セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

<神社めぐり>伊豆山神社②、子恋の森を抜けて『黄泉の国』日金山を目指す。白山権現=岩殿観音=十一面観音のナゾ。

f:id:sekihotu:20190721215628j:plain

十国峠、富士山が雲に隠れていてがっかりした。しかし巨大な龍雲が…。


2019,8,18

<まとめ+追記>八幡神と比売大神イトウの正体わかった!宇佐神宮・伊豆山神社・天孫降臨・八王子権現のまとめ。 - セキホツ熊の謎を追え!

<神社めぐり>伊豆山神社①、封印された古代女神信仰イワナガヒメと伊豆山神社のナゾをおえ! - セキホツ熊の謎を追え!

※まだ読んでいない方は是非前記事を読んでいただきたい。 

白山神社と十一面観音。

f:id:sekihotu:20190817162321j:plain

f:id:sekihotu:20190817162244j:plain


ポイント⑧白山神社遥拝所

前記事の続き。本殿東側を資料館方面に回り込むと『白山神社遥拝所』がある。白山神社自体はここから20~30分登山した所にあるのだが、登山しない方の為の仮拝所である。

由緒書きと略地図は遥拝所にあり、白山神社周辺にはないので目を通しておくとよい。

由緒書き曰く御祭神『伊豆大神奇魂・菊理媛命』と書いてある。伊豆大神奇魂&菊理媛命なのか、伊豆大神奇魂=菊理媛命なのか不明瞭である。

遥拝所にて『失礼します』と声をかけ、右側手の脇の山道を登り始める。

一応整備された自然公園ではあるが、修験道に利用された道、其なりにキツい。最低限スニーカーと長袖を装備すべし。何度かスーツ革靴の人を見かけたが申し訳なさそうに苦笑いしていた(笑)。蚊や芋虫やトカゲも一杯いる。

伊豆山神社本殿から子恋の森公園までは二つ山道ルートあるがどちらも基本的に一本道。道標もあるので迷うことはない。近年の伊豆山神社は熱海観光景気がV字回復した影響なのか、それとも御祭神変更の効果なのか…8回程の参拝で設備面もかなり改善された。三年前私が来たときは道標はボロボロで、山道は崩れ『伊豆山が荒廃してくお』と涙した事もあった。…それがどうだろう社務所付近は玉砂利が敷かれ、空池には鯉が群れを成して泳いでいる。まあいろんな意味で感心させられているが、今回の熱海マネーがどこまで続くのやら。

f:id:sekihotu:20190817162215j:plain

 

ポイント⑨行場跡

f:id:sekihotu:20190817162232j:plain

白山神社手前に『行場跡』がある。最近までかなり気付きにくい処にあり、子供の頃の秘密基地(アジト)みたいな場所だったのだが…。今は道標が建てられて誰でも気づけるようになった。行場跡は修験道の僧侶が山籠りの際の拠点にしていたと思われ、大きな磐座の下にある。現在の祠は空なのか祀られているのかは不明だが、これも岩石崇拝のひとつであろう。

 

ポイント⑩白山神社

f:id:sekihotu:20190817162145j:plain f:id:sekihotu:20190817162118j:plain


f:id:sekihotu:20190817162201j:plain  f:id:sekihotu:20190817161156j:plain

そこから山道をいくと突如、鳥居が出てくる。別記事でも触れるがこの新しいプラスチック水道管製?鳥居は伊東市の『火牟須比神社』にも似たものがある。宮大工(配管工?)が同じなのだろうが…正直、素朴な木製に戻してほしい。眼前の巨大磐座に圧倒されるが、磐座の中腹に赤いお社を見つけることができる。これが摂社『白山神社』である。

白山神社の御祭神は『伊豆大神奇魂・菊理媛命』。

宮下文書によると御祭神は二通りの解釈ができる。

まず宮下文書にはキクリヒメは登場しない。キクリヒメ(菊里毘女尊)とは諱・阿田都毘女尊、実はコノハナサクヤのことなのだ。そして白山比女尊とはクニトコタチ一女・イザナミのことである。

ホツマツタヱにおいてキクリヒメはイザナギの姉で、女仙人のような存在である。おそらくは瀬織津姫や宗像三女のように、ホツマツタヱ成立前後に登場した女神なのではないかと。

そしてキクリヒメは天台宗などが瀬織津姫を封じるときによく利用した女神とも云われ、本地垂迹は『十一面観音菩薩』。ゆえにキクリヒメ=瀬織津姫=十一面観音菩薩と主張する人もいる。

具体例はアマテラス荒魂=ムカツ姫(≒瀬織津姫)を祀る廣田神社の境外末社『六甲山神社』。ここにはキクリヒメが祀られており、この瀬織津姫との関係が問われているのだ。六甲山は別名ムカツ峰ともいわれ、ホツマツタヱでもアマテラスが指定した瀬織津姫の埋葬地であり、近くにある『六甲比命神社』磐座に祀られる。

伊豆山は天台宗にも真言宗にも深く関与しており、伊豆山神社においても伊豆大神=瀬織津姫が祀られていたと私も妄想してしまったのだ(笑)。まあ役小角が関与していたり、瀬織津姫がココに祀られていても全く可笑しくはない状況なのだが…その形跡を確認することはできない。

~各地の伊豆神社御祭神~

・岩手県遠野市上郷町『伊豆神社』・御祭神『瀬織津姫

・長野県下伊那郡阿南町『伊豆神社』・御祭神『天津彦根火瓊瓊杵尊(ニニギ)』

・岐阜県岐阜市切通『伊豆神社』・御祭神『石長比売(イワナガヒメ)』

 

※因みに伊豆山三所権現の本地垂迹とは、法躰が千手観音、俗躰が阿弥陀如来、女躰は如意輪観音。正直私自身…仏教はよくわからない。無学を晒すのことになるので、これ以上語れない。

 

そうこうしているうちに私は『宮下文書』に出会ってしまうのだ。

宮下文書ではまず伊豆大神=瀬織津姫ではない、後述するが伊豆大神の正体はイワナガヒメだ。10代祟神~12代景行天皇の頃東国の歴史を隠蔽する為に瀬織津姫を利用して小細工されたのだろう。

もうひとつ疑問点がある。この白山神社の背後に押し迫った磐座があるのだが、その上に小祠があり『白山大権現』と書いてある。…ん?白山神社の上に白山権現祠がある?

f:id:sekihotu:20190817162052j:plain

どうやら、『神仏習合』の形跡らしい。

これ…単純に考えて、祠が『キクリヒメ』でお社に『伊豆大神』が祀られているとは考えられないだろうか。ここには由緒書が何故かなく、振り返って遥拝所の由緒書記述を思い出すしかない。確か伊豆大神奇魂とも菊理媛命とも取れる表記をしていたなあ(笑)。

伊豆山神社~本宮社の山中には私が確認しただけでも三つ祠がある。

・白山大権現

・行場跡

・山の神祠(別ルート・下写真)

f:id:sekihotu:20190817161918j:plain

この三つとも岩場・磐座にあるのだ。岩石崇拝にも色々あるだろう…私の中のではイワナガヒメなのだが…皆さんはどう思うか。伊豆山の修験道も磐座を大切にしていたことは確かだろう。いずれにしても何かの理由で、白山権現を後付けで祀っていると思われる。

※後述するが白山大権現=十一面観音は、どうやら岩戸山の『岩戸山観音』にも関係しているようなのだ。

日精・月精と子恋の森の謎

ポイント⑪結明神(むすぶみょうじん)本社

子恋の森とは。『古々比の杜』『古々井の杜』拾遺歌集や枕草子などに登場するホトトギスの名所で有名な杜、西国にも名が知られていた聖地だ。また伊豆山に逃げ込んできた源頼朝と北条政子とのロマンスの場ともいわれる(諸説あり)。二人は伊豆山の御神木の葉をお守りにしていたという。

前述したがここには日精・月精を祀る結明神本社がある。

前記事①にも書いたが、『走湯山縁起』によると『日金山の大杉』から日精・月精が初木姫により発見される。私は宮下文書において伊豆大神イワナガヒメが祀られた聖域『日金山』は十国峠周辺ではないかと見ている。子恋の森はあくまで日精月精の子孫『伊豆権現氏人之祖』の聖域ではないだろうか?。

また、この杜は『火牟須比命神社』や『小河泉水神社』等の式内社の鎮座地として名が挙がる。火牟須比命神社はつい最近まで伊豆山の御祭神ホムスビを考えれば十分ありうることだ。面白いのは小河泉水神社の御祭神『熊野夫須美』だ。前記事にも書いたが熊野神クマノミフスミは『ウサミ』と『クマノミクスヒコ(記紀ではクマノクスヒ)』の掛け合わせた存在と私は感じている。やはり伊豆山にも熊野信仰の形跡がみられるわけだ。

因みに宮下文書においてはイワナガヒメの子がウサミ、孫がクマノクスヒコである。

※式内社が『火牟須比神社』。静岡県伊東市鎌田に現存するのが『火牟須比神社』。ややこしいので注意。

※下地図は伊豆山神社・宇佐神宮レイライン。伊豆山神社も宇佐神宮も空海による宗教干渉を受けている。Googleマップ線引き機能で伊豆山『本宮社』と宇佐神宮奥宮『大元神社』を結ぶとドンピシャで奈良県橿原市『橿原神宮』である。現在の橿原市周辺には多少ズレるが『八幡神社(上飛騨町)』『八王子神社(忌部山)』『天岩戸神社』『国常立神社』『稚櫻神社』『聖徳太子上之宮跡地』がある。お試しあれ。

f:id:sekihotu:20190825223545p:plain

 

話が多少ズレるが、ここで秋田県大仙市『伊豆山神社』も紹介しておきたい。坂上田村麻呂が東征の折、東国平定を祈願した。歴代東征者は伊豆山神社で必勝祈願するわけだが、田村麻呂は熱海市『来宮神社』には痕跡を残しているものの『伊豆山神社』はスルー。…かと思いきや、秋田でしっかりと伊豆山祈願していたようだ。秋田伊豆山には『姫神公園』があり、やはりココにもヒメ信仰が存在しているようだ。

伊豆山(大仙市)の御祭神はコトシロヌシとナキサワメ他、ナキサワメはコトシロヌシの娘カモサワヒメを彷彿とさせる。オオヤマツミ妃であり、イワナガヒメとコノハナサクヤの母親である。一見、三嶋神親子を祀る神社と思いきや、雄物川を挟んで坂上田村麻呂が創建した『八幡神社(大仙市)』がある。伊豆山近くの神宮寺岳山頂にある奥宮『嶽六所神社』には興玉命と磐戸命が…。

やはり秋田県大仙市伊豆山も八幡信仰の気配がするわけだ。

 

ポイント⑫本宮社

f:id:sekihotu:20190817161957j:plain

子恋の森公園を抜けると周辺に住宅街というか別荘地が迫ってくる、伊豆山神社から約一時間、いよいよ本宮社である。

 

前記事どおり、伊豆山神社は遷座を繰り返している。

①日金山付近→②七尾原の牟須比峯付近(現本宮社)→③現在地

本宮社は豊臣秀吉の小田原攻めの際に僧兵も一山残らず消失。江戸時代後期に野火で焼失している。

そして伊豆大神の祭祀上、重要なポイントがこの『本宮社』ではないかと睨んでいる。本宮社を起点にして『大室山』と伊東市八幡野の『八幡宮来宮神社』までレイラインが引けるのだ。現在この本宮社の御祭神はアメノオシホミミ・タクハタチヂヒメ・ニニギ、親子神である。タマノオヤとイワナガヒメの姿はない。

本宮社から住宅街の方に100メートルほど歩くと大室山を一望できる絶景ポイントがある。参拝時は必ず寄る場所なのだが、まさかこれがレイラインとなっていたとは。

f:id:sekihotu:20190302223140j:plain

f:id:sekihotu:20190818001547p:plain

レイラインをずらした形跡がある。

…面白いのは、このレイラインは北上すると富士山高千穂峰レイラインと山梨県神奈川県境『大室山』付近でクロスする。北麓には山梨県南都留郡道志村『大室八幡神社』があるのだ。最終的にレイラインは『天香山命』を祀る新潟県西蒲原『彌彦神社』へ。『天香山命』は宮下文書比定で伊豆国三嶋神コトシロヌシ次男の『天香護山命』である。

別記事『レイラインの美学』にて後述させていただく。



 黄泉の国の境界線、誰もいない日金山奇縁

ポイント⑬岩戸山

f:id:sekihotu:20190817160004j:plain

f:id:sekihotu:20190817161858j:plain

イラストのような軽装で行くと、とんでもないことになるんだぜお嬢さん。

実際、わたしが岩戸山に登頂したのは去年2018年7月。今後も廃路区間が出てくる可能性があるので注意。

ここからは宮下文書に沿って、イワナガヒメを祀ったとされる日金山へ向かう。日金山の経由地の岩戸山には『岩戸山観音』がある。本宮社から岩戸山へのダイレクトな道も存在するようだが、土砂崩れなどで一部廃路もあると聞いた。正確な地図がないので、大回りでもアスファルトの確実な道を行く。Googleマップで熱海市泉『伊藤忠健康保険組合熱海伊豆山荘』を目指して欲しい。伊藤忠施設の南側舗装された道路を歩くと途中バリケードの箇所がある。googleストリートビューにも写っているが、車の進入は一切できない。自転車やセローのようなバイクなら容易く入れる。そのバリケードを越えて舗装された道を1キロくらい歩くと、岩戸山へ続くハイキングコースがある。ここからは山道へ変わる。

f:id:sekihotu:20190817160854j:plain

しばらく通行止めの舗装された道を行く。写真階段を上ると岩戸山への山道となる。


ぶっちゃけここのハイキングコースは風景も見えず単調。それでも時たま見える熱海の風景は美しかった。昔は人の往来もあったようだが、熱海の景気悪化で整備も滞り、ハイキングコースの通行止めも増えたとみる。やっとの思いで岩戸山山頂手前へ、この辺から岩戸山観音への分岐があるはずだが…道は(`Д´≡`Д´)??何処だ。一応ネットで下調べをしていたのだが実物を見て愕然とした、草陰に隠れたウォータースライダーかダストシュートのような断崖絶壁を下るようだ。『お戯れを姫様これは道ではありませんよハハハ』と…しばらく落下していくと僅か拓けた空間が。おっさん四つん這いになって地べたに転がる。

ココはいくらなんでも酷すぎる、こんなところ誰がお祈りにくるのだろうか?。まるで岩戸に封印されているみたいじゃないか?。お社は崖の岩肌をくり貫いて観音開きを設置した仕様で、扉は施錠されてないので誰でも簡単に開帳できる。扉を開けた瞬間は奥の方で小動物がパニくって蠢いている音がする。蛇かネズミかコウモリだろうか。ここで金色の15センチくらいの観音像にお祈りをする。『古の神と人々の思いが時代を越えてゆけますように』と。しかし苦労の割には詳細がわからなかった。地元の人々が太平洋戦争の戦火から守るために山中に疎開させた可能性もあるし、何かを封じ込めるために移動された可能性もある。そしてこれも岩石崇拝のひとつ。

地元の極めてプライベートなものをブログに書いて良いのだろうかと悩んだが、地元の人々がイワナガヒメを考えるきっかけになればとアップした。

 

帰り路『岩殿観音』の手書き由緒を見つけた。気になりスマホ地図を調べてみると静岡県熱海市泉、岩戸山北北東1,8キロの所に『大光山岩殿観音堂』がある。これは里院的な存在か?古来からあり関係がありそうだが、あまり情報がない。

岩殿観音でググると、『坂東三十三箇所』が出てくる。鎌倉時代中期に関東各地の有力寺院を推挙したものだ。そのうち曹洞宗海雲山岩殿寺『岩殿観音』(神奈川県逗子市)と真言宗智山派巌殿山正法寺『巌殿観音』(東松山市大字岩殿)が目についた。どちらも本尊は十一面観音菩薩である。正法寺『巌殿観音』は8世紀に沙門逸海が十一面観音像を刻み開山。鎌倉初期に源頼朝の命で復興されたという。

斯様な次第で、前記事にて私は『岩戸山観音』と『岩殿観音』を混同していた。岩戸山山頂付近にあるのが『岩戸山観音』。岩戸山北麓にあるのが『岩殿観音』である。

…これ以上はわからないが、調べてみると十一面観音というのは本地垂迹としては割とよくあるパターンのようだ。

f:id:sekihotu:20190307222448j:plain

f:id:sekihotu:20190307223201j:plain

f:id:sekihotu:20190817160832j:plain

どうやら岩戸山北麓の岩殿観音と関連がありそうだ。

このまま十国峠までハイキングコースを行くつもりだったのだが、体力的にも限界だしこのままのペースじゃ日が暮れてしまう。伊豆山に置いてきた愛車も心配だし、引き返してバイクで十国峠までいくことにした。

 

ポイント⑭日金山東光寺

f:id:sekihotu:20190817231500j:plain

f:id:sekihotu:20190817224138j:plain  f:id:sekihotu:20190817224151j:plain


入り口に由緒書がある。『走湯山縁起』によると応神天皇二年に相模国唐浜の海上に直径三尺の円鏡が出現。松葉仙人がまず高麗山?に祀り、伊豆山に移し祀ったという…。この走湯山縁起の伊豆開山の三仙人のくだりは神秘的、まあ伊豆山の歴史は改竄の繰り返しであることだけは理解できた。

もともとはここが伊豆山神社本宮社の元宮であった。本尊の延命地蔵菩薩像は源頼朝が建立したという。その後近隣のみならず関東からも参拝者が絶えなかったという。

岩戸山~東光寺~十国峠。休日の昼下がり蝉がジリジリ鳴っても人っこ一人いない、『隠り世』の赴き。まるで夢の中をさ迷って死者を尋ね歩くかのようだ、これはこれで神秘体験ができる。日本むかしばなし1213話『日金山奇縁』の舞台、死別して再会したい人に出会える場所。伊豆山神社につい2014年前後までイザナギとイザナミが祀られていた理由も解る気がした。ここは黄泉の国であり、あの世とこの世のジャンクションである。伊豆国周辺で亡くなった霊魂はみな日金山に集結するのだ。

 

宮下文書によるとかつてタマノオヤとイワナガヒメがこの地に棲んだ。子供ウサミは大原の『伊東の宮』に住む(静岡県伊東市大原・葛見神社か?)

『…天太眞祖命(玉祖命)は天之忍穂耳の第二の皇子である。伊豆国を賜わり、大山祇命の一女の岩長毘女を娶って、伊東熱海原の日金の宮に住んだ。岩長毘女命は病んでなくなった。伊豆山に葬った。後にこれを伊豆大神として祀った。これより伊豆山峠を日金峠という。御子の宇佐見命は、上の大原に住み留まった。この宮を伊東の宮という。』(宮下文書より)

イワナガヒメは病死する。淋しく残された夫タマノオヤと子ウサミが『日金山は死者が集う場所、或いは死んだ人間に出会える場所』という願望を残したのか?。それとも後世に消滅したイワナガヒメ信仰の残像なのだろうか?。

タマノオヤとウサミはイワナガヒメを埋葬し西征へと旅立つ。それが八幡神とみる。

家族が伊豆に住んでいるので解るのだが、伊豆国の人々は温和で拘りがない。山幸と海幸に隔絶された村社会である。どうせ流刑地の田舎国だし、外界から何を言われようが気にしないという気質なのだ。それゆえに三輪氏がカモサワヒメを隠蔽し伊豆独特の神道体系を作りあげて、その悪習が現代まで続いても無頓着なのだ。

しかしイワナガヒメ伝承だけはなぜか奇跡的に残された。もし仮に伊豆大神=イワナガヒメといっても誰も驚かない、それほどイワナガヒメは伊豆で大切にされてきた女神なのだ。まあイワナガヒメが八幡神の妃で比売大神イトウとして宇佐神宮に祀られていたと知ったらみんな驚かないわけはないが…。

 

 

東光寺の近くに十国峠がある。富士山の裏側以外、全方位見渡せる絶景ポイント。この地が聖域と見なされているのが一目瞭然である。太古の昔にもタマノオヤとイワナガヒメたちは見ていたのだろうか?。ハイキングの疲れが一気に吹き飛んだ。

ロープウェイの駅にも四~五組の客がいるだけ。夕方4時頃西日のなかロープウェイの機械音だけゴウンゴウンこだまし、待合室には誰もいない。客がいないのを喜ぶのは不謹慎かもしれないが。この絶景を独り占め、誰もいない黄泉の国もまた格別だった。

f:id:sekihotu:20190817231517j:plain


f:id:sekihotu:20190817224434j:plain

※ 写真はすべて自前、撮影時期はバラバラである。

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

地図はクラフトマップ使用。


www.craftmap.box-i.net