セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

偽書のススメ5:応神天皇の子孫が残した宮下文書

f:id:sekihotu:20190216233727p:plain
富士王朝とウガヤ王朝は夏至レイラインで結ばれる。

2019,2,24

応神天皇より謎の存在、徐福と武内宿禰の謎の交流。

15代応神天皇が謎の存在なのは周知の通り。しかしもっとホラーな存在なのが、応神天皇腹心・武内宿禰である。
宮下文書でも、武内宿彌が長寿なのは確認した。7代孝霊天皇の代から12代景行天皇の代に登場。以後15代応神天皇とともに名前のみが登場。しかし、残念ながら出自がない(涙)。宮下文書記述のみで、少なくとも紀元前290~123年生きている。Wikipediaによると12代景行年間に生まれて300年、16代仁徳天皇まで仕えたとあり、世間一般認識よりも早く生誕していることになる。13代成務天皇と14代仲哀天皇の存在も謎とされ、この2代の年数を引けば武内宿禰の長寿も頷けるか(笑)。個人的に彼の出自は、蘇我氏系統か天足彦国押人命あたりと関係があるのかな?…と妄想している。
そのほかに興味深い点は、彼が富士高天原に来訪してきたときに、徐福に大変興味を示したという。徐福が日本に到来してきたのも7代孝霊天皇の御宇、紀元前219年。年代も符合するし、少なくとも富士高天原で二人は交流があったとされる。

宮下文書曰く『武内宿禰は大神宮に参拝に来たとき、隅々徐福の来朝のことを聞いた。そこで徐福の弟子になり、徐福やその子である福永に就いて、その教えを受けた。その後矢代宿禰をつれてきて父子供に徐福学を究めた。』

徐福の富士朝貢献度は高い、この宮下文書『神皇紀』も神代文字を漢字化したのも徐福といわれている。後述する応神天皇の皇子『大山守皇子』は徐福の子孫であると宮下文書に明記されている。ということは祖母・神巧皇后、或いは母・高城入姫命あたりが徐福の血縁なのか???。

宮下文書曰く『大山守皇子は徐福の子孫であるが故に徐福学を修得した。やがて後、徐福伝により又、古老の言い伝えに基づき、高間原神代実記と高間原神都実記などを録取して世に伝えた。』

f:id:sekihotu:20200102133014j:plain
北東本宮小室浅間神社から東に800mの旧社。徐福の痕跡がある。

応神天皇が東西を繋ぐ八幡神になった?。

12代景行天皇の意志を継いだ天皇勢力と富士朝は良縁、15代応神天皇は富士朝に二人の皇子を託してきた。その名も『大山守皇子』。いきなり皇子のお話で恐縮だが、残念ながら宮下文書には応神天皇・神巧皇后の記載は殆どない。しかしこの皇子がのちのちの富士朝にとって重要な人物となる。
神巧皇后摂政時代54年?(254年)二人の皇子が富士山朝に来訪、これが『大山守皇子』と『隼総別皇子』だ。二人はそれぞれヤマトタケルの愛娘・福地媛の娘『気久野采媛(菊野媛)』『女登利媛(桜山媛)』を妻とする。即ち12代景行天皇の曽孫娘に当たる。当初の彼らの目的は、天皇側によるお目付け役だった可能性もある。天皇側にしてみれば富士朝は気が気でない存在でもある。


f:id:sekihotu:20190224114511p:plain
宮下文書を継ぐ日本武尊と応神天皇の子孫たち

312年に15代応神天皇が崩御すると、大山守皇子は父の遺髪と神功皇后の弓矢を祀り、『高御久良神社』とした。応神天皇崩御御には良縁も束の間、富士朝背後の東国勢力が大山守皇子を奉じて16代仁徳天皇に反旗を翻す。東国勢力はヤマトタケルの東征を全く懲りていなかったようだ。東西勢力が福地川(現・静岡県富士川)を挟み激突、その間に大山守皇子は神奈川県伊勢原付近に隠れていた。これを後の『大山』とする。
<レイラインの美学⑬>鎌倉幕府と御室山の繋がりにみる御霊大神。三浦半島は富士朝のお膝元であった。 - セキホツ熊の謎を追え!
一方の仁徳天皇軍は、溺死体の一つを大山守皇子と誤認し、敵将を討ち取ったと撤収、富士朝側が敗戦するも決着はつかなかった。いやむしろ東西の認識の違い、誤解が深化した結果になったのか。Wikipediaによると西側の見解は全く違う、仁徳天皇の皇位を奪おうと策略し、宇治川(淀川?)渡航中転覆させられ溺死したとのこと。富士朝との戦争…いや存在そのものが完全にスルーされた虚しい結末。このころから富士朝の存在は徐々に低下し始めたのであろう。
以降、この大山守皇子子孫が富士朝の象徴である『阿祖山太神宮』の大宮司家・宮下家となる。ただし、形式上は宮下記太夫明仁彦(福地佐太夫後継の祖佐男命68代の後胤)と称した。以後宮下家により『宮下文書』は継承されてゆき、ヤマトタケル以降再び天皇家の血が富士山に回帰することとなる。そして大山守皇子・弟の隼総別皇子がその補佐・中宮司となる。
※大山守皇子のWikipediaは全く違う内容なので注意。
大山守皇子 - Wikipedia
話が逸れるが、前述の大山守皇子創建『高御久良神社』について、あくまで個人的に思うのは。福岡県『高良大社』の謎の神『高良玉垂命』とは、富士朝版・応神天皇信仰なのではないかということだ(妄想)。また京都『石清水八幡宮』境内にも『上高良社』と『下高良社』があり、上社には武内宿禰が祀られ、下社には高良玉垂命が祀られ『八幡の氏神』と表記されている。そして、大山守皇子の子孫が『太田氏』を称した。これは南北朝時代の太田道灌で有名な太田氏祖なのか?。一般的には太田氏は清和源氏・丹波国桑田郡『源広綱』を祖としているが…。後世、彼らは太田鍋島氏として九州佐賀に渡り江戸時代幕末に至る。この辺を調査中、分かり次第記事にしたい。


このように日本武尊と応神天皇は東西に血を分けた象徴となる、いわば歴史のクロスポイントだ。
但し、別記事でも後述するがどうやら『八幡神』というのは応神天皇遥か以前、古代富士朝の『西征』に登場した東国神であるようなのだ。八幡を祀る行為とは西国価値観の押し付けなどではなく、どちらかというと東国『富士朝』価値観。後世歴代征夷大将軍たちがその威を借り、統治と調和に戦争利用したのではないか?。東西の融合承認された価値観だからこそ、権力者にとっては、東国民も西国民も平伏す免罪符として利用できた。まさに『軍神』である。

※応神天皇ではない、オリジナル『八幡神』については下リンクより↓
『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その①娘よ、子供は八子産みなさい。 - セキホツ熊の謎を追え!
『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その② 八幡神の正体ついに判明か? - セキホツ熊の謎を追え!
『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その③八幡神の比売様イトウ、熱海伊豆山にいた!? - セキホツ熊の謎を追え!
緊急続報!宇佐神宮の八幡神と比売大神の正体わかった。 - セキホツ熊の謎を追え!
神武東征後に玉はどこへ消えたのか?。橿原神宮は三種神器に護られた八幡神クロスポイントだった???。 - セキホツ熊の謎を追え!



f:id:sekihotu:20190224140003j:plain
太神宮をはじめとする富士七廟の一つ。山梨県富士吉田市の福地八幡宮

f:id:sekihotu:20190224140946j:plain
福地八幡宮には寒川彦命(オオヤマツミ)も祀られていた。


www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com


※地図はクラフトマップ使用。
www.craftmap.box-i.net