重綱は小野氏娘(武蔵七党・横山氏)を娶り蘇我系統同士の再結合する。小野氏は孝昭天皇と世襲足媛命の子・天足彦国押人命が祖、蘇我氏系統が外祖父。小野氏・秩父氏・小山田氏を含めると武蔵国内の蘇我春日系勢力はかなり大きいものになる。現代で言うところの秩父、児玉、立川、八王子、町田、相模原。

いままでは武蔵国には突出して繁栄した氏族などいない、武蔵七党はバラバラ勢力だと認識していた。しかしその根底では蘇我系統のDNAで繋がっていたのだ。

私の勝手な憶測だが、藤原勢力に追放された蘇我系統勢力がどこに消えたのか?。フツヌシとウワハルとシタハルら『蘇我神』をめざし一部が武蔵国に都落ちして来たのではないかと...。前述したが春日神タケミカヅチとフツヌシは蘇我氏系統である。有道氏祖・舟瀬足尼(初代久自国造)が常陸経由で伊周失脚後に秩父に土着。平安時代に中央から派遣されてした蘇我系統小野氏と合流し土着。都に戻って藤原氏に仕えるくらいならいっそ土着した方が良かったのかもしれない。彼ら子孫が武蔵一宮・小野神社を守ってきた。 そして彼らは平将門子孫や桓武系平氏と結びつき、武蔵七党となり1221年『承久の乱』で蘇我の敵である藤原討伐を成し遂げたのだ。

 

 

関連記事

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

 

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com