セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

<神社めぐり>大國魂神社①最強サクナダリ神社に、瀬織津姫が祀られている可能性。

f:id:sekihotu:20191214121908p:plain

『貴いものを見ることは許されない』5月5日くらやみ祭りが、今始まる。


 2019,12,15

はたして、瀬織津姫は大國魂神社にいるのか?

ワッショイ!ワッショイ!

今回は『大国魂神社』。他地域の皆さんは『私の地域には関係ないマイナー神社』と思うかもしれない。しかしこの神社は、全国歴史総括といっても過言ではない。日本にとって三つの大きな役割を担ってきた。

 『東征鎮護』

『真名井×サクナダリの交差点』

『欠史鎮魂』
今回は大きくなりそうなので、記事を二部構成にする。内容は、今までの考察の総括にもなりそうだ。

・一部『瀬織津姫の可能性』『眞名井×サクナダリの交差点』

・二部『国魂神=欠史鎮魂神』

 その他、この神社については調べたいことが多い。未だ分からない謎の神『御霊大神』など、何かわかり次第順次、三部四部と記事に繋げたい。

f:id:sekihotu:20191214165904p:plain 

 〇大国魂神社・武蔵総社・武蔵国府(東京都府中市宮町)

~御祭神~

・大国魂大神(大国主と解釈されている)

・御霊大神

・武蔵総社『六所宮』国内諸神。

一宮・小野神社(東京都多摩市)

二宮・二宮神社(東京都あきる野市)

三宮・氷川神社(埼玉県さいたま市)

四宮・秩父神社(埼玉県秩父市)

五宮・金鑚神社(埼玉県児玉郡神川町)

六宮・杉山神社(神奈川県横浜市)

 

創建、景行天皇41年(111年)5月5日・神社本庁別表神社

総社というのはその地域にある、神社御祭神を一ヵ所に集約して祀る事。参拝を一ヵ所に集約した便利なシステム。武蔵総社・大國魂神社には国内上記の六宮が祀られている。

ホツマツタヱ成立前後に創建された神社。当初からのオリジナル名称『大国魂神社』、時代により『六所宮』とも云われていた。また当社関係社『瀧神社』までの緑地は陵墓であったとの説もある。徳川家康は多摩地区を直轄地にして、自らの屋敷を建てた。また分社に東京都狛江市『伊豆美神社』が存在する。

宮下文書においては、ウガヤ妃全51代は代々『多摩夜里毘女(タマヨリヒメ)』を襲名する。この多摩がレイライン高千穂峰~富士山を越え武蔵国の地名となっており、大國魂(オオクニタマ)神社にも影響したのではないかと推測。

5月5日例大祭『くらやみ祭』は、大国魂神社を体現している。夜中の大祭といわれるその理由は『貴いものを見る事は許されない』という。江戸幕府は本当に、街の明かりを消し、真夜中11~4時に神輿渡御をさせていた。境内には東照宮もあり、祀らねばならぬ一方、何かを必死に隠そうとしていた訳だ。何を祭るか、部外者は知る由もない。そもそもがそういう神社なのだ。

f:id:sekihotu:20191214174427p:plain

東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘、小野神社

大国魂神社を理解するには、小野神社を理解する必要があった。

 まずは大國魂神社『原型』である、小野神社を説明せねばなるまい。

〇小野神社・武蔵国一宮(東京都多摩市一宮)

~御祭神(由緒書より)~

・天乃下春命

瀬織津比咩ノ大神 

・伊弉冉尊

・大己貴大神

・素盞嗚尊

・瓊瓊杵尊

・彦火々出見尊

・倉稲魂命

武蔵一宮・小野神社社伝統では、3代安寧天皇御宇『小野神社』創建とある。

聖蹟桜ヶ丘・武蔵一宮小野神社の謎①ほのかに感じる桜の女神ホノコ様と春日族たち。 - セキホツ熊の謎を追え!

宮下文書曰く。陸奥国で国賊大軍が蜂起、軍将の安房武正命・香取太良太命・鹿島武雄命・貫前政男命が鎮圧した。おそらく小野神社はその東国鎮護に創建されたのではないかと。東国の乱を鎮静化し、富士山高千穂峰レイライン上に創建された背景には、『東国鎮護』の意味合いが強かったのではないかと推測する。

 

~新編武蔵風土記稿より(1804~1829)~

 社傳に景行帝の御宇大己貴尊、小川郷小野里に降臨ありしを、里人私に祠を立て祀れり、成務天皇の朝に及て、兄多毛比尊国造を賜て此地に来り、国府を開かれし時、大己貴尊に素盞嗚尊等の五神を配して、始て宮社を建て祭れり、これを六所宮と称せりと、

一説六神は大己貴尊・少彦名尊・事代主命・健御名方尊・武甕槌命・経津主尊なり、また近来大己貴尊・去来册尊・眼狭雄尊・布留太神・大宮賈命・亜肖気命を以六神に充るものあり、いまだ孰れが是なるをしらず、今姑く社傳に従ふ。

 

12代景行天皇の御宇。里人が私的に小川郷小野里に祀られていた。この『オオナムチ』を大國魂神社に分祀したと考える。当初、瀬織津姫は祀られていなかった可能性が高い。

f:id:sekihotu:20191012190054p:plain

 その後『東国鎮護』拠点は、夏至レイライン上に北上したのではないかと推測。12代景行天皇の子・日本武尊の時代には『大国魂神社』(府中市)。坂上田村麻呂の時代『武蔵野八幡宮』(武蔵野市)、源頼朝の時代『井草八幡宮』(杉並区)と北上したと見る。しかし富士朝ウガヤ朝史の封印とともに、夏至レイラインの意味を知る人が減少していった。だが6月『夏至の日』、大國魂神社『夏至祭』がある。夏至の神社としての機能が、今も確実に残っている。

f:id:sekihotu:20191214171208p:plain

偽書のススメ: 富士王朝とウガヤ王朝の関係、レイラインが繋ぐ歴史の真実。 - セキホツ熊の謎を追え!

 武蔵風土記稿曰く、小野神社信仰が、すぐ近くの大国魂神社に流れて規模縮小。総社の特性上、一ヵ所で複数の宮を参拝できるわけだ。小野神社に行くなら大國魂神社を選ぶだろう。一方で、大國魂神社にとっては母なる存在、頑なに氷川神社を一宮と認めない理由といえる。現代では、誰が見ても氷川神社の方が社格、知名度は上なのに…。

前記事にも書いたが、小野神社と氷川神社は、それぞれ日本全体にとって特殊な役割があると推測する。どちらが武蔵一宮かは、さほど重用ではない。

新編武蔵風土記稿の小川郷小野里の解釈がわからない。小川郷(あきる野市)と小野郷(多摩市)は、同じ多摩川流域でも結構離れている。小川郷武蔵二宮摂社『荒波々伎神社』にはアラハバキが祀られている。一説にはアラハバキ=オオナムチ荒魂ともいわれている。 

 

小野大神=文殊菩薩=瀬織津姫?。

 前記事にて、大国魂神社に小野大神が祀られていると何度も書いた。小野大神が『誰』なのかは公表されおらず。小野大神=天下春命というご意見もある。

春日蘇我氏族が武蔵国で大繁栄、藤原氏への復讐を果す。ウワハルとシタハルの正体。 - セキホツ熊の謎を追え!

藤原氏が蘇我氏春日神を祀る逆転現象。 そして武蔵国からフツヌシが消え行く謎①。 - セキホツ熊の謎を追え!

江戸期には確実に、大國魂神社(六所宮)に瀬織津姫は祀られている。

 

~新編武蔵風土記稿・大國魂神社について~

当社祭る所六神素盞嗚命・大己貴尊・布留太神、共に一殿、是を中殿とす、瓊瓊杵尊・伊弉册尊・大宮女命共に一殿、是を西殿とす、外に瀬織津比咩・天下春命・稲倉魂太神共に一殿、是を東殿とす、三殿合せて一社とす。

 東殿の三神は樹扉に印記して、一乃宮小野客来三所瀬織津比咩天下春命稲倉魂神とあり、一乃宮は即ち多西の一之宮村祭神天下春命なりと云ふ…。

 

但し、何故か新編武蔵風土記稿の小野神社項には瀬織津姫の姿がない(笑)。これはどうなっているのか?。

 

~新編武蔵風土記稿・一宮小野神社について~

祭神は当国の国造惠多毛比命の祖、天下春命なり、配祀五座伊弉册尊・大己貴尊・素盞嗚尊・瓊瓊杵尊・彦火々出見尊なり(中略)本地堂。文殊菩薩の獅子にまたがりたる長六寸許なる木像を安置す、この本地佛あるにても昔別当寺も有し事明らけし。末社小社二宇。本地堂の並にあり。

 

現在の御祭神ラインナップから、『瀬織津姫』だけが綺麗に消去されている?。しかし文末に『文殊菩薩』とかいてあるのだ。…どちら様?この文殊菩薩とおっしゃる方は???。

f:id:sekihotu:20190421141640j:plain 他文献を見てみよう。

・『武蔵総社誌』中巻(1866~1868年)大國魂神社項。

 御本地堂九尊御垂跡之事、 本尊釈迦牟尼仏者、本社大明神の御本地也、 地蔵菩薩者、御霊大明神の御本地也、 文殊師利菩薩者、一ノ宮大明神の御本地也、 薬師瑠璃光仏者、二ノ宮大明神の御本地也、 十一面観自在尊者、三ノ宮大明神の御本地也、 毘沙門天王者、四ノ宮大明神の御本地也、 弥勒尊仏者、五ノ宮大明神の御本地也、 大聖不動明王者、六ノ宮大明神の御本地也、 聖観世音菩薩者、七ノ宮大明神の御本地也とあり。

 ・『武蔵国総社六所宮縁起并社伝』』(1624寛永元年)大國魂神社項。

伊弉諾尊・素戔嗚尊・瓊瓊杵尊・布留大神・大宮売命也。 故に六所神社と号す。 後来本地仏九尊を安んず。 其の中者、釈迦牟尼仏・聖観世音菩薩・毘沙門天、 其の左者、弥勒仏・地蔵菩薩・不動明王、 其の右者、薬師瑠璃光仏・文殊師利菩薩・十一面観世音菩薩也。

・『神道集』巻第三・武蔵六所大明神事(1352~1361)大國魂神社項。

一の宮小野大明神・本地は文殊

二の宮小河大明神・本地は薬師如来。

三の宮は火河大明神・本地は観音。

四の宮は秩父大菩薩・本地は毘沙門天王。

五の宮は金鑽大明神・本地は弥勒菩薩。

六の宮は椙山大明神・本地は大聖不動明王。

 

 

Wikipediaによると文殊菩薩とは大乗仏教の菩薩の一尊。智慧を司る仏。上から推測するに天下春命とも大己貴命とも明らかに異なる存在。明治元年、神仏分離令でこの文珠菩薩は眞明寺(西300m)に御移する。

岩手県遠野周辺は瀬織津姫『伊豆権現』の神社が多い地域として知られる。遠野市倭文神社も慶長年間に文珠菩薩が祀られており、明治維新後の廃仏毀釈後現在はアマテラス・シタテルヒメ・瀬織津姫命が祀られている。

前ブログ『神津島伊豆山レイライン』で触れた、埼玉県秩父郡小鹿野町伊豆沢には諏訪神社隣に『文珠堂』がある。ここにも『伊豆沢』という地名が目に付く。

<レイラインの美学⑨>三峯神イザナギ・イザナミは岩長毘女代理人?。神津島伊豆山レイライン②Bライン。 - セキホツ熊の謎を追え!

一方、大国魂神社分社『伊豆美神社』も伊豆がつく。伊豆は文珠菩薩は深い関係にあるのだろうか?。

小野大神に限定して考えれば、文珠菩薩は瀬織津姫。神仏習合『文珠菩薩』で長い間カムフラージュされていたとみる。

さらに小野神社境内由緒書(上写真)をみればわかるが、瀬織津姫とオオナムチにだけ何故か『大神』が冠されているのだ。シタハル・イザナギ・ニニギ・ヒコホホデミ・スサノオには付けられてない。つまり中核はこの二柱『小野大神』とみる。

 

結論は…、小野大神=文殊菩薩=瀬織津姫。但し、大国魂神社も小野神社も瀬織津姫不在の時期はあったし、瀬織津姫を隠していた時期もあった。実質的に祀っていた時期は、中世以降かなり長期とみる。

 

夏至レイライン上、『小野神社』『大国魂神社』『人見稲荷神社』に瀬織津姫と天下春命が祀られている。そもそもが瀬織津姫をこのレイライン上に祀ることに、深い意味がありそうだ(後述)。

そして、この三社に関与しているのが小野氏とシタハルとその子孫エタモヒである。人見稲荷神社は『人見氏』由縁であり、やはり小野氏の子孫にあたる。神社では国造エタモヒを『国造兄武比』と表記しており、ヤマトタケル東征の随伴者『大友武日』を彷彿させる。この武蔵国内の瀬織津姫配置は、小野氏あるいは宮下文書版・蘇我大伴系統がデザインしたのではないかと。

※前記事にて御霊と鎌倉と富士朝の関係を研究してきたわけだが、『武蔵総社誌』によると 地蔵菩薩者、御霊大明神の御本地也。御霊大神=瀬織津姫ではない可能性が出てきた…。まあ謎の存在には変わりないのだが…。

 

 眞名井とサクナダリの交差することの意味(妄想)

前記事との重複部分が多いが。

・夏至は最大値の『サクナダリ』をもたらす。

・大國魂神社には『眞名井』レイラインが交差する。

サクナダリとは何か、…私に知る由もないが(笑)。冷静に妄想してみれば、誰にでもわかる単純明快なカラクリなのだ。サクナダリレイラインと眞名井レイラインの交差点、それが大國魂神社の正体なのだ。今回はそれが何を意味するのか、一生懸命、妄想で考えてみた。何度も言うが、あくまで妄想なのであしからず。

f:id:sekihotu:20191012190054p:plain

f:id:sekihotu:20191012190059p:plain
〇サクナダリを夏至レイラインに祀ることの意味。

サクナダリ伝承が生まれたのは景行年間前後か?。10代崇神~12代景行天皇が作成させたホツマツタヱであろう。私は偽書だと認定しているが、すべてが嘘とも思えない。なにより面白いし、当時の様子を知る数少ない文献。本書の特徴はアマテラスがアマテルという男神とされている。その中宮、誠実で賢い、瀬織津姫に夢中になるわけだ。サクナダリとは瀬織津姫を、宮中に向かい入れるために『勢いよく落ちる様』『階段を降りる様』とかの意味らしい…。転じて滝が勢いよく落ちる様を意味する。アマテルはよく滝に打たれて穢れを落とし、瞑想していた。これが飯縄権現の発祥ともいわれている。

ホツマツタヱを読んだ後世人々は、瀬織津姫を祀れば、アマテラスを呼び出せると考えていたのかもしれない。ではアマテラス(太陽)が最大値でる『夏至』のレイライン上、瀬織津姫を配祀するとどうなるのか?。アマテルの愛が最高潮に達し、夏至の太陽と富士山は最大値のご利益をもたらすとみる。

そして歴代東征者は、夏至レイライン神社を崇敬、あるいは創建した。

 

・3代安寧天皇タケミカヅチ子孫とフツヌシ子孫『小野神社』創建?

・12代景行天皇あるいはヤマトタケル『大国魂神社』創建?

・源義家『大國魂神社』

・坂上田村麻呂『武蔵野八幡宮』創建

・源頼朝『井草八幡宮』改築?

 

何故、歴代権力者は夏至レイラインや瀬織津姫を隠していたのか?。

簡単に言えば、他人に知られたくない、渡したくないからだ。…あくまで妄想だが、平将門『新皇』は現在の茨城県龍ヶ崎において、このレイライン東端上流・坂東を実効支配を目論んだのではないかと考える。西国勢力は嘸かしパニックったのかもしれない(笑)。

また藤原氏は、富士朝ウガヤ朝を隠蔽。このレイライン代替としてこの夏至レイラインを分割。日本の根幹レイラインを再定義した。

・富士朝レイライン『鹿島~富士山~高千穂峡』

・ウガヤ朝レイライン『鹿島~伊勢~高千穂峰

ある意味で、ウガヤ史と富士朝史を分断工作したわけだ。

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割、瀬織津姫死亡説と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

 

〇眞名井の泉の意味。

次に眞名井について説明する。この伝承が生まれたのも、景行年間前後か?。10代崇神~12代景行天皇が作成させたホツマツタヱだろうか。眞名井伝承は日本全国にあり、一概には言えないようだ。東京都青梅市惣岳山にも眞名井伝承があり、かつてはこれが多摩川の源流と考えられていた。

全国の眞名井伝承に共通していることは、清浄な水の最上級の敬称。水は生命の源であり、泉には人が集まり、農業漁業商業の中心となる。天皇の国家運営には欠かせない存在ということだ。また海外では『マナ』とは神の食事という意味もあり、不思議なことに多くの国で共通している。

宮下文書においては国常立尊が、田場国真井原の要所に天の社を建てた。国常立尊夫妻は桑田宮(京都府亀岡市・出雲大神宮周辺)で崩御、近くの田羽山(丹波国)に豊受大神が祀られた。つまり『真井原』が転じて『眞名井』と変化したのではないかと思われる。眞名井とは日本の祖神・国常立命=豊受大神信仰を指していると思われる。これこそが眞名井伝承根源である。そして出雲大神宮社伝によると、江戸時代まで『出雲』という名称は丹波国のことであった。近年まで出雲大社(島根県出雲市)は杵築大社と呼ばれていた。宮下文書的に言えば、『木』と『竹』で建設した罪人を裁く処という意味である。

 

大國魂神社には二宮神社『小河大明神』こと、クニトコタチが祀られている。クニトコタチ由来のレイラインが数本交差している。どれも記事で紹介済みなので下にリンクを貼っておく。

そして偶然なのか?。総社として瀬織津姫(一宮小野)・クニトコタチ(二宮)・アマテラス(五宮金)一か所に三柱が祀られていることになる。

〇日出日沈レイライン

(佃島住吉神社~大国魂神社~三宮玉諸神社~籠・眞名井神社~日御碕神社)

<レイラインの美学⑪>日本の東西を繋ぐ『日出日沈レイライン』。江戸幕府の理由、そもそも武蔵国は都になるための約束の地だった!?。 - セキホツ熊の謎を追え!

〇多摩川眞名井レイライン

(三峰神社~惣岳山・眞名井~大国魂関係社瀧神社~分社・伊豆美神社~穴守稲荷)

<レイラインの美学⑫>イネ!イネ!羽田空港呪いの鳥居と『多摩川真名井レイライン』の関係性。 - セキホツ熊の謎を追え!

 〇筑波箱根三嶋レイライン

(御岩神社~静神社~筑波山~大国魂関係社瀧神社~箱根元宮~三嶋大社)

<レイラインの美学⑤>国常立尊と事代主を辿るの関東のセンターライン。『三嶋箱根筑波レイライン』。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

f:id:sekihotu:20191214222533p:plain

 

 以上の点から、眞名井レイライン三本に、サクナダリレイライン一本をぶつけている図式がわかる。これは何を意味しているのか?。

簡単に言えば。眞名井の『聖水』を集めて、サクナダリさせようとしているわけだ(汗)。

 

眞名井の水を勢いよく降り落とす…?。残念ながら、これが何を意味しているかはわからない。しかし冷静に考えてみれば、結局これ…伊勢神宮と同じ事してないか?(笑)。要するに、アマテラスと豊受大神(クニトコタチ)、伊勢と出雲(丹波)のコンビネーションであり、かつて伊勢には瀬織津姫が祀られていた形跡がある。ホツマツタヱ衰退後に女神アマテラスと瀬織津姫は『荒魂』として同一視されていく…。

アマテラスと豊受大神の並祀『お伊勢さま』信仰の真意、それを誘い導く瀬織津姫こと向津媛の正体、見えてきたような気がする。

 

日月神示上つ巻・第5帖

ヒムカとは神を迎えることぞ。

ヒムカとはその使いぞ。

その神の使いだから九(こ)の道をはようひらいてくれよ、

早く伝えてくれよ、

ヒムカのお役は人の病を直して神の方へ向けさすお役ぞ、

この道をよく心得て間違いないように伝えてくれよ。

 

う~ん。サクナダリとは眞名井の恩恵を、最大限生かせということか?、 これが現在の武蔵国江戸~東京都の民衆の活力なのか?。やはり東京都の精神的中心は多摩なのだろう。

あとは皆さんの御想像にお任せするが…。

ブログ看板にあるように、あくまで妄想考察なので(笑)。

 

※次回は大国魂神社、裏方の主人。国魂神のナゾを追う↓。

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

※地図はクラフトマップ使用。

www.craftmap.box-i.net