セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

偽書のススメ4:富士王朝救世主、日本武尊

f:id:sekihotu:20190216233727p:plain
富士王朝とウガヤ王朝は夏至レイラインで結ばれる。

2019,2,24

日本武尊と八幡神、そして『東征者』たち

不思議にも、富士朝は危機になると救世主が現れるのだ。
皆さんは『ヤマトタケル』と『八幡神』と聞いて、何を思い出すだろうか。無論ココで言う八幡神というのは、15代応神天皇の事ではあるが。とかく関東の人々にとっては、この二柱が一番馴染みやすい御神祭になるかもしれない。
大和天皇勢力の象徴としてヤマトタケルや応神天皇、何故こうも日本全国に祀られているのか?。それは東西統合の象徴であり共通項でもあり、そして東西血を分けた架け橋の意味もあるのだ。私はてっきり西国価値観のゴリ押しかとおもっていたのだが...。
日本史において『征夷大将軍』あるいは『東征者』も重要キーワードだ。なぜ源義家(八幡太郎)が西国・宇佐神宮の象徴を掲げつつ、アメノオシホミミや瀬織津姫など富士朝象徴を崇敬したのか。どうやら『東征者』には必勝パターンがある。静岡県熱海市の『伊豆山神社』や『来宮神社』に立ち寄り宇佐八幡神を広めた功労者でもある。それがヤマトタケルや坂上田村麻呂や源頼朝や徳川家康ら『東征者』なのだ。
『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その①娘よ、子供は八子産みなさい。 - セキホツ熊の謎を追え!
『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その② 八幡神の正体ついに判明か? - セキホツ熊の謎を追え!
『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その③八幡神の比売様イトウ、熱海伊豆山にいた!? - セキホツ熊の謎を追え!
緊急続報!宇佐神宮の八幡神と比売大神の正体わかった。 - セキホツ熊の謎を追え!
<まとめ+追記>八幡神と比売大神イトウの正体わかった!宇佐神宮・伊豆山神社・天孫降臨・八王子権現のまとめ。 - セキホツ熊の謎を追え!
偽書のススメ6:さらば富士王朝。延暦噴火だ緊急避難せよ坂上田村麿。 - セキホツ熊の謎を追え!


f:id:sekihotu:20191005115844j:plain
アマテラス生誕地?あるいは福地媛生誕地?『酒折宮』

制圧するつもりで、つい救世主となってしまった?日本武尊。

東征者として一番有名なのが、景行年間のヤマトタケルであろう。宮下文書によると、『四十庚戌年(110)、高天原阿祖山太神宮の副宮守同長・阿祖彦王は他の神祇の後胤・武佐加彦等四十八将と神都復旧を企て、謀反を起こした』。12代景行天皇は、皇子ヤマトタケルを『征夷大将軍』に任命。吉備彦命(藤原物部系統)と大伴武日命(蘇我大伴系統)を副将に遣わし、富士朝内の反乱を鎮圧させた。その足で、さらに富士朝を支援していた東北諸国まで統治させた。
関東には彼由来の神社が驚くほど存在しており、正確な東征ルートは見えてこない(文献によりかなり違う)。そして『将軍』という言葉自体、元祖・巨勢麻呂『征夷将軍』(709年)以前からあったことになる。
東征中に妃・美夜受姫(天別天之火明命の子孫)が福地媛を懐妊、この福地媛が後に富士朝の阿祖山太神宮大宮司・福地佐太夫命妻となる。結果的に天皇家の血が、再び富士朝に合流したことになる。そしてもう一人の功労者が、ヤマトタケル妃の橘媛命(オトタチバナ)。宮下文書でも僅か記載されるが、出自は不明。このオトタチバナが、相模湾に投身し嵐を平定させ、ヤマトタケル東征が為されたのは各文献で一致している。
おそらくヤマトタケルの当初の目的は、九州熊襲同様に富士朝制圧だったはずである。しかしどういう心変わりか、好戦的な父・景行天皇に富士朝存続を進言していたようだ。おそらくはオトタチバナへの情と、富士朝に嫁いだ娘可愛さであろう…。景行天皇が続編中のホツマツタヱに『富士朝』を刻んで欲しいと。こうして、景行天皇は戦後に態度を一転、愛慕していたヤマトタケルに動かされ富士朝にやってくる。
宮下文書曰く『武内宿彌を導きとして、ついに高天原に上ってこられたのであった』。
緊急続報!氷川神スサノオの転生であった『日本武尊』、目指したのはあの重心点だった!。津島越え伊勢路に死す『墓場までのレイライン』。 - セキホツ熊の謎を追え!
<レイラインの美学⑩>酒折宮と恵那山と血洗池。日本武尊が生涯をかけて描けなかった富士朝改竄ライン。 - セキホツ熊の謎を追え!
<神社めぐり>武蔵の国の富士隠し、大室八幡神社とホツマツタヱ『ムハタレ』の意外な接点。 - セキホツ熊の謎を追え!

f:id:sekihotu:20191014210901j:plain
酒折宮鳥居。

『ハラカラ兄弟』誕生

このようにヤマトタケルの進言により、ホツマツタヱでは富士朝の存在が僅かに刻まれた。大和と富士山は兄弟として描かれている。弟ニニギ(富士山勢力)は、兄クシタマホノアカリ(大和勢力)に常に気配りをする人格者であったと…。つまり転じて『ハラカラ(兄弟)争うべからず』となり、教訓として語り継がれている。ホツマツタヱという古文書は妙に人間臭く、説教臭い。そこが面白いのだが…。
上写真は山梨県甲府市酒折『酒折宮(サカオリノミヤ)』。ホツマツタエではアマテラスの生誕地であり、宮下文書だと景行天皇の孫・福地媛の生誕地となっている。景行天皇が愛孫をホツマツタエの『アマテル』に准えていたことが伺える。但しサカオリ比定地は複数あるとも見れ、宮下文書比定の『坂下の宮(サカオリノミヤ)』は阿祖山太神宮南(現在の山梨県富士吉田市)に存在し、延暦噴火以降埋没したとみる。また同県笛吹市御坂町には『坂折天神社』が存在し、サカオリ元祖を主張している説があるという。甲府市酒折『酒折宮』も、もともと御室山古墳中腹にあったようだ。そして興味深いことに酒折旧跡には『古天神社』が存在する。ヤマトタケルと天神との繋がりが見えてこないのであるが…単なる偶然か?。現在調査中、分かり次第別記事にしたい。
大国魂神の秘密。スクナビコナとオオクニヌシを並祀する本当の意味/健磐龍命悲しき英雄。 - セキホツ熊の謎を追え!




※因みにハラ=原=孕み山。つまり富士山(福地山のち不二山)のことである。富士山は時代ごとに名称を変えている。
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com




※地図はクラフトマップ使用。
www.craftmap.box-i.net