セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

偽書のススメ2 :ニニギや神武は何と戦っていたのか?

f:id:sekihotu:20190216233727p:plain
富士王朝とウガヤ王朝は夏至レイラインで結ばれる。
www.craftmap.box-i.net

2019,2,18

神武東征の真実。

神武東征(紀元前660年ころ?)の理由とは。
ホツマツタヱによると、ナガスネヒコが秘伝の代嗣文を写本してしまい批判される。さらに彼の悪政が諸国の怒りを買い、神武が成敗する。

一方、ウエツフミと宮下文書はかなり類似点がある。
宮下文書によると51代ウガヤフキアエズ・弥真都男(ヤマトオ)尊の時代、ウガヤ王朝は大和(奈良県)へ東征した。きっかけは朝鮮勢力『禍津亘理彦』が皇族子孫『真佐勝彦命』を奉じ反徒させ戦争を起こそうとした。禍津亘理彦らは中国地方(出雲勢力?)を本拠地とし、裏で新羅軍を手引きしようとしていた。
東征最大の目的は禍津亘理命に操られている長髄彦(ナガスネヒコ)討伐。宮下文書曰く『実はナガスネヒコは白木(新羅)人』、その新羅勢力にウガヤ皇太子『五瀬命』が殺された。驚いた皇族関係者が全国から集結、その意志を継いだのが五瀬王・弟『神日本磐余彦火火出見天皇』すなわち後の神武天皇である。神武が紀伊半島を東に回り大和入りしたのは、富士王朝(東国)軍の合流待ちであったという。神武天皇側陣営が『速玉之緒』『速玉山田(天日方奇日方命)』=藤原物部氏系統。『甘美眞遅命(ウマシマジ)』=蘇我大伴氏系統である。
大和国を舞台とした神武東征と同時並行し、東国軍団(タケミカヅチとフツヌシの子孫・蘇我大伴系統)が中国地方『禍津亘理彦』を撃破した。そのフツノ剣とヤタガラスの教えが富士王朝より届き、神武皇軍を大いに奮起させた。これが石上神宮『フツノミタマ』と春日鹿伝説の由来であろう。そして蘇我大伴系統ウマシマジが『某計をもって』ナガスネヒコを欺き陣中に潜入、自決に追い込んだ。
ウエツフミではきっかけは食料難としつつもナガスネヒコと新羅の背後関係を指摘している。ウエツフミのウガヤ~神武天皇に関する記述量は多い。しかし富士王朝を完全に無視し、九州が日本の中心だとする展開はむしろ『記紀』に近い。
※因みに一般的には物部氏祖神ニギハヤヒの子神とされるのが宮下文書には登場しない。後世の歴史改竄での付会であろう。宮下文書ではウマシマジは蘇我大伴氏系統である。蘇我・大伴・藤原・物部世に伝わる家系図は間違いだらけだ、絶望的に改竄されている。詳細は下リンクより。
<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。 - セキホツ熊の謎を追え!
<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった②。中臣・蘇我・大伴編 - セキホツ熊の謎を追え!

敵から身内へ、渡来系に対する転換期

そもそもウガヤフキアエズ王朝の役割は九州における国外大陸監視であった。ウガヤ24代に外寇がおこり暴風により敵軍が壊滅、ウガヤ36代には三年三か月戦い撃退。しかし漂着民はすっかり本土へ入り込んでしまっていた。故に都を日本の中心『大和』据え、国内における渡来系を見張る時代へとシフトした。
しかし結局は時代の流れだろう、渡来系は着実に侵食して政権に加わる。災害の頻発した欠史八代後10代崇神天皇~12代景行天皇の頃は、もはや渡来系出雲と迎合するしか選択肢がなかった。これが後世に神話化された出雲『国譲り』ではないか?。逆に15代応神天皇や神巧皇后は保守回帰し、渡来系との関係を是正しようと『三韓征伐』したのかもしれない。それがゆえに、彼は富士王朝関係社・福地八幡宮に今も祀られている。

※因みに宮下文書には『国譲り』の記載はない。東国軍団(タケミカヅチとフツヌシの子孫・蘇我氏系統)が中国地方『禍津亘理彦』を撃破し、その被害者が出雲族となるわけだ。そもそもスサノオ由来の『出雲』という土地は阿祖北の山陰(飛騨か?信州か?)にあったとされる。本ブログでは便宜上区別するため、中国地方を『渡来系出雲』とか『中国地方出雲』と呼称する。

この国は建国以来、外国人と戦っていた。

なるほど、この国の上層部が必死に隠したがる黒歴史がみえてきた。この国はほぼ建国以来ずっと外国人と戦ってきたのだ。ニニギの時代から、幾度も外国人が襲いかかってきたのである。こんなものを歴史教科書に載せたら『外国人を悪くいうな』『日本は常に加害者でなくてはならない』という原則が崩れる。当時もこういった歴史の観点から、聖徳太子の十七条憲法第一条『和を以て貴しと為す』考えに至ったのかもしれない。島国の知恵ともいえるが…。


※因みに欠史八代(2~9代天皇)は儀典に従い富士山(高天原)で諱即位式をしている。一般的に歴史的証明が困難といわれる時代だが、富士王朝の影響力は残っていたようだ。むしろ富士王朝影響下にあったからこそ欠史にされたのかもしれない。その後、大和勢力に無視された富士王朝と旧ウガヤ王朝が怒りの決起。これが12代景行天皇の皇子・ヤマトタケルの『東夷征討』『熊襲討伐』である。
※因みに10代祟神天皇のタイミングでアマテラスは大和笠縫邑に観請させられている。近くには纏向遺跡があり卑弥呼と関係性が注目される。日本書紀では、神武天皇即位後、大和国鳥見山に『皇祖天神(みおやのあまつかみ)』を祀ったとある。これがおそらくアマテラスだろう。しかしすぐさま11代垂仁天皇の代、アマテラスを『伊瀬の山田』(伊勢市宇治山田?)の僻地に追いやった。もともと51代ウガヤフキアエズの陵墓があり、富士-ウガヤ王朝レイラインの側でもある。ゾンザイに扱われた訳でもなく、これが後の伊勢神宮につながる。
※因みにここで言うところの渡来人とは広義の意味だ。例えば卑弥呼は与那国島方面から来たとも思える。それが大陸系の出雲勢力と結びついたのか。

www.sekihotu.com
www.sekihotu.com
www.sekihotu.com