セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

偽書のススメ4:富士王朝救世主、日本武尊

f:id:sekihotu:20190216233727p:plain
富士王朝とウガヤ王朝は夏至レイラインで結ばれる。
www.craftmap.box-i.net

前回www.sekihotu.com
2019,2,24

日本武尊と八幡神。

不思議にも、富士山王朝は危機になると救世主が現れるのだ。
皆さんは『ヤマトタケル』と『八幡神』と聞いて何を思い出すだろうか。とくに関東の人々にとってはこの二柱が一番馴染みやすい御神祭だろう。
大和天皇勢力の象徴としてヤマトタケルや八幡神、何故こうも日本全国に祀られているのか?。それは東西統合の象徴であり共通項でもあり、そして東西血を分けた架け橋の意味もあるのだ。私はてっきり西国価値観のゴリ押しかとおもっていたのだが...(笑)。
『征夷大将軍』あるいは『東征者』もキーワードだ。なぜ源義家(八幡太郎)が西国・宇佐神宮の象徴を掲げつつ、アメノオシホミミや瀬織津姫など富士王朝象徴を崇敬したのか。どうやら『東征者』には必勝パターンがある。静岡県熱海市の『伊豆山神社』や『来宮神社』に立ち寄り宇佐八幡神を広めた功労者でもある。それがヤマトタケルや坂上田村麻呂や源頼朝や徳川家康ら『東征者』なのだ。
『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その①娘よ、子供は八子産みなさい。 - セキホツ熊の謎を追え!
『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その② 八幡神の正体ついに判明か? - セキホツ熊の謎を追え!
『八幡』『八雲』『八王子権現』の奇妙な共通点 その③八幡神の比売様イトウ、熱海伊豆山にいた!? - セキホツ熊の謎を追え!
緊急続報!宇佐神宮の八幡神と比売大神の正体わかった。 - セキホツ熊の謎を追え!


制圧するつもりで、つい救世主となってしまった?日本武尊。

12代景行天皇は征夷大将軍ヤマトタケルと吉備彦命(藤原物部系統)と大伴武日命(蘇我大伴系統)を副将に遣わし富士王朝内の反乱を鎮圧させた。その足でさらに富士王朝を支援していた東北諸国まで遠征させた。宮下文書によるとヤマトタケルは正式に景行天皇から『征夷大将軍』に拝命されており、将軍の言葉自体はかなり以前からあったことになる。
東征中に妃・美夜受姫(天別天之火明命の子孫)が福地媛を懐妊、この福地媛が後に富士王朝大宮司・福地佐太夫命妻となる。結果的に天皇家の血が再び富士王朝に入った形だ。そしてもう一人の功労者がヤマトタケル妃の橘媛命(オトタチバナ)。宮下文書でも僅か記載されるが出自は不明、日本書紀では物部氏族の穂積氏とされる。このオトタチバナが相模湾に投身し嵐を平定させヤマトタケル東征が為されたとのこと。
おそらくヤマトタケルの当初の目的は九州熊襲同様に富士王朝制圧だったはずである。しかしどういう心変わりか、好戦的な父・景行天皇に富士王朝存続を進言しつつ死んだ。おそらくは富士王朝に嫁いだ娘可愛さであろう…。景行天皇が続編中のホツマツタヱに『富士王朝』を刻んで欲しいと。こうして、景行天皇は愛慕していたヤマトタケルに動かされ富士王朝にやってくる。
宮下文書曰く『武内宿彌を導きとして、ついに高天原に上ってこられたのであった』

f:id:sekihotu:20190223203320j:plain
アマテラスか福地媛の生誕地?山梨県甲府市・酒折宮

『ハラカラ兄弟』誕生

ホツマツタヱでは富士王朝の存在が僅かに刻まれた。大和と富士山は兄弟として描かれている。弟ニニギ(富士山勢力)は兄クシタマホノアカリ(大和勢力)に常に気配りをする人格者であったと…。つまり転じて『ハラカラ(兄弟)争うべからず』と同義となり、教訓として現代に語り継がれている。ホツマツタヱという古文書は妙に人間臭く、説教臭い。そこが面白いのだが…。
上写真は山梨県甲府市酒折『酒折宮(サカオリノミヤ)』。ホツマツタエではアマテラスの生誕地であり、宮下文書だと景行天皇の孫・福地媛の生誕地となっている。景行天皇は愛孫をホツマツタエのアマテラスに准え、富士王朝に対する態度を一転させたのだ。宮下文書の坂下の宮(サカオリノミヤ)はもともと御室山古墳中腹にあったようだ。

※因みにハラ=原=孕み山。つまり富士山(福地山のち不二山)のことである。富士山は時代ごとに名称を変えている。