セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

<神社めぐり>玉諸神社奥宮、明治初年に消えた2m水晶御神体の行方?、鉄道王の雨宮敬次郎飛躍の奇跡。

 

f:id:sekihotu:20191207170506j:plain

個人的に、山梨ではいつも雨降り。

2019,12,8

神武東征後に玉はどこへ消えたのか?。橿原神宮は三種神器に護られた八幡神クロスポイントだった???。 - セキホツ熊の謎を追え!

今回は、前記事で触れた『玉諸神社』(塩山竹森)と『船宮神社』をご紹介する。
のんびりハイキング気分で歩くのもいいかなぁと、山梨県JR塩山駅から玉諸神社そして船宮神社まで歩いてみた。これがあとあと仇となるわけだが、そもそも私が神社巡りをしていると高確率で雨になる。雨乞いしてると思われているのか…。

f:id:sekihotu:20191207170827p:plain

 

f:id:sekihotu:20191201154438p:plainf:id:sekihotu:20191207172120j:plain  f:id:sekihotu:20191207172639j:plain

タマノオヤと水晶の神社、ちょっと不思議な話。

〇玉諸神社(山梨県甲州市塩山竹森)

~御祭神~

・天羽明玉命、他に豊球玉屋命?(どちらも玉祖命同一説がある)

水晶玉信仰で、江戸時代まで「玉室明神」「玉宮明神」と称していた。

 

実は、去年くらいに玉諸神社前をバイクで通っているのだが…。ココから県道207号『座禅草のみち』を北に2キロいくと瀬織津姫『船宮神社』があり、その道中であった。この頃は未だ宮下文書とタマノオヤの存在を知らず、雨が降りそうなこともあり、後ろ髪引かれつつもスルーしてしまった。その後どういう訳だか、この神社がずっーーーーーーと気になっていた。

その後、宮下文書でタマノオヤという存在を知り、まさかあの神社の御祭神のことだったのか???と愕然とし、更に後悔を深めることに。

 

~タマノオヤ比定神~

 ・天明玉命

・天羽明玉命

・天豊玉命

・玉屋命

・天櫛明玉命

・羽明玉

・ 太真祖命

※宮下文書での呼び名は、タマオヤ 宮下文書やその他文献の神々は独特な言い回しが多く、ブログ内ではなるべく一般表記カタカナ神名に統一しているのでご了承を。

古事記においては、アマテラスの岩戸隠れの際に八尺瓊勾玉(八坂瓊五百箇御続玉)を作った神。天孫降臨のニニギに従った五伴緒神(アメノコヤネ、フトダマ、アメノウズメ、イシコリドメ、タマノオヤ)。

宮下文書においては天孫ニニギの実弟。タクハタチヂヒメが産んだ八王子(五男三女)の天孫一柱。コノハナサクヤの実姉イワナガヒメを妃とし、イシコリドメを伴い西征。阿祖山太神宮の守護司長に就任している(副司長にアメノコヤネとフトダマ)。

 

・アメノコヤネ=を司る右臣。藤原物部系統。

・フトダマ=を司る左臣。蘇我大伴系統。

・タマノオヤ=を司る?

 

宮下文書研究家・鈴木貞一氏曰く、タマノオヤの『太真(タマ)』とは『真実・誠実』という意味。玉依姫(諱・多摩夜里毘女)も同様、転じておそらく東京西部『多摩』という地名も同義とみる。

御祭神としては山口県防府市『玉祖神社』や、和歌山市にある『日前神宮・国懸神宮』が全国的に有名。私が参拝した神社は相模三宮『比々多神社』があり、この神社は出雲大神宮(京都)~津島~富士山のレイライン上にある。

玉造氏ないし、玉を造る集団が祖神として祀る傾向にあった。全国的にタマノオヤは様々な改名を続け、希少な御祭神となっていくが、個人的にはオリジナル八幡神と考えている。詳細は下リンクにて。

<まとめ+追記>八幡神と比売大神イトウの正体わかった!宇佐神宮・伊豆山神社・天孫降臨・八王子権現のまとめ。 - セキホツ熊の謎を追え!

  f:id:sekihotu:20191207172340j:plain  f:id:sekihotu:20191207172301j:plain

神社御前に玉宮小学校があり、かつての社名『玉宮明神』の『玉宮』が学校名になっている。まるで高台から、子供たちを見守っているかのような構図だが、実はこの小学校自体、かつては神社敷地であったらしい。小学校南端に一ノ鳥居と小さな祠があり。そう考えると、延喜式論社の甲府市国玉町『甲斐三宮・国諸神社』より巨大になり、昔はさぞかし大きな境内であったであろう。

しかしなんで聖域を分断しているのか…。


鳥居をくぐり階段を上っていくと、本殿は2つの摂社に挟まれていた。摂社はとくに公表されていないようだ。

まず向かって右側の摂社、おそらく普段は扉が閉ざされているのだろうが、私が行った時に片方だけ解放されていた。失礼しますとペコリ一礼して、覗かせて頂くと『正八幡大◯』と書いてある御札がり、おそらく正八幡大神=応神天皇とみる。べつに八幡摂社自体は珍しくもないのだが、やはり此処での八幡神は何か意味深なものを感じる。因みに滋賀県長浜市『石作神社・玉作神社』にもアメノホアカリ・タマノオヤ・八幡神が祀られている。

変わって本殿左側の摂社は固く閉ざされて不明…、一体どなたであろうか?。

f:id:sekihotu:20191207171954j:plain ~境内『由緒書き』より~

 創建不詳、清和源氏・新羅三郎義光(武田氏祖)が社殿を造営して、その後何度か作り替えられた。御神体は2m水晶で、竹森山(水晶山)今の奥宮付近?の地中から生えるよう突き出ていたそうだ。また古来から石英の採掘地として拓かれており、周辺には玉造りの集団が住んでいた。彼らの中にタマノオヤやイシコリドメの子孫がいた可能性がある。明治初年に水晶は、何者かにより盗難された。

この竹森山(水晶山)に、現在でも奥宮は残されているらしい。

 清和源氏の源頼義三兄弟、八幡太郎義家・賀茂次郎義綱・新羅三郎義光。

宮下文書によると賀茂次郎義綱の孫・義顕が富士朝宮下家に子孫を残している。鎌倉幕府を支援した三浦氏は賀茂次郎義綱の子孫であり、本来は富士朝とのパイプ役であったが北条氏と対立。そして八幡太郎義家の子孫・新田義貞の妹と富士朝は婚姻関係にある。

残念ながら、新羅三郎義光の動向は宮下文書に記載されていない。しかし源頼義三兄弟子孫は何かしらの形で、富士朝に関与していたとみられる。そして新羅三郎義光子孫・武田氏が台頭するわけだ。

 

そして、奥宮がある…。

スマホ版Googleマップで確認するとそんなに遠くないようだが、ただ道らしきものが確認できない…。玉諸神社を参拝してから急に曇天に変わった、傘も雨具もないし…。

どうするか迷ったのだが、このまま帰ったらまた絶対後悔するだろうなぁと…。

 フェンス越し、隠された奥宮

やはり道が判らない、竹森山は判るが登山口がわからない。正解にいうと、山を囲うように獣避けネットが張り巡らされていて入れない。私のスマホのGPS電波受信できず、現在位置マーカーが常に、私の2キロ~5キロ位南をUFOの如くフラフラ浮いている。うわー判断ミスだ、思い付きで来るべき場所ではない。(以降、自己責任で)。

獣避けネットには数ヶ所、フェンス扉が設置されているが、各所で自転車チェーン錠で施錠されている。そのため一つ一つ戸当たりして、入れるか確認せねばならない。そもそも奥宮は私有地、入ってはいけるのだろうか?。

ようやく施錠されていないフェンス扉を見つけた。一応『立ち入り禁止』と書かれていないのを確認。『開けたらその都度、閉めて下さい』とかいてある。獣避けが本来の目的なので、閉めればOKのようだ。私はあくまで参拝目的だし…しかし入るのも勇気がいる、に誤認され地元猟師さんに射殺されたらどうしよう。いや、だれかに施錠されたら、まるで罠に嵌められた熊だ。しかし開放はマナー違反、郷に入りては郷に従えというのか。

f:id:sekihotu:20191207171118j:plain

f:id:sekihotu:20191207171214j:plain


 此処からは方向感覚だけが頼り。のっけから熊とかイノシシとかが出迎え挨拶に来そうなので、恐る恐る入っていく。すぐに林道らしき道を見つけた。大人数が神輿を担いで入れそうな、緩やかな勾配…、ビンゴだった。そして林のなかに突如として石垣跡が見えてきた(上写真)、これって旧玉諸神社鎮座地なのだろうか?。フェンス扉から二~三百メートル東へ向かうと、玉諸神社奥宮だ。

f:id:sekihotu:20191201152021p:plain

f:id:sekihotu:20191207171551j:plain  f:id:sekihotu:20191207171743j:plain

f:id:sekihotu:20191208222523j:plain

 

え…、奥宮は思ったよりも新しい。拝殿は昭和39年9月再建、裏にある本殿は昭和62年3月改築。バックに企業のようなしっかりした氏子組織があるようだ。氏子代表者なのか?『雨宮さん』が石碑に彫られている(上写真)。しかし何故一般人を寄せ付けないこんな山中にこんな立派な社殿を置くのか?、隠れ宗教のような異様さすら感じる。竹森山(水晶山)の石英盗掘を避けているのか?、それともほかに隠さねばならなかった理由があるのだろうか?。

前記事でも述べたが、日前神宮~橿原神宮~玉諸奥宮はレイラインで繋がる。線上には甲府市内に愛宕山(甲斐奈山)がありイワナガヒメを相殿する。もともとは甲斐奈山に鎮座していたが、いまは甲斐奈山『元宮』(山梨県甲府市愛宕町)を残している。

ココから拝めば、イワナガヒメにも聞こえるかもしれないのだ(妄想爆発)。ともかく参拝をした。

 

『タマノオヤ様とイワナガヒメ様が、再び結ばれますように』

『古の神を頼った多くの人々の思いが、時を越えて行けますように』

『日本人が再び神様に出会えますように』

 

f:id:sekihotu:20191207171337j:plain
参拝を終えて、竹森山を下山した。甲府盆地全体がみるみる曇天に、風が強くなり今にも降りそうだ。な…なんか俺、悪いことをしたのだろうか…?。

さて、どうしよう。予定ではこのまま北2キロ先の瀬織津姫の『船宮神社』にいく予定だったのだが、だいぶ時間が押してしまった。やはり後悔したくないというか、ケチケチ根性というか、ここまで来たのだから行くことにした(笑)。

県道207号を北上すると、臨済宗・鹿羅山高森院というお寺に『雨宮家供養塔』(下写真)が見えた。雨宮さんというのは、先ほど奥宮改築碑に刻まれていた家系…、やはりこの地の有力者なんだな。

f:id:sekihotu:20191212234949j:plain

明治時代の甲州財閥、『天下の雨敬』『投機界の魔王』『鉄道王』の異名を持つ、雨宮敬次郎。

なぜJR中央本線は甲府盆地内、甲州街道を北に大きく逸れ、『塩山』へ迂回するのか。地元事業家、雨宮敬次郎の功績が大きいようだ。塩山駅周辺に煉瓦供給基地を作り、強引に甲武鉄道(のち国鉄)の線形を変更させ、急こう配の旧勝沼駅では線路をスイッチバックまでさせている執念だ。百姓出身にして、成人までに一財産築いたという…、そのほか全国多岐にわたり事業家投資家としても有名で、第一回藍綬褒章受章している。

そのほかWikipediaに逸話がシコタマ出ている。

当然、汚職とも無縁な世界ではなかったようで、戦後、財閥解体で規模が縮小、ロッキード事件や平成不況等で影響力は低下していく。しかし雨宮敬次郎と玉諸神社との関係が見えてこない、先祖がタマノオヤやイシコリドメ子孫の玉作集団だったのだろうか?。単に親族たちの、地元氏子活動なのだろうか?。

 

…ど素人が、思い付きでこんなこと書くのもアレなんですが。雨宮敬次郎は弘化3年(1846年)生まれ。百姓にして『成人までに一財産築いた』そうだ。一方で、玉諸神社奥宮の御神体水晶が明治初年(1868年)に盗まれた。因みに明治初年というのは敬次郎が、おおよそ成人の22歳の頃…。

この百姓出身の金持ちの紳士、何か知っているんじゃないのか?(棒)。


因みに…、瀬織津姫は真っ白い長身のお婆さんだと思っている、なんとなく…

塩山駅から片道北東6キロ、玉諸神社から2キロ、地図上近く見えてもよく考えたら全部坂じゃねえか…。実際、前回バイクでの景色と印象が結構違うものだ。神社への経路…消えかけた記憶では、メイン通り県道207号からギリギリ通れる細い脇道を右折する。しかしその右折ポイントがわからない、だんだんと現在位置に自信が持てなくなる。非常に分かりにくい小道なので、もしかしてもう通り過ぎてないかと…。つか、もうオッサンには道を探す気力もない。

googleマップの現在位置マーカーは常にあり得ない所を示しており、私の2キロ南から西と漂っている…。『ご主人様(゜Д゜≡゜Д゜)?何処ですかー』。仕方ないので航空写真モードに切り換え、景色を頼りに歩いた。…雨は降りそうで降らなかった。

明るいうちに街灯のある場所にはいなくてはならない、いやもう…いろいろな意味で限界かなと。瀬織津姫には悪いが参拝はまたの機会に、あきらめてJR塩山駅に戻ろうとスマホのマップ画面をみたとたん…。現在位置マーカーが、スーっと私のいるであろう地点に追い付いてきた(笑)。しかも立っている県道の位置が、船宮神社への脇道分岐点と気づいた。

このとき素直にこう思えてしまったのだ。『えっ、ももしかして、俺を待っているの?…』と。これ以上待たせるわけにはいかない…。

f:id:sekihotu:20191207171333j:plain

f:id:sekihotu:20191207172952j:plain  f:id:sekihotu:20191207172959j:plain

 〇船宮神社(山梨県甲州市塩山平沢)

~御祭神~

瀬織津姫命

 

この神社の情報は殆どない。瀬織津姫一柱を祀る神社、創建不詳江戸後期にはあったようだが、単純に『船の宮』古名が『船大明神』なので、八幡神を守っていた宇佐ワダツミ系統の神社だったのかなとも想像できる。長野県安曇野のようにワダツミの地には、何故か瀬織津姫が祀られている。

境内祠があるが、どれも廃れているのでお留守とみえる。拝殿が舞台を兼ねている、甲府盆地~相模湖ではよくあるタイプの神社。

 

前回来たときは、境内はもっと荒れていた記憶がある。小倉山ハイキングコースにもなっていて、ハイカーが残していったゴミが散乱していたのだ。拾って帰りたかったのだがバイクで積みきれず、ペットボトルだけを持ち帰った記憶があり。…全てを持ち帰れなかった事に多少後ろめたさを感じていた。今回はゴミ袋を用意してゴミ収集が目的の一つだったのだが、玉諸奥宮探索でその時間もなくなり、せめて参拝だけでもと思った次第である。

しかし今回まるでゴミがない、それどころか高級神霊特有のピリピリ張り詰めた雰囲気すら感じる。こんな神々しい神社だったっけ?と不思議におもいながら、周囲を散策。最後は神社の一番奥にある御神木にご挨拶、気付けば周囲は暗くなり、御神木にスマホのAutoフラッシュを焚いてしまった(汗)。周辺に街灯はない、そろそろ引き返さなければ、本当に真っ暗闇になる。

帰り、神社入り口でペコリとご挨拶。…とその時、ふと気づいた。…なんだか知らないが、なぜか入り口にこじんまりと少量のゴミが纏められていた。

…!?。いつの間に?え?これ?俺に?…持っていけってことスか?。

 

一体誰がゴミを纏めたのか?、ゴミを整然と纏めた人がいる。幼少の頃に母親が、洗濯物を畳んでくれて、纏めたような。空き缶、ペットボトル、吸殻、ビニール袋は、綺麗に折り畳まれていた。そもそも少量のゴミにこんな手間かける人物なら、自力で持って帰るくらいはするだろう…。釈然としないながらも、明らかに汚れたビニールゴミだし、山中放置したらまた後悔するし。これも偶然のタイミングなのかなあと…、持参したゴミ袋に入れて、リュックに押し込み帰路につくことにした。

 

神威を借りて、ブログを正当化したいワケではない。

しかし神様というのは誠心誠意向き合えさえすれば、人格や思考はともかく、それなりに応援してくれるのかな…と思っている。それでも人間を甘やかしたくないから、ギリギリのところまで見ているのだろう。そしてたまに『見てるぞ、しっかりやれ』のサインを出してくる…。

こうして…考えすぎで顔面蒼白の汚いオッサンが、汗だくになりながら、フラフラ里に下りてきたという。

 

あれ?これってもしかして雨宮さん?。

f:id:sekihotu:20191207171012p:plain


塩山に鉄道を誘致した『鉄道王』、雨宮敬次郎の正体 。

駅への帰路、なんと氏子『雨宮さん』の正体が判明した!。甲州市で砕石事業を営んでらっしゃるようだ。なるほど、やはり『石』の神様として玉諸神社タマノオヤを信仰しているのか。

そして自宅に帰り地図を確認すると、これがなんと船宮神社・玉諸神社・甲斐一宮神社のレイライン上に、この石材会社が存在していることが判明した。

部外者の私には、玉諸神社と雨宮さんの間に何があったのかはわからない、しかしタマノオヤへの信仰心は絶やさなかったようだ。そういえばタマノオヤは『真相・誠意』の神様、これが雨宮さんの誠心誠意なのかと…、ともかく御守護はしっかり受けている家系なんだなと感心した(笑)。

f:id:sekihotu:20191207170827p:plain

結局、JR塩山駅まで雨も日没もなんとか間に合った。駅についたのは18時ころ。一瞬ポツポツきたが、不思議とそれ以上は降らなかった。…雨の宮…雨宮か。

もし仮に…。誰かが御〇体…を売ってあの中央本線を作ったなら….。それが地元民にとっていい事か、悪い事か?、地元民は沈黙してしまうであろう。信仰をなくし、利便性を追求する子孫たちの姿に、古代神は泣いてしまうであろう。

 

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

 

 

※地図はクラフトマップ使用。

www.craftmap.box-i.net