セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その①娘よ、子供は八子産みなさい。

f:id:sekihotu:20190224183347p:plain

八王子の解釈はそれぞれ。

 

 

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その② 八幡神の正体ついに判明か? - セキホツ熊の謎を追え!

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その③八幡神の比売様イトウ、熱海伊豆山にいた!? - セキホツ熊の謎を追え!

2019,2,28

八幡(やわた)とはなんだ? 

そう質問されて15代応神天皇と答えれば間違いはない。

しかし、ここでは他の可能性について考えてみたい。あくまで可能性である(笑)。

八幡神の始まりは29代欽明天皇の代、豊後国・宇佐神宮に顕示したという。

しかし私は富士王朝由来の気がしてならないのだ。

宮下文書によると『宇佐の宮』が登場するのは初代ウガヤ王の代。エビス(オオワダツミ)の曾孫・豊玉男命に『八子』がいた。この長男・宇佐豊武命が八旗(やわた)を祀り、八幡大神宮と称した。神武東征後に住吉三神を祀り『祖古津八ツ幡』と称される。

ホツマツタヱによるとアマテル誕生の記念に『八豊幡(ヤトヨ)』を立てたという。その孫ニニギもニハリの宮(筑波)で飾り付けに利用している。

鎌倉中期の『承久記』によると。八幡神はアマテラスに次ぐ皇室の守護神。皇祖神という位置付けらしい。

これら古文書は応神天皇=八幡神と定義するとは書いてない。そして記紀には八幡神は登場しない。

以上を踏まえて、私の妄想をお話しする(笑)。

八幡=八王子権現である。

 

f:id:sekihotu:20190223132131p:plain

宮下文書による八王子権現とイワナガヒメ子孫。


 

牛頭天王と八王子権現。

一般的に『八王子権現』というのはアマテラスかスサノオに関係する『八人の王子』のことだ。だがこれも文献や伝承ごとに違い、研究者たちを惑わせている。ただし共通しているのはアマテラスとスサノオの『縁』である。記紀では『誓約』と呼んでいる。考えてみれば、どの文献でもアマテラスとスサノオは不仲であった。仲直りしたということか?。

私は八幡と八王子権現の関係性を追っている。というのも『幡』という字が気になっているからだ。

 

どこかのブログで『幡』は『秦』氏だ、という記事を読んだことがある…。

まあそういう考えもあるのかもしれない…(棒)。

 

しかし『幡』とは機織りの語意である。

宮下文書において『幡』の字が最も相応しい神は、𣑥幡毘女(萬機秋津毘女)だ。タクハタチヂヒメは、織機の製造方法を四方州国に伝授した功績があり。アメノオシホミミとの間に八王子(皇子5人・皇女3人)を残している。

宮下文書の大きな特徴は、彼女がスサノオの娘であることだろう。つまりスサノオの血が入った孫らがニニギ、タマノオヤ、太八重美命、天母岬毘女(4子以外不明)。いずれも皆、歴史上重要人物となる。

そして『八幡』に似た意味不明の言葉『八雲』。タクハタチヂヒメの幼名が『雲津毘女』というのだ…。

 

鈴鹿御前の正体?。タクハタチヂヒメ。

少し話が逸れるが、のちのち重要なことになるので…。

征夷大将軍・坂上田村麿の英雄譚に由来する『鈴鹿御前』の正体は瀬織津姫との説がある。しかし、残念ながら瀬織津姫=ホツマツタヱが作り出した架空神であると私は判断している。そしてホツマツタヱでは鈴鹿峠に埋葬されたのはタクハタチヂヒメとする(ススカの神)。なぜホツマツタヱ記述をホツマツタヱ架空神で隠蔽しているのか?。疑問であった。

しかしこうして見ると、征夷大将軍に崇敬されている八幡信仰と鈴鹿信仰の重なる点がある気がしてならない。もしかしたら瀬織津姫にタクハタチヂヒメの要素が内包されているのかもしれない。

 

元祖エイトマン・スサノオ

話を戻して。

宮下文書には『8』の意味合いまでは書いていない。ホツマツタヱでは『10』達成できる人類の限界が『8』。転じて10(ヒト)=宇宙という。スサノオは別名『八佐加毘古命(ヤサカヒコ)』という。妃・稲田毘女は『八佐加毘女』。スサノオの制作した『八本の御剣(室雲の剣)』や『八太羽鏡(ヤタハノカガミ)』も八に因んでいる。スサノオは『8』が大好きなのだ。もしかしたら自分の娘に八子を産むようにリクエストしたのかもしれない(笑)。

宮下文書の独自の記述がある。八王子の一人ニニギ。実はかなりの不良少年だったというのだ。この辺ホツマツタエとは真逆の性格である。そこで祖父スサノオが出雲(阿祖北)に連れていって、ニニギに教育を施したという。他の弟妹も教育された可能性もある。これが八王子とスサノオ(牛頭天王)の由来になったようだ。

東京都八王子市ホームページにの街の由来が説明されている。牛頭天王が八王子を連れていたという。因みに八王子市は『機織り』の街である。市内には八王子城址『八王子神社』、小野氏由来『八幡八雲神社』がある。

つまり、かつてはアマテラスと対立していたスサノオが、アマテラスの子孫を指導者に育て上げた。そこに意味を持たせているのではないか?

そして気になるのは、、。どの古文書でもこの構成要因・男女5:3を堅持している。考えてみれば雛人形の三人官女と五人囃子である。この構成要因は、なにか重要な意味が隠されているのかもしれない。

 

※因みに、何度も書くが、宮下文書の出雲は阿祖北の山陰『出雲谷』、信州方面ではないかと思っている。個人的には長野県長野市富田の『皇足穂神社』や同市内豊野の『伊豆毛(いずも)神社』が怪しいと思っている。近くには戸隠山、飯縄山、皆神山がある。

※因みに、家系図アメノオシホミミはアマテラスの養子。

※因みに宮下文書表記ではタマオヤあるいはアメノタマオヤ。一般的にはタマノオヤ(玉祖命)として知られる。クマノクスヒコは一般的にクマノクスビ。本ブログでは便宜上タマノオヤとクマノクスビで統一させていただく。

 

②に続く。

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その② 八幡神の正体ついに判明か? - セキホツ熊の謎を追え!

『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その③八幡神の比売様イトウ、熱海伊豆山にいた!? - セキホツ熊の謎を追え!