セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

緊急続報!宇佐神宮の八幡神と比売大神の正体わかった。

2019,3,21 

拡散希望!宇佐神宮の正体わかった。今回はマジっぽいぞ。

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その①娘よ、子供は八子産みなさい。 - セキホツ熊の謎を追え!

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その② 八幡神の正体ついに判明か? - セキホツ熊の謎を追え!

 

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その③八幡神の比売様イトウ、熱海伊豆山にいた!? - セキホツ熊の謎を追え!

  

前記事の続報。

宇佐神宮にはどうやら彼岸3月18日に大切な例大祭があるようなのだ。ん…『彼岸』に例大祭?。彼岸とは先祖供養?。神仏習合の名残か?。何の彼岸だろうかと地図を見てみると。あ…。

f:id:sekihotu:20190316172423p:plain

 

周防灘の対岸に山口県防府市・玉祖神社が!!

地図を確認すると玉祖神社も宇佐神宮も互いに向き合う参道がある。二つをレイラインで繋ぐとウガヤ王朝本拠地・高千穂峰があ!!。あーああああああああ。 

前記事より、宮下文書ではタマノオヤとイワナガヒメ二柱は夫婦神である。そしてその子神がウサミ(伊東の宮)。孫がクマノクスビである。

 

◆玉祖神社(タマノオヤの死亡地)

◇宇佐神宮(比売大神イトウ=イワナガヒメ?)

 

周防灘はニニギ『外寇親征の役』から、九州・四国・本州に挟まれた防衛の要所である。それを両神が周防灘水門を守る。これこそが宇佐神宮の本来の姿ではないのか!?。

宮下文書によるとタマノオヤの死後、宇佐見が穴門の宮(玉祖神社?)を宇都志日金に託すとある。この宇都志日金は出自までは書かれていない。古事記においてはワダツミの子、阿曇連の祖。長野県安曇野の神様、『穂高見命』と同神とみられる。ウサミと宇都志日金はかなり親密であったと推測。ウサミのふるさと、伊豆山のある熱海は『アズミ』=『アタミ』。薩摩も熱海も熊野もアタ族と関係が深いとされる。ウサミは熊野にも関与している。さらに『日金』はイワナガヒメ死亡地の熱海・日金山を彷彿とさせる。

f:id:sekihotu:20190316232046p:plain 

調子に乗って。もうひとつの疑惑のポイント、静岡県熱海・伊豆山神社日金山にレイラインで結んでみる。やはり意味深な神社が多い。

・神武天皇の都、橿原神宮。

・三浦半島と熱海の走湯神社はアメノオシホミミを祀る。タマノオヤ実父。

・黒瀧神社と伊豆山神社は弘法大師・空海所縁の地。おそらく伊豆大神を神仏習合で封印した人物。

・『伊予』はイワナガヒメの父、オオヤマツミ死亡地。愛媛=コノハナサクヤ。

・佐賀藩(鍋島氏)は宇佐神宮に飛び地を持っていた。八幡や八龍社が多い。

・国東半島の日本最古のペトログリフ。

宇佐神宮と玉祖神社、どちらの創建が先かは判らないが。ウサミはタマノオヤの死後、その周防灘対岸に宇佐神宮を創設したのではないか?。そして親神を周防灘水門の守護とした。宇佐神宮と玉祖神社は、いわば彼岸の『対』なのだ。

f:id:sekihotu:20190321143215p:plain

 

ウガヤ王朝期の宇佐神宮とは。

初代ウガヤ王の時代、九州遷都のため再び西征。抵抗する大賊らの統治へ。海軍総大将がスクナヒコナとオオクニヌシの孫にあたる健磐龍命。その拠点として十万余神の軍勢を集めたのが『穴門の住防の宮』。穴門とは関門海峡の古名。これはおそらく長門一宮・住吉神社か?。

宮下文書曰く。初代ウガヤ王朝の代。豊玉男命の八子が海の守りの全国主要水門を守護。宇佐豊武命はタマヨリヒメの実兄。初代ウガヤフキアエズの義兄。

 

~豊玉男命の八子(娘は含まず)~

・宇佐豊武命 総元帥大本営 (宇佐の宮)

・佐津真命 (佐津真)

・日野前佐武命 (長崎)

・大阿佐彦命 (阿波)

・那珂三井男命 (初古崎)

・玉縣彦命 (対馬)

・石田明男命 (伊岐島 )

・羽茂猛命 (佐渡)

 

彼らは小高い岡の上に『八旗』を掲げ八幡大神宮と称した。これが宇佐神宮南の『御許山』なのか?。

但し、上の八子=八幡ではないと推測する。豊玉男命の息子たち八子は摂社・八子神社に祀られている。『承久記』には八幡=皇祖と定義されている。彼らは皇祖といえる立場ではない。

では八幡とは誰なのか?。

やはり私は八王子の一柱タマノオヤが相応しいと思う。そして比売大神イトウは伊豆大神イワナガヒメ。ホツマツタヱに登場するヤマタノオロチ(=ハヤコ・ハヤサスラヒメ)。ヤマタノオロチの転生がイワナガヒメとされる。

 

ヤマタ=ヤワタ(八幡)である。

 

神武天皇期の宇佐神宮とは。

それからウガヤ王朝51代後。神武天皇の代の海守大本営は3ヵ所、副本営本管副本陣を12ヵ所になる。やはり豊玉男命の子孫を元帥に配置。ホツマツタヱ研究者の間ではワダツミ系統は『海運』の氏族と思われている。もともとは『海軍』だったのではないか?。

 

海守三大本営大本陣

・武勇男命(摂津水門、住吉の宮)

・高照武命(中之島土佐和野の水門 高加茂の宮)

・武田建命(祖古都八ツ幡の宮)

 

 

もともと祀られていた住吉三神とは。

神武天皇の代から海守三大本営に『住吉三神』が祀られる。津都王三神=住吉三神とは歴代の偉人らしい。そういえば宮下文書所縁の北東本宮小室浅間神社にも祀られていた。

●住吉の宮・上津都王神(上筒之男命)天之世天之神七代の大御神

●土佐和野水門・中津都王神(中筒之男命)天之御中世火高見神十五代の大御神

●宇佐の宮再興・祖古都王神(底筒之男命)高天原世天神七代大御神

 

いずれも後世、神巧皇后の三韓征伐と関係している場所のようだ。

これらを裏付ける物的証拠があれば、宮下文書の信憑性は上がるであろう。

 

※因みに宮下文書では宗像三女は登場しない。恐らく宗像三女とは、神代後世の神様。元々宇佐で祀られていた『住吉三神』をコンセプトにした存在ではないか?。登場したのはホツマツタヱ成立前後か。

※因みに現在も宇佐の摂社『住吉神社』に住吉三神が祀られている。

※一般的に健磐龍命は神武天皇の孫とされている。幣立神宮にも関与しているという説がある。

※因みに、地図上『小野神社(益田)』は通称『八幡様』。小野氏は和邇氏枝性。

※フリー地図素材クラフトマップ使用。

 

www.craftmap.box-i.net