セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

宮下文書における瀬織津姫の正体②瀬織津姫の比定候補

f:id:sekihotu:20190223145126p:plain

宮下文書において瀬織津姫は複数候補がある。

 

宮下文書における瀬織津姫の正体①瀬織津姫の意味とは? - セキホツ熊の謎を追え!


 2019,3,10

化身・瀬織津姫を比定

前記事の続き。瀬織津姫とは富士王朝女神の誰かと考えてみる。 

では宮下文書から瀬織津姫に比定されそうな女神をピックアップしてみよう。複数候補があり、どれも大物揃い。あるいは富士王朝女神集合体というべきか…。

 

 

【瀬織津姫に封印された女神の候補】
・白清龍比女(国狭槌尊妃・国狭比女)…日本の女神の最上級ぽいお方。青龍権現か?
・白瀧比女(トヨクムヌ妃)…アメノオシホミミの実祖母。ニニギの曾祖母。その他多くのメジャー神を産んだ。白瀧権現か?
・月桜田比女(ツクヨミ妃)…オオヤマツミ系や天神系賀茂氏から見た瀬織津姫?。
・加茂沢比女…オオヤマツミ妃、コノハナサクヤ母、天神系賀茂氏からみた瀬織津姫?。諡・別雷命はニニギ化身として封印される。おそらくナキサワメの正体。

一般的には『玉櫛姫』『三嶋溝杙姫』比定と思われる。

・白糸比女(蛭子妃)…ワダツミ系から見た瀬織津姫?ワダツミ系にもツクヨミの血が流れている。海守男命妃の月結毘女も候補か(月桜田毘女娘、オオヤマツミ妹)。

 

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割と気づき、見えてきた瀬織津姫と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!

【一部機能、瀬織津姫にすり替えられた女神】

・タクハタチヂヒメ。ススカの姫。スサノオの娘でニニギの母。ホツマツタエでは鈴鹿峠に埋葬される。鈴鹿信仰、鈴鹿御前の正体の可能性あり。山梨県中央市・鈴鹿神社には瀬織津姫が祀られる。日本の元祖『織姫』。
・イワナガヒメ…ニニギ弟・タマノオヤの妃、コノハナサクヤの実姉。本来の伊豆大神。一方では瀬織津姫と対峙するヤマタノオロチの転生。一方では瀬織津姫ら祓戸四柱のハヤサスラヒメ?。長寿の神。

・コノハナサクヤ…ニニギ妃、瀬織津姫と交代させられた女神。しかし瀬織津姫と重複部分がある。ホツマツタエではコノハナサクヤ諱は葦津毘女命(アシツ)。宮下文書では月桜田比女の諱。但し、北東本宮小室浅間神社の由緒書にはコノハナサクヤの諱と書いてある。どちらが正しいのかわからない。

 

f:id:sekihotu:20190309151008j:plain

北東本宮小室浅間神社・由緒書。

歴代天皇たちは祟りを恐れていた。つまり各神社ともに瀬織津姫を冠された富士王朝女神をしっかり祀っているはずだ。瀬織津姫は単なる偶像ではないと思われる。タクハタチヂヒメやイワナガヒメは現在でも『名』を残しているので限定的なすり替えだろう。この二柱は現在でも主祭神の神社が多数残っている。


※因みに、伊勢・御船神社(御蔭川神)と牟弥乃神社(寒川彦)の親子関係も説明できる。御船神・御蔭川神の子供が寒川彦(オオヤマツミ)。なので御蔭川神=瀬織津姫ではない。月桜田比女が正解であろう。
※全国の瀬織津姫神社・御祭神の大半はこの『月桜田毘女』に比定されるのではないか?。表に出せないツクヨミの身代わり、富士王朝の窓口、象徴なのではないかと…。

f:id:sekihotu:20190310130211j:plain

長野県伊那市・桜井天伯神社の七夕と織姫のイメージ。川を渡る『さんよりこより』。

f:id:sekihotu:20190316172051j:plain

愛知県北設楽郡東栄『月』という集落にある『槻(つき)神社』。瀬織津姫の月のイメージには月桜田毘女の面影が。

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com