セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

宮下文書における瀬織津姫の正体①瀬織津姫の意味とは?

 

f:id:sekihotu:20190309140424j:plain

東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘・小野神社。富士・ウガヤ王朝レイライン上に瀬織津姫と景行天皇(摂社)祀る。

 

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割と気づき、見えてきた瀬織津姫と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!

2019、3、10

宮下文書における瀬織津姫の正体とは?

これまでの記事で何度か瀬織津姫に触れたが、良い機会なのでまとめてみようと思う。

宮下文書家系図でまず探したのが瀬織津姫であったが出てこない。そこで一つの素朴な疑問が生まれた。

 

瀬織津姫って結局、誰なのか?。

 


別名『アマテラス荒魂』『撞賢木厳御魂天疎向津姫命』単に『向津姫』とも言われる。
水神とも祓神とも呼ばれる。機織りの神、姥神、白蛇、白龍、青龍、鈴鹿御前、飯綱権現、伊豆大神、マフツノ鏡、不動明王、弁財天、十一面観音、千手観音、かぐや姫…。ニギハヤヒの嫁。商標登録された女神。影の支配者。闇の帝王。ネット界隈では噂で溢れかえっている。それにしてもいくら何でも特色がありすぎると思うのだが…。 

瀬織津姫は『大祓詞』では有名だが、物語として登場するのはホツマツタエのみである。そこで、私はホツマツタエと10代崇神天皇~12代景行天皇が生み出したフィクションの女神と判断してみた。

 

平安時代中期、藤原時平らが制定した『延喜式』等に弾圧された女神なのだが…。しかし妙な事に瀬織津姫に封印された女神も存在してるのだ。なんだこの逆転現象は?。

それが鈴鹿御前(タクハタチヂヒメ)や伊豆大神(イワナガヒメ)だ。そして三嶋大社周辺にはカモサワヒメの身代わりのように瀬織津姫の関係社がある。賀茂別雷神社には瀬織津姫の末社が二つある。これらの『瀬織津姫』は果たして同神といえるのだろうか?。

悩みに悩んだ挙句たどり着いた答えは。富士王朝の仮の女神、コノハナサクヤが台頭するまでの富士王朝の象徴だ。

前述のように富士王朝は段階的に影響力を無くして行く。その過程でまずイワナガヒメやカモサワヒメの名前と存在が邪魔になった。そのうちアマテラスを含めた富士王朝の邪魔な女神を一括して呼称する代名詞が必要になった。そんな過程で作られた女神(仮)なのではないか?。

 

www.sekihotu.com

瀬織津姫の矛盾をなくす考え方

 

~例えば伊豆山神社『伊豆大神』で考えてみよう(仮説)~

 

①もともとは伊豆大神=イワナガヒメ(富士王朝伊豆勢力)であった。

②祟神~景行天皇時代、富士王朝の影響力が落ちた。富士王朝女神が目障りだ。しかし祟りが怖い。ある程度の配慮が必要だ。

③とりあえずイワナガヒメに瀬織津姫(向津姫)という仮名を着けて様子をみた。

④平安時代・延暦噴火、さらに富士王朝の影響力低下。

⑤もはや躊躇なく消去されるところ、坂上田村麿が東北地方に逃避させる。

⑥逃避先の岩手県・遠野などに伊豆大神=瀬織津姫という伝承が残る。

⑦伊豆山の伊豆大神奇魂はキクリヒメに交代させられる。

 

伊豆山神社や宇佐神宮のような重要拠点は、高確率で祭神変更されたであろう。

では逆に、現在も瀬織津姫を残す神社はどうなのだろうか?。富士王朝と親しい氏族地域か?。祟りが半端ない神社か?。歴代天皇でも重要過ぎて消せない『役割』を持つ神社とみるべきだろう。神々にも様々な役割があり、瀬織津姫にしかできない役割があると考えるのが順当か。

一番に言えることは、瀬織津姫とはこれら富士王朝女神の代弁者あるいは窓口にみえる。もしかしたら神社によって違う『瀬織津姫』御正体が祀られているのかもしれない。多角的に考えれば、瀬織津姫の特徴が多種多様なのも頷ける。いずれにしても夏至レイライン上では役割を持った重要な神なのは理解できる。まさか空っぽの偶像ということはないだろう…。

次回は宮下文書において瀬織津姫に比定されそうな女神を探してみる。

f:id:sekihotu:20190519132616p:plain

 




 

②に続く。

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com