セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 見えてきた欠史八代の最大の理由③。

f:id:sekihotu:20190330232708p:plain

タケミナカタとタケミカヅチとフツヌシは蘇我系統の兄弟である。

2019,4,7

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎①。 - セキホツ熊の謎を追え!

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎②。 - セキホツ熊の謎を追え!

前記事①②の続き。

・『富士高千穂峰レイライン』上の神社が東征に関与している可能性をお話しした。

・タケミカヅチとフツヌシは藤原氏系統ではなく、蘇我氏系統であることをお話しした。

 

和邇氏・小野氏は蘇我氏系統と強い繋がりがあった。

宮下文書曰く。蘇我系統『春日神』の子孫が、武蔵国にとって重要な立場であったと思われる記述がある。

3代安寧天皇の時代(安寧13年=BC536年)、国賊の残党が『奥』の国々に乱入し国造が殺されたとある。この時に東国軍将として安房武正命、香取太良太命、鹿島武雄命、貫前政男命の四将を東征させたという。

武蔵一宮・小野神社(下写真↓)創建は、この騒動の直後の安寧18年(BC531年)。つまりこの東国制圧は武蔵国にもインパクトを与えた大事件であり、のちに瀬織津姫を祀る武蔵一宮『小野神社』創建に繋がった可能性あり。

f:id:sekihotu:20191214174427p:plain


f:id:sekihotu:20190330175738p:plain

なぜ小野氏由来の小野神社が、春日神と関係あるの?とツっ込まれそうだが…いやいや大いに関係がある。

宮下文書によると蘇我氏=祖家。蘇我系統は藤原系統とともに『中臣』と呼ばれ、常に政権中枢的家系であった。さらに欠史八代には、藤原氏系統とともに絶大な権力を誇っていた。

神武東征に貢献したウマシマジは…なんと実は蘇我氏系統。

小野神社創建時代の3代安寧天皇、皇后『渟名底仲媛命』父は蘇我氏系統『彦湯支命』でウマシマジ息子。5代孝昭天皇の后『世襲足媛命』はウマシマジの玄孫。その第一皇子が天足彦国押人命=和邇氏祖、つまり和邇氏は皇家、蘇我氏外祖父のスタート。和邇氏は小野氏祖。

小野神社創建時代には、和邇氏も小野氏も存在していないが、春日神タケミカヅチやフツヌシを祀るのはおかしくない。宮下文書的には、そもそも武蔵一宮・小野神社とは蘇我・春日臣の神社といっても過言ではない。

f:id:sekihotu:20190421104914p:plain



可美眞手命(ウマシマジ)=表春機男玉命(=表春桟男?)=中臣春建命=中臣蘇我春建命、これらすべて同一人物。奈良県天理市『石上神宮』の布都御魂剣は物部氏祖・宇摩志麻遅(ウマシマジ)が祀ったといわれる。前述どおり一般的にウマシマジは、ニギハヤヒ同様に物部氏祖と言われているが、蘇我氏系統だ。そして宮下文書にニギハヤヒは登場しない。

表春(ウワハル)はもしかして知々夫国造祖ウワハル命のことか?少なくともウマシマジの親族かと思われる。表春の『春』とは『春日』神と同じ由来かもしれない。すると武蔵国・小野神社に祀られている、弟神シタハルも同族の蘇我系統か?。今でも武蔵一宮・小野神社境内社に天足彦国押人命とタケミカヅチが祀られている。

ホツマツタヱにおいてサガムのオノと呼ばれる同系統の神社、神奈川県厚木市小野『小野神社』(下写真↓)にも境内社に『春日神』が祀られている。 愛甲氏本家が武蔵七党『横山氏』であり、小野氏子孫を自称している。

〇小野神社(神奈川県厚木市小野)

~御祭神~

・日本武尊

・下春命

~境内社~

春日神社

阿羅波婆枳神社ほか

f:id:sekihotu:20170827151856j:plain

宮下文書によると。神武東征時代、タケミカヅチやフツヌシ子孫らは、中国地方を拠点にしていた新羅勢力・禍津亘理彦命を日栄山(比叡山?)にて撃破した。それは、苦戦の続く神武軍を鼓舞する大活躍ぶりであった。

ホツマツタヱにおいて、藤原系統と蘇我氏系統への言及がほとんどないのも気になる。この12代景行天皇の代に、両臣家制度は廃止された可能性が高い。しかし両家の活躍は続き、吉備武彦(藤原系統)と大伴武日(蘇我系統)がヤマトタケル東征に同行している。

のちの『乙巳の変』(645年)にて、藤原(中臣)氏は蘇我氏を滅ぼした。当然のごとく片方を抹消すれば、今まで『対』であった両家祖神たちが説明できなくなる。そして藤原氏は、祖先が共闘した軍神二柱を排除出来なかったのだろう。栄光ある春日神二柱を、鎮魂の意味合いも含め藤原氏祖として迎い入れ、春日の地で祀り直した。その上で、蘇我を徹底排除した日本史(欠史八代)を作り直したのではないか?。

※因みに宮下文書では、蘇我氏系統も藤原氏系統もどちらも『中臣』。本ブログでは誤解を回避するため、なるべく『中臣』姓は使用しない。

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった。中臣・物部・藤原編。 - セキホツ熊の謎を追え!

<欠史八代の家系図>繰り返される近親婚、彼らは両臣という遺伝子防御システムであった②。中臣・蘇我・大伴編 - セキホツ熊の謎を追え!

複雑すぎて消された神・フツヌシ

前記事にて紹介した、東京都杉並区にある『井草八幡宮』を改めて紹介する。

創建時期は不詳だが平安末期には存在して、もともとの主祭神は春日神だったという。源頼朝が奥州藤原氏征伐の際、春日神を摂社に移して、源氏の氏神・八幡神を祀りなおした。

現在、その春日神は境内の摂社『三宮神社』として祀られている。なお隣の摂社『祓戸神社』は瀬織津姫と思われる。前述したが、この夏至レイライン上には、富士塚コノハナサクヤや瀬織津姫も多く祀られているのだ。

〇井草八幡宮(東京都杉並区善福寺)

~御祭神~

・八幡大神/応神天皇

~境内社~

三宮社(春日神

祓戸神社(祓戸神)

※Wikipediaや神社HPでは、八幡神と応神天皇が曖昧に表記されている。八幡神と応神天皇を別神と解釈しているような…。

f:id:sekihotu:20190331172204p:plain

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割、瀬織津姫死亡説と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!

<神社めぐり>大國魂神社①最強サクナダリ神社に、瀬織津姫が祀られている可能性。 - セキホツ熊の謎を追え!

武蔵国から忽然と消えた『真慈悲寺』の謎、覇者線『夏至レイライン』上の源氏祈願所。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

藤原・蘇我・和邇が春日神で繋がる…。
春日神は藤原氏系統ではなく蘇我氏系統。それを春日の和邇氏・小野氏が祀る形だ。言い換えると...『和邇氏と蘇我氏を追いやった藤原氏が、和邇氏の祀る蘇我氏の軍神を祀る』。ああ、もはや意味不明だな(苦笑)。

 藤原氏が蘇我氏を滅亡させ、1221年承久の乱でその藤原氏が衰退した。春日神を追いやった源頼朝も衰退した。もう武蔵国でフツヌシを祀る理由を知る者は…いないのではないか?。皮肉としか言いようがない。

f:id:sekihotu:20190331222040j:plain

井草八幡宮境内・三宮神社。春日神はいまは祓戸神社の隣に祀られている。

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

 ※フリー地図素材クラフトマップ使用

www.craftmap.box-i.net