セキホツ熊の謎を追え!

古史古伝を片手に神社めぐり。古代人の残した偽書に基づく妄想考察。

宮下文書における瀬織津姫の正体①瀬織津姫の意味とは?

 

f:id:sekihotu:20190309140424j:plain

東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘・小野神社。富士・ウガヤ王朝レイライン上に瀬織津姫と景行天皇(摂社)祀る。

2019、3、10

宮下文書における瀬織津姫の正体とは?

これまで何度か瀬織津姫に触れたが、良い機会なのでまとめてみようと思う。

宮下文書家系図でまず探したのが、瀬織津姫だったのだが…、しかし何処にも見当たらないのである。そこで一つの素朴な疑問が生まれた。

 

瀬織津姫って結局、誰なのか?。

 

 瀬織津姫は『大祓詞』では有名だが、物語として登場するのはホツマツタヱのみである。ホツマツタヱの特徴は、アマテラス=男神アマテルとして描かれている点。アマテル12妃の中宮であり、誠実で賢い女神。ホツマツタヱと10代崇神天皇~12代景行天皇が生み出した、神代以後の比較的新しい女神なのではないかと。

しかし信仰は大きく、かつては伊勢神宮にも祀られていた形跡があり。後、アマテラス荒魂として、『女神アマテラス』と同一視されていくことになる。

別名『アマテラス荒魂』『撞賢木厳御魂天疎向津姫命』単に『向津姫』とも言われる。
水神とも祓神とも呼ばれる。機織りの神、姥神、白蛇、白龍、青龍、鈴鹿御前、飯綱権現、伊豆大神、マフツノ鏡、不動明王、弁財天、十一面観音、千手観音、かぐや姫…。ニギハヤヒの嫁。商標登録された女神。影の支配者。闇の帝王。ネット界隈では噂で溢れかえっている。それにしても、いくら何でも特色がありすぎる…。 

 

平安時代中期927年、藤原時平らが制定した『延喜式』。結果として多くの瀬織津姫系神社が窮地に立たされることになる。武蔵一宮もこの頃より、小野神社説ではなく、氷川神社説が台頭していくのだ。…しかしおかしな事に、瀬織津姫に封印された女神も見え隠れしてるのだ。なんだこの逆転現象は?。

それが鈴鹿御前(タクハタチヂヒメ)や、伊豆大神(イワナガヒメ)だ。そして三嶋大社周辺には別雷命(カモサワヒメ)の身代わりのように瀬織津姫が祀られていることもある。それが静岡県三島市加茂付近にある『瀧川神社』である。また京都市北区の賀茂別雷神社には瀬織津姫の末社が二つある。これらの『瀬織津姫』は果たして同神といえるのだろうか?。

一見、タクハタチヂヒメもイワナガヒメも、瀬織津姫よりは名前を残せているように見えるだろう。しかし宮下文書と記紀を読み比べると、まず家系図が違う。それを牽強付会させるため、エピソード変更が随所なされているのだ。例えばタクハタチヂヒメは、記紀によりスサノオ娘であることを隠されている。

 

悩みに悩んだ挙句、たどり着いた答えは。瀬織津姫とは富士朝の仮の女神、コノハナサクヤが台頭するまでの富士朝の象徴だ。

前述のように富士朝は、段階的に影響力を無くして行く。その過程でまず、イワナガヒメやカモサワヒメの存在が邪魔になった。そのうちアマテラスを含めた、富士朝の邪魔な女神を一括して呼称する代名詞が必要になった。そんな過程で作られた女神(仮)なのではないか?。

 

瀬織津姫の矛盾をなくす考え方

 

~例えば伊豆山神社『伊豆大神』で考えてみよう(仮説)~

宮下文書によると、伊豆大神は八幡神の鍵となる女神イワナガヒメ。八幡神と伊豆大神の正体は、歴史と共に隠蔽されていく経緯がある。 詳細はリンクにて↓。

<まとめ+追記>八幡神と比売大神イトウの正体わかった!宇佐神宮・伊豆山神社・天孫降臨・八王子権現のまとめ。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

①もともとは伊豆大神=イワナガヒメ(富士朝伊豆勢力)であった。

②祟神~景行天皇時代、富士朝の影響力が落ちた。富士朝女神が目障りだ。しかし祟りが怖い。ある程度の配慮が必要だ。

③とりあえず、イワナガヒメに瀬織津姫(向津姫)という仮名を着けて、様子をみた。

④平安時代・延暦~貞観噴火、さらに富士朝の影響力低下。

⑤もはや躊躇なく消去されるところ、坂上田村麿が東北地方に逃避させる。

⑥逃避先の岩手県・遠野などに伊豆大神=瀬織津姫という伝承が残る。

⑦伊豆山の伊豆大神奇魂はキクリヒメに交代させられる。

 

このように伊豆山神社や宇佐神宮のような重要拠点は、高確率で祭神変更されたであろうが…。

瀬織津姫とはこれら富士朝女神アマテラスほかの名代、あるいは案内者にみえるのだ。もしかしたら神社によって違う『瀬織津姫』御正体が祀られているのかもしれない。そう考えれば、瀬織津姫の特徴が多種多様なのも頷ける。

では、現在も瀬織津姫を残す神社はどうなのだろうか?。歴代天皇でも重要過ぎて消せない『役割』を持つ神社とみるべきだろう。神界にも様々な役割があり、瀬織津姫にしかできない役割がある、と考えるのが順当か。

結論を言えば、富士朝の『誰か』の名代だけれども、誰でもできるポジションではない…。といったところか。やはり、う~ん…きびしいかな(汗)。

次回は宮下文書において瀬織津姫に比定されそうな女神を探してみる。

f:id:sekihotu:20190519132616p:plain

※後記。夏至レイライン上の瀬織津姫の役割が見えてきた。下リンクにて↓。 

<神社めぐり>大國魂神社①最強サクナダリ神社に、瀬織津姫が祀られている可能性。 - セキホツ熊の謎を追え!

<レイラインの美学③>日月神示ヒムカの役割と気づき、見えてきた瀬織津姫と天照大神と木花咲耶姫の本当の関係。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

②③に続く。

宮下文書における瀬織津姫の正体②瀬織津姫の比定候補 - セキホツ熊の謎を追え!

宮下文書における瀬織津姫の正体③瀬織津姫に類似する女神たち。 - セキホツ熊の謎を追え!

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com

www.sekihotu.com

 

www.sekihotu.com