セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

祖国のために死んだ神『生島・足島』と『事代主』の関係。天皇守護の宮内八神殿とは何なのか?

f:id:sekihotu:20190831163611j:plain

静岡県伊東市十足『引手力男神社』。祭神はコトシロヌシの御子か?


 

大室山・伊豆国火之神の誕生秘話。イワナガヒメとコノハナサクヤの姉妹喧嘩に見る真相とは。 - セキホツ熊の謎を追え!

<まとめ+追記>八幡神と比売大神イトウの正体わかった!宇佐神宮・伊豆山神社・天孫降臨・八王子権現のまとめ。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

<神社めぐり>伊豆山神社①、封印された古代女神信仰イワナガヒメと伊豆山神社のナゾをおえ! - セキホツ熊の謎を追え!

<神社めぐり>伊豆山神社②、子恋の森を抜けて『黄泉の国』日金山を目指す。白山権現=岩殿観音=十一面観音のナゾ。 - セキホツ熊の謎を追え!


 2019,9,1

 

『八神殿』『宮中八神』のイクシマ・タルシマとコトシロヌシの正体。

皆さんは生島足島(イクシマ・タルシマ)という言葉を聞いたことあるだろうか?。

宮中八神として有名であるが、実際のところは何の神かわからないという。それもそのハズ、記紀やホツマツタヱでは天孫降臨ニニギは国土開発神として伝えられてきた。このニニギ=農業の神というのが、そもそもの間違いである。これが宮下文書的になると『国防の祖』『軍神』となり、外国人と戦争をしていた神となる。軍神ニニギに従っていたイクシマ神とタルシマ神とは、『神道』と『日本の主権』を死守した英霊なのだ。

偽書のススメ2 :ニニギや神武は何と戦っていたのか? - セキホツ熊の謎を追え!

上の記事にも書いたが…歴史は改竄されるのが当たり前。よく考えてみれば右翼とはかつての左翼の事であり、左翼勝者が歴史を塗り替えるわけだ。過去次々襲い掛かる外国人から国を守った先住民の美談は、刺激が強すぎる。10代崇神~12代景行天皇の代には国内の支配層に組み込まれた渡来人を敵視させるわけにはいかず、不要な神話とされたようだ。だからといって神々を邪険にも出来ず、意味合いや神名を変えて今も祀られているのか。

ホツマツタヱによってニニギは『開拓の祖』にされ、外国人との戦争の歴史は封印されてしまったわけだ。

 

~宮中八神『八神殿』天皇家守護の八神~

第一殿 神産日神 神皇産霊神

第二殿 高御産日神 高皇産霊神

第三殿 玉積産日神 魂留産霊

第四殿 生産日神 生産霊

第五殿 足産日神 足産霊

第六殿 大宮売神 大宮売神

第七殿 御食津神 御膳神

第八殿 事代主神 事代主神

 (古語拾語記載の神名)

 

~長野県上田市『生島足島神社』~

創建:不詳

社格:名神大社。

主祭神:生島大神・足島大神(タケミナカタが祀った地主神とのこと)

諏訪神社(下の宮):タケミナカタ・コトシロヌシ・ヤサカトメ

境内社:誉田別命・タマヨリヒメ・イザナギ・ニニギ・コノハナサクヤ・祓戸十三柱(瀬織津姫他)

日本国中心を自称、『日本国総鎮守』とされる。崇神の代に東北からの賊の侵入を阻む目的で創建された。他方でタケミナカタが祀った地主神という説もある。

 

f:id:sekihotu:20190223145126p:plain


 

『知仁勇の賢神』コトシロヌシに究極の忠義をみた…。

仁人木尊(ニニギ)の時代に大陸人が日本の附地見島(九州・筑紫)に攻めてきた。

ニニギは周防を拠点に、武知男命(大物主)を総軍司令頭長とし、経津主命・武甕槌尊・玉柱屋命・建御名方命の四軍神を軍大将とした。当時すでに『剣』『弓』が存在していたが、弓・石・木・棒・焚火での原始的戦闘だ。投げ合い・殴り合い・叩き合い中心であり、かなり効率の悪い過酷な争いになったであろう。

参謀職として陣中に少名毘古那命と事代主命をおいた。

 賊将軍勢は南島(四国)に展開してきた。そのため作田毘古命(サルタヒコ)を御前にニニギの后・阿田都毘女尊(コノハナサクヤ)と味耜託彦根命と興玉命を副将として軍勢8500神を率いて南島(後の愛媛)に当たらせた。後世アジスキタカヒコネが四国の神、賀茂氏祖とされる理由はこの辺にあると思われる(賀茂氏は宮下文書に登場しない)。

当時8500人もの兵隊が集団行動していたかは疑問が残る。個人的にはもっと原始的な戦争を想像している。

 ニニギはコトシロヌシの長子『天之手長男命』と妃『神手長比女命』を対馬と行島(壱岐島)の最前線を守らせた。二人は戦死、後に壱岐島・石田の南山と北山に葬られた。これは壱岐国一宮『天手長男神社』にほぼ間違いない。

 

~長崎県壱岐市郷ノ浦町『天手長男神社』~

創建:弘仁2年(811年)

社格:名神大社・壱岐一宮。

主祭神:天忍穂耳尊・天手力男命・天鈿女命

境内:1940年(昭和40年)天手長比売神社、物部布都神社、若宮神社、宝満神社、粟島神社が合祀された。

 

但し注意すべきは、後世の神武時代に宇佐八子(豊玉彦命)の7子・石田明男51世孫にほぼ同名『天手長男命』が登場している。伊岐(壱岐)島本営から副本営副本陣を設けて元帥に着任している。なにかしら混同された恐れもある。 

天手長男神社Wikipediaによると現在、御祭神の『天手力男命』はタジカラオと解釈されているようだ。しかしタジカラオが『海神』として祀られるのもおかしな気がする。宮下文書による解釈では、合祀された旧村社『天手長比売神社』は妃『神手長比女命』が祀られていたとみる。

天之手長男命には息子三兄弟がおり、『事武男命』『事勇男命』『事力男命』が後任にあたる(下の家系図参照)。事勇男命と事力男命は対馬にて戦死。事武男命は南山の峰、事力男命は北大山に祀る。対馬市巌原町『多久頭魂神社』と対馬市上県町『天神多久頭魂神社』に関係あると推測。その後、事武男命も壱岐島(行島)の原山にて戦死、場所は不明。

附地見島では、尾茂太留尊(オモタル)の五子『武佐太毘古命』が防衛していた。『松浦の湊』(長崎県松浦市?)にて戦死。

 

生島大神のイクシマとは行島(壱岐島)のこと。壱岐島と対馬で死んだコトシロヌシ孫、天手長男命三御子のことであると推測。

足島大神のタルシマとは尾茂太留(オモタル)尊の五子でスクナビコナとコトシロヌシ弟にあたる武佐太毘古命ではないか?。武佐太毘古は附地見島(筑紫)の松浦で戦死した。これは私見だが、『タル』とはコトシロヌシの父・尾茂太留(オモタル)ではないかと。祭祀上はコトシロヌシ弟にあたる『武佐太毘古命』のことではないだろうか?。

 

f:id:sekihotu:20190831213824p:plain



南島(現・愛媛県伊予市周辺)では、コノハナサクヤが再会したニニギと喧嘩をし、高天ヶ原に帰って自殺をしてしまう事件が起こる。詳細は下リンクにて。

大室山・伊豆国火之神の誕生秘話。イワナガヒメとコノハナサクヤの姉妹喧嘩に見る真相とは。 - セキホツ熊の謎を追え!

富士高天ヶ原にてナサクヤの死後、霊石は武知男命(大物主)の弟・石凝姥命が掘り出した。

訃報を受けニニギも一端、高天ヶ原に戻る。三種神器を『阿祖山太神宮』に納め奉り神軍勝利を祈願、軍勢を立て直した。そして外寇戦争に勝利した。

戦後コトシロヌシは家族らの功績が評価され『子孫一族を東北国に於ける海々までの総司令頭長の家と定めた』。『命は越後の蒲原の里に宮を建てて住んだ。これを伊夜(伊彌)の宮という』。現在の新潟県西蒲原郡弥彦村『彌彦神社』や秋田県大仙市『伊豆山神社』はその痕跡と思われる。※ただし彌彦神社は疑問が残る(後述)。

事代主は残された曽孫『武長雄命』を養育するが、病弱で12歳で亡くなった。この時点でコトシロヌシに残された親族は妻『高照毘女命』と次男『天香護山命』となる。

ニニギはコノハナサクヤやコトシロヌシ家族への負い目があったのだろう、現代でいうところの戦後の心的外傷後ストレス障害(PTSD)で苦しんでいた。彼は日に日に衰弱し、ついには身体にも異常をきたした。それをみんなで元気付けようと、サルタヒコが猿回しを披露し、アメノウズメが踊り、イシコリドメが焚器を棒でうち叩き音頭をとった。コトシロヌシとタカテルヒメがニニギの左右でご機嫌をとった。しかし彼は回復せず、そのまま衰弱死する。コトシロヌシにとっては死んだ家族への無念な気持ちもあったのだろう。だからこそニニギには元気でいて欲しかったようだ。

そしてコトシロヌシとタカテルヒメ夫妻も後追い殉死する。後世に『知仁勇の賢神』として信仰を集め、イクシマ・タルシマとともに天皇守護八宮として祀られたのではないか?。この主君に対する忠義の姿勢は、少なからず後世『武士道』にも影響を与えたとみる。悪く言えば武士の無用なハラキリを助長させたともいえるが…。

こうしてコトシロヌシ宗家が途絶え、次男『天香護山命』の家系のみが残った。天香護山命は神皇一代ウガヤフキアエズの時代にコトシロヌシの後を継ぎ『本州東北地方の総司令頭長の職』に就任。

神武の時代になると大国主子孫・三輪氏族にも同名別神『天香護山命』が登場しており、これが後世に三嶋神コトシロヌシを三輪氏族と混同されるきっかけになったとみる。三輪氏『天香護山命』はオオクニヌシ56世孫『大力太命(豊徳知貴命)』の四子、越後国造となり伊彌の宮と称した。つまり現代の新潟県彌彦神社にはコトシロヌシ次男と三輪氏族天香護山命と、どちらが祀られていてもおかしくないのである。神武の時代は、中国地方渡来系を鎮静化したばかりの時勢、彼らの暗躍も干渉も少なかったのである。またコトシロヌシ御子を産んだ妃『タカテルヒメ』は大国主の妹、つまり三輪氏と同祖。純粋に『国防の祖』コトシロヌシ親子を崇敬していたのではないか?。三輪氏が奇妙になるのは10代崇神天皇のホツマツタヱ時代の自称スサノオ子孫・オオタタネコ登場あたりとなる。

彌彦神社Wikipediaをみるに、この彌彦神社の末社『十柱神社』は本来大己貴神のみを祀っていたそうだ。おそらくは大国主子孫の三輪氏族系の神社であり、三輪氏族『天香護山命』を祀っていると思う。熱海や伊東からレイラインを構成している拠点神社だけに、これは難しい問題となる。

なぜかというと三輪氏族とは三嶋史をホツマツタヱで隠蔽してきた当事者、コトシロヌシにとっては不愉快?な存在なのだ。コトシロヌシはオオクニヌシやスサノオとともに三輪氏族に乗っ取られ渡来系出雲神に改竄されてしまった。三輪氏族(賀茂氏)が衰退するとコトシロヌシ(一言主)信仰は縮小して、エビス様信仰と混同されてしまう。宮下文書において『栄日子(エビス)』とはヒルコ、オオワダツミのことである。

 

f:id:sekihotu:20190831182356p:plain

※参考

~享年~

コトシロヌシ(?)

カモサワヒメ(46歳)

オオヤマツミ(24歳)

ニニギ(43歳)

コノハナサクヤ(34歳10才)

スクナビコナ(83歳)

サルタヒコ(446歳)

スサノオ(433歳63才)

※宮下文書の年齢算出は方法によって開きが出るらしい、あくまで目安。

 

 

f:id:sekihotu:20190907205703p:plain

 

伊豆の謎の神『引手力男』、伊豆国改竄の歴史とは?

伊豆国式内社『引手力命神社』の比定候補は静岡県伊東市『引手力男神社』と静岡県沼津市・大瀬崎にある『大瀬神社』がある。この御祭神の引手力男命が誰なのかがよく問われるのだ。前述した壱岐国一宮『天手長男神社』のようにタジカラオにも見えるが…、伊豆国でタジカラオが『海神』として祀られる理由があるのか?。やはり伊豆国といえば三嶋神コトシロヌシ、コトシロヌシ家族と考えるのが順当であろう。天之手長男命は現在で言うところの最前線の海兵隊で、海を守っていたわけだ。そして伊豆国改竄史の痕跡ともとれる。

結局、宮下文書的には『天之手長男命』諱『手長雄命』に比定されそうだ。しかし資料が少ないので断定は難しいところ。前述したが、後世の神武時代に宇佐八子(豊玉彦命)の7子・石田明男51世孫にほぼ同名『天手長男命』が登場している。伊岐(壱岐)島本営から副本営副本陣を設けて元帥に着任している。豊玉彦命7子・石田明男は伊豆にも所縁がある。三島にて太平洋離島管理もしていたようだし、なにかしら混同された恐れもある。 

 

 伊豆には独々の神名が多い。三嶋神の後后『伊古奈比咩』、三嶋神と本后あるいは前后・阿波咩命との子『物忌奈命』などなど。伊豆独自の神話体系は、三嶋神コトシロヌシを創造主に妃や子供といった家族関係、あるいは『海からやって来た』という伝承だ。

宮下文書読者は大体この辺が迷うだろう(笑)。三嶋神コトシロヌシは富士高天原先住民のただ一柱であり、創造主でも渡来系でもない。

 さらに三嶋神は三宅島や神津島など島々にネットワークを張っているという。古来から伊豆諸島には海上往来があったようだ。恰も新しく海洋民族コトシロヌシが日本に入植してきたか如き伝承だ。三嶋の信仰は海から来て下田市白浜に上陸した。現在も静岡県下田市白浜『伊古奈比咩神社』が伊豆国最古の一宮を自称している。その後は静岡県伊豆の国市『廣瀬神社』に移動し、現在は三嶋大社に移動したとのことだ。

 

~三嶋神の経緯~

『伊古奈比咩神社』→『廣瀬神社』→『三嶋大社』

 

この伝承が私にとっては最大のネックになっている。三嶋神は本当に渡来してきたのだろうか?。

もし真実であれば宮下文書上の三嶋史は嘘になる。

一般的には三嶋の伝承は愛媛県伊予一宮『大山祇神社』に由来しているともいわれる大三島(御島)にあるともいわれる。これは宮下文書におけるオオヤマツミ死亡地に比定される。あれ?伝承では、四国ではなくて海外から来たんじゃないのか?。つまりはいろんな嘘が混ざり合い矛盾だらけで、めちゃくちゃなのが証明されたわけだ。

宮下文書で『三島』とは伊豆半島と本州の入り江。当時は海が内陸部まで侵入して三嶋大社付近も海だった。宮下文書曰く『御送り沢と伊豆海と、駿河海との三出張崎の浜であることから、三島浜と称した』という。三嶋信仰は半島北部三嶋大社付近発祥なのであり、伊豆半島南部の下田ではない。ましてや愛媛県伊予一宮『大山祇神社』でもない。

f:id:sekihotu:20190609113810p:plain

伊豆国三嶋大社・加茂澤毘女にトコトコついてくる瀬織津姫の不思議①。 - セキホツ熊の謎を追え!

伊豆国三嶋大社・加茂澤毘女にトコトコついてくる瀬織津姫の不思議②。 - セキホツ熊の謎を追え!

 では三嶋神=渡来系という伝承は何処から発生したのか?。

『海の向こうからやって来た』とは、具体的には何処を指しているのだろうか?。5代孝昭天皇時代の熱海沖初島に漂着した初木姫の様に日向国からだろうか?。それとも東南アジア?中国…。

伊古奈比咩神社Wikipediaによると。鎌倉時代にできた縁起『三宅記』には、6代孝安天皇元年に三嶋神は『天竺』から至り、島焼を行ったとする。宮下文書曰く、孝安天皇時代には熱病・悪疫が流行したと記載されている。島焼とは悪疫対策ではないか…?。ただし『天竺』とは記載がないし飛躍しすぎだなぁ…なんか鎌倉期の神仏習合の匂いがする。平安期の延暦噴火の後、富士王朝は溶岩に埋没し、すでに存在感を消している。源頼朝は実に複雑な人間で…富士王朝を崇敬していたがために、延命目的でウエツフミなどの痕跡を隠していた節があるのだ。まあほとんど陰謀論だが。

三嶋神の後世に、伊豆は渡来系勢力に緩やかに淘汰されたとも考えられる。伊豆の神々は東国の歴史隠蔽のために改名された、あるいは存在自体すり替えられた、その上で海外から渡来系民族が合流してきたことにした…と考えればいいのだろうか?。私は海流や伊豆の地形から渡来系民族の可能性は否定はしない。古来より関東地区などはかなり外国人が入植しているというのを聞いたことがある。

実際のところどうなのか?。

ここで宮下文書的に整理してみよう。三嶋神コトシロヌシの家族というのは、高天ヶ原先住民で娘カモサワヒメであり、孫娘がイワナガヒメのことなのである。ま。冷静になって思うと…実はそもそもが『海からきた民族』なのである(笑)。というのは宮下文書ではタカミムスビの子供クニトコタチとクニサツチは蓬莱山を目指して海外からきているのだ。

これは時系列の前後すり替えである。伊豆の大筋の伝承では富士高天ヶ原先住民の後にコトシロヌシ勢力がやって来たという解釈もできるのだが、どの時点でどの勢力が『先住民』かの特定は難しいであろう。まあ、高天ヶ原先住民渡来以前に日本で生活していた原住民もいたのかもしれない…そこは宮下文書にも記載はない。

 

すると伊豆オリジナルの神とは結局誰か?。結論をいえば曖昧になってしまうのだが。三嶋神であり、三嶋神妃カモサワヒメであり伊豆大神イワナガヒメであろうと思うのだ。伊豆神といわれる『伊古奈比咩』『物忌奈命』『見目神』、このあたりも名前をすり替えられた富士王朝由来神でもおかしくはない。

伊豆史は神仏習合や火山でだいぶ喪失していると思われる。神名も後世に書き換えられたものもあるだろう。残されていたとしても比定が難しい。…修復出来ないほどにめちゃくちゃにされているのは間違いない。

 

※次回記事…。静岡県熱海市の『来宮神社』にイクシマタルシマ信仰の痕跡を見つけた。

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

※地図はクラフトマップ使用。

www.craftmap.box-i.net